格安SIMブログ:シムディア

正しい格安SIM情報をあなたに

LINEモバイル(ラインモバイル)を契約!カウントフリーの特徴と申込方法まとめ

またまた、新しい格安SIMを契約してしまいました。今回は、あの「LINE」を提供する格安SIM「LINEモバイル」。他の格安SIMと同様に、docomoから回線を借りて通信を行うタイプ(いわゆるMVNO)なんですけど、LINEならではの面白い取り組みがあります

今回は、そのLINEモバイルのプランの紹介と、実際に申し込みを行ったので、その内容について、手順をまとめてみました。それでは、ドーーーゾ!!

LINEモバイルの特徴

2つのカウントフリープラン

その名前の通りLINEが運営するこの格安SIMには、シンプルな2つのプランしかありません。一つは「LINEフリープラン」、もう一つは「コミュニケーションプラン」です。

LINEフリープランは、月々500円/月(データ通信のみ)で、1GBのデータ容量が付いた上で、LINEをいくら使っても通信量がかからないというサービスです。

ほとんど家にいて、Wi-Fiを使うのがほとんどで、スマホを使うのは子供とLINEがほとんど、という人はおすすめですよね。外に出た時(Wi-Fiが使えない時)も、LINEだけはどんどん送れますから。

実際に、僕の妻がそんな感じで、スマホはLINEが使えるから持っているようなもの。専業主婦(主夫)の人や、自宅にオフィスを構えていて、4G通信をほとんど使わない人はありのような気がします。

 

さらに、もう1つのコミュニケーションフリープランは主要SNS「Twitter、Facebook、instagram、LINE」のデータ通信量がカウントされないというプランです。僕は、こちらの方に申し込みました。

LINEよりもTwitterの使用が多くて(というかほとんど)、こちらを選択せざを得なかったという経緯があるんですけどね(笑)。

こちらの料金は、3GB月々1100円(データ通信のみ)。他の格安SIMに比べれば少しだけ高額ですが、カウントフリー分があるので、良しとしましょう。

ちなみに、LINEフリープランも、コミニケーションフリープランも音声通話プランが使えて、追加の料金がそれぞれ、700円(LINEフリー)、580円(コミュニケーションフリー)で使うことが可能です。音声通話付きのプランだと、他の格安SIMとほとんど同じ値段ですね。

 

追記:MUSIC+プラン

新しい3つ目のプランとして「MUSIC+プラン」という、カウントフリーのプランが出ています。これはLINE MUSICの音楽データ通信量がカウントされないという仕組みです。

2017年夏からは、LINE MUSICだけではなく、他のMUSICアプリもカウントフリーの対象になるようです(現時点では対象アプリは未公開となっています)。

 

LINEの年齢認証が可能

格安SIMを使っていると、よく問題とされるのが、LINEの年齢認証。認証ができないと、ID検索ができないんですよね。しかし、LINEモバイルの場合は、LINEが出していることもあり、この年齢認証が可能となっています。

LINEが提供しているだけあって、他の格安SIMにはできないことを上手くアピールしていますね。

 

LINEモバイルの申し込みの方法

今回は、amazonエントリーコードを使って、登録料をお得に申し込む方法で行いました。僕はPCから申し込みましたが、スマホ(モバイル)版もほぼ同じ申し込みの画面のようです。

 

まずは、LINEモバイルの公式ページにアクセスします。そこで、LINEモバイルを申し込むにあたって必要なものが出てきます。僕はデータSIMを申し込むので、本人確認書類、クレジットカード、メールアドレスのみになります。

 

まずは、申し込みページで「コードを使用して申し込み」を行います。amazonで登録料を節約できるエントリーコードが販売されているので、これを使って申し込みました。

 

ちなみにamazonで購入したエントリーコードは下記のような感じのもの。購入すると台紙だけが送られて来ます。

 

端末はZenfone3を使うつもりなので、「SIMカードのみ」を申し込みます。

 

先に書いたように、LINEモバイルには2つのプランしかありません。Twitterを使う事の多い僕は、コミニケーションフリープランを申し込みました。

 

SIMカードは「nanoSIM」を選択。SIMは自分の使うスマホのサイズに合わせて選びます。今回使おうとしているZenfone3の場合はnanoSIMか、microSIM。iPhoneの場合はnanoSIMです。

自己責任ですが、SIMのアダプターという物があるので、nanoSIMを申し込んでおけば、他のSIMには対応するので、とりあえずnanoSIMという考え方も有りです。

 

ここまで選ぶと支払いの目安が出てきます。3GBのコミニケーションプランで、1113円/月。今回の申し込みでは音声通話は付けていませんが、仮に付けても+580円/月ですからね。これだけ値段が違うと、なかなかキャリアに戻ろうという気は起きませんね。

 

次に住所、氏名、メールアドレスを入力して、規約の同意を求められます。LINEモバイルは、契約内容の確認を電子交付する方法と、書面交付する方法があるようですが、僕は契約書関係はアナログにしたい派なんで、書面交付にしました。

 

ここまでの申し込みが終われば、メールアドレス確認が行われます。一旦画面を閉じて、自分のメールアドレスの受信箱からアクセスできるようにします。

 

次に本人確認書類をアップロードして送ります。僕はスマホで自分の免許証を撮影してアップロードしました。

 

さらに、支払い方法を選択します。LINEモバイルも他のほとんどの格安SIM同様に、クレジットカードが中心です。ただ、LINE PAYというプリペイド型のカードで支払うことが可能なのが特徴。

LINE PAY(LINE PAYカード)については別記事でまとめたいと思いますが、還元率2%でとってもお得な支払方法ですので、注目しています。

 

最後に、自分のログインID、パスワードを設定して、申し込み完了です。 

 

申し込みの審査について

僕は、23:00〜24:00の間に申し込みを行ったのですが、次の日の昼過ぎには契約内容の審査でOK、SIMの送付は当日中に行われました。申し込んでから2日で届くんですね、ほんと、スピーディです。

 

まとめ

今回はLINEモバイルの特徴と、申し込み方法、そして審査について簡単にまとめてみました。他の一般的な格安SIMとほとんど申込方法は同じで、とっても簡単。手続き自体は10分かからずに終える事ができました。

到着したら、まずはZenfone3で検証するとともに、iPhone7plusで使ってみて、使い心地を検証してみたいと思います。

LINEの公式HPを見てみる ⇒ LINEモバイル