格安SIMブログ:シムディア

正しい格安SIM情報をあなたに

LINE PAY(ラインペイ)でLINEモバイルを支払うメリットと申し込み、設定方法まとめ

LINEモバイルのメリットの一つである、プリペイド型のカードである、LINE PAY(ラインペイ)で支払いができること。

今回は、このプリペイド型のカードLINE PAYでLIINEモバイルを支払うメリットについてまとめていきたいと思います。それでは、いってみましょう!

LINE PAYとは?

株式会社LINEが運営する、カードがこの”LINE PAY(ラインペイ)”です。カードといっても、後払い形式のクレジットカードではありません。プリペイド型のカードで、簡単に言ってしまえば、Suica(スイカ)、Pasmo(パスモ)、Icoca(イコカ)と同じ分類になります。

LINE PAYはタッチして支払うタイプではなく、クレジットカードのように窓口で出して、支払うタイプのカードになります。このカードはJCB(ジェイシービー)が運営しており、JCBマークのある店舗での支払いなら、どこでも可能です。

 

嵐の二宮くんがCMしているJCBは、日本だけでなく海外でも使えるカードで、とても便利なカード。もちろん、LINE PAYも海外で利用可能なカードになります。しかも、プリペイドなんで安心ですよね。

 

LINE PAYの最大のメリット:2%還元

LINE PAYは還元率2%(100円の支払いに対して2円分のポイント付与)のカードとなっており、プリペイドカードの還元率としては最強クラスです。プリペイドカードは、普通0.5%がほとんどだという事を考えると、そのメリットがわかってもらえるかと思います。

この2%の還元率で付与されたポイントは、LINE PAYでの支払いに当てることもできますし、LINEのスタンプを購入することも可能です。

 

LINEモバイルの支払いはLINE PAYが可能

前置きが長くなりましたが、一番伝えたいことはコレ。LINEモバイルの支払いには、このLINE PAYが使えます。このメリットは非常に大きい。

一般的に、格安SIMはクレジットカードで支払うことが前提で、一部の会社を除いて、銀行口座引き落としやプリペイドカードでの支払いに対応していません。つまり、クレジットカードを持っていない人は、格安SIMを契約しにくい状況なんです。

 

格安SIMは18歳から契約できる会社がほとんどなんですが、18歳に成り立ててクレジットカードを持っている人ほとんどいないのではないでしょうか。信用問題もありますし、18歳になって直ぐにクレジットカードを作ろうとしても難しいと思います。

そういった意味で、審査がなく、事前にチャージしておかないといけないプリペイドが型カード「LINE PAY」は非常に魅力的なカードです。

 

また、クレジットカードの有無だけでなく、LINEモバイルとLINE PAYを併用することで、合計3%のLINE ポイントが貯まっていくのも注目のポイント。3GBのコミュニケーションプランで支払いを行えば、月額1690円、3%のポイントで約50LINEポイント。より気軽にスタンプを手に入れられちゃいます。

 

どういう人にオススメ? ⇒ クレジットカードを持ちたくない人

LINE PAYをオススメしたい人、それはシンプルにクレジットカードを作りたくない人です(もちろん、作れない人も)。後払いが怖い人っていると思います。僕ももともとそうでしたし、妻もそうです。

でも、Suica等のプリペイドカードなら比較的安心ですよね。なぜなら、先払いなので、自分の支払い能力を超えることは絶対になりから。これこそ、LINE PAY、の魅力です。

 

プリペイドだと、忘れない? ⇒ オートチャージ有り

ちなみに、プリペイドだと支払いを忘れてしまいそう・・・という人はいると思います。特に、LINEモバイルと連携させた場合、月々の固定日支払いなんで忘れそうです。

 でも、LINE PAYは3000円を切ったら、追加で2000円入れておくなど追加入金を自動ですることが可能である。少なくともLINEモバイルの使用料金分だけ自動チャージしておけば、忘れることはなくなりますね。

 

LINE PAYの申込方法

ここからは、LINEモバイルで使うためのLINE PAYの申込みから、設定方法を紹介していきます。今回はiPhone SEで申し込みを行いました。

 

LINEからLINE PAYを登録する

まず、LINEの設定画面から、中央にあるLINE PAYをタップします。希望のカードデザインを選んで下さいと言われます。ブラウン、可愛いんで、下のやつにしました。

 

名前を漢字で入力します。

 

郵便番号+住所入力を行い、LINE PAYカードの送付先を設定します。まずは郵便番号。

 

次に住所を入力します。

 

最後にLINE PAYで支払う時に必要になるパスワード(PIN)を設定します。

 

さらにiPhoneの場合だけですが、Touch IDを使って、サービスを安心、便利に使うことができるようになります。僕は設定させてもらいました。

 

ここまで設定して、次の画面が出れば終了です。支払いのためのカードは後日(1~2週間後)に届くので、後は待っておくだけです。めっちゃ楽しみ。

 

まとめ

現時点で、LINEモバイルの支払い方法をLINE PAYにするための申込方法と、LINEモバイルでLINE PAYを使う方法をまとめました。LINEモバイルへの支払い設定方法は、あらためて、記事に追記か、別記事で紹介する予定です。

LINEモバイルは、SNSのデータ量がカウントされないプラン(コミュニケーションプラン)であるカウントフリーのシステムを持っているため、ぜひともSNSの使用量が多い若い人に使って欲しい格安SIM。

格安SIMならでは「クレジットカードでの支払い」があるために申し込みにくい中、LINEモバイルはプリペイド型のLINE PAYが使えることで、とても手に入れやすくなっていますよ。

 

プリペイド支払い可能なLINEモバイルの公式HPを見てみる⇒ LINEモバイル