格安SIMブログ:シムディア

最近、UQmobileの記事多め

【レビュー】LINE MUSICを使ってみた感想【日本人の楽曲多くていい感じ】

これまで、amazonプライムで音楽聴いていたんですが、ついに追加契約することになりそうです。それくらい、LINE MUSICはイイ感じ。

今回は、今まで使っていたamazonプライムとLINE MUSICの違いを、僕の感想も交えながら紹介していきたいと思います。それではいってみましょう。

LINE MUSICとAmazon Musicの比較

LINE MUSICが優れているのは、「日本人の音楽が多い」ところ。これに尽きますね。Amazon Musicは、海外の楽曲や、落ち着いた感じのプレイリストが充実している印象です。

Amazon Musicの場合は、日本の曲のカバーが多いイメージ。これが戦略なのか、アーティスト達との契約なのかはわかりません。これは、これで良いのですが、もっと日本人の曲聴きたいなーと思った時に、Amazon music物足りなさを感じることがあります。

 

個人的に一番おすすめなのは25~35歳くらいの人

色々とラインナップを見ていて思ったのは、アラサー世代に受ける曲が多いんじゃないかな、ということ(僕がまさにアラサーで凄くツボだったので)。

例えば、Superflyの「愛を込めて花束を」とか、HYの「366日」とか聴きたくなりませんか?サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」とか。懐かしい曲が意外とあります。

 

どんな時に使うのがいいか?

一番に思いつくのは、ドライブですね。特にみんなで旅行に行く時のパターン。こんな時あなたはどんな音楽を流しますか?

自分の車のナビに入っている音楽だけだと、人の好みが違う可能性がありますよね。そこで、LINE MUSICを使って、「これ懐かしいね!!」と言いながら音楽を選べば盛り上がるんじゃないでしょうか。

大人数の時でももちろんいいですし、2人の時ならより親密度が上がりそう。こういうツールがある今の子達、ほんとうらやましいわ〜。

 

YouTubeを音楽プレーヤーがわりに使っている人もおすすめ

僕もそうなんですけど、YouTubeって音楽プレーヤーにちょうどいいんですよね。いっぱい音楽あるし。作業用とかも好き。

でも、動画がある分、データの通信料はどうしても大きくなってしまうし、何よりバックグラウンド再生ができない、という欠点があります。

LINE MUISCは、音楽データだけなので容量も小さいし、バックグラウンドで再生してくれるので、大助かりです。

 

LINE MUSICの使いやすさ

使いやすさの観点では、正直まだまだです、目的の楽曲にたどり着くまでちょっと時間かかるし、アーティストのところのページが歌と、アルバムが混在していてわかりにくい。

ただ、このあたりの問題は、いずれ解消していくと思ってます(というか、Amazon Musicも同じくらい使いにくいので、あまり気にしていない)

 

おすすめの楽曲

秦 基博さん:ひまわりの約束

めっちゃ好きです、「ひまわりの約束」ドラえもんの映画主題歌でしたっけ?すでに何度も聴いています。

ひまわりの約束

ひまわりの約束

  • 秦 基博
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

西野カナさん:Dear Bride

2016年日本レコード大賞を受賞した「Dear Bride」。僕は、西野カナさんの楽曲がすごく好きです。特にこのDear Brideは、西野カナさんの歌の中でも個人的にかなりヒットした楽曲です。

YouTubeを音楽プレーヤーがわりにして聴いていたんですけど、LINE MUSICならバックグラウンド再生できるので、必要ないのでありがたいです。

Dear Bride

Dear Bride

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

日食なつこさん:水流のロック

これ、マジで聴いてほしい一曲。LINE MUSICで聴いて見て良かったら、PVも見てほしい、本当にかっこいい。あとヒーロー失踪とか、黒い天球儀もかなり好き。

水流のロック

水流のロック

  • 日食なつこ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

LINE MUSICの使い方

使い方は非常に簡単で、app storeもしくはgoogle playからアプリをインストールして、起動するだけ。LINEとの同期が求められるため、LINEをしていない人は使うことができません(たぶん、LINE MUSIC使おうと思っている人でそんな人いないと思いますが)。

下記が、同期画面です。

 

30日間はお試しOK

使ってみないとわかんないなー、という人も多いと思います。そんな人たちのために、30日間のお試しキャンペーンもやっています。

特別何かを入力する必要なく、ただ30日間無料で聞けるキャンペーンです。ここで試して見て、よければ購入する方向でよいのではないでしょうか。

 

LINE MUSICの料金は?

LINE MUSICの月額料金は960円/月。Amazon MusicはAmazonの他の機能もついて3900円/年(325円/月)ですから、ちょっと高く感じるかもしれません。

ちなみに学割があって、適用できれば600円/月で使えます。

 

LINEの着信音にすることも可能

他にはない魅力として、LINEの着信があった時、掛けてもらった側に聞こえる呼び出し音を好きな歌に変更することができます。

オンラインで聞ける音楽メディアの中でもLINEが運営しているからこそできる大きなメリットですよね。

 

まとめ

今回紹介したLINE MUSIC、日本人の楽曲の多さで言えばかなり多いのではないでしょうか。僕は音楽を聴きながらパソコンの作業することが多いので、日本人のいろんな音楽を選べるLINE MUSICはとても役に立ちます。

ちょっと高いなー、おまけの機能レベルで使いたいなーという人はamazonプライムでオンラインの音楽プレーヤーを試して見てからでも良いかもしれません。

 

アプリをストアで見てみる↓

LINE MUSIC (iOS) → 最大で《2ヶ月》無料キャンペーン中!LINE MUSIC

LINE MUSIC(android)→ 最大で《2ヶ月》無料キャンペーン中!LINE MUSIC