格安SIMブログ:シムディア

最近、UQmobileの記事多め

【2人で15万も節約!?】docomoからLINEモバイルへMNPで移行した方法まとめ

ラインモバイルは、現在運営されている格安SIMの中では抜群の性能です。docomoからだと端末をそのまま使えるので、MNPして乗り換えようと思っている人も多いと思います。

そこで、今回はdocomoからラインモバイルに乗り換える場合の、ポイントと注意点を実際の体験談を元にまとめてみました。それでは、いってみましょう!

docomo(ドコモ)ですること

残債と解約金の確認

格安SIMに乗り換える前にまず、「本体端末の残債と解約金」の確認をして下さい。この確認をしないと、一括で大量の請求が来て、焦ることになります。

特に解約金については、契約から最初の数ヶ月は高くなる期間があるので要注意です。残債と解約金は公式ショップか、電話で確認することができます。

おすすめは電話での確認です。下記にかけてどれくらいあるかを確認してみて下さい。

  • docomo端末:151(通話料無料)
  • 一般電話:0120-800-000(通話料無料)

 

どちらも、午前9時から午後8時まで対応してくれています。格安SIMに乗り換えるつもりでいるなら、「解約金が1万円程度なら解約する」などの基準を決めておき、後で説明するMNP番号も一緒に取得することをおすすめします。

本体代の残債について

docomoの場合は、解約した際、本体の端末代は今まで通り分割払いで支払うことになります(ただし、月々サポート割はなくなります)。

もし一括払いしたい場合は、docomoショップに行けば、残債をまとめて支払うことが可能になります。

 

docomoからMNP予約番号の取得

残債の確認と同時に、MNP番号を取得することができます。MNP番号を発行してもらうまでに、「なぜ解約するのか? プランを見直せば安くなりますよ」などを聞かれます(かなり引き留めにあいました・・・)。

基本的にあの手この手を言われましたが、「格安SIMに変更する予定です」と言えば、納得してくれました(というか値段的にキャリアは格安SIMには、基本的に勝てないので)。

ちなみに、実は私のスマホをMNPしたのではなく、両親のスマホをMNPしました。改めてブログで書くつもりですが、使っていないのにかなり高いプランを組んでいて驚き(docomoでは2人で15800円も払っており、LINEモバイルの3GBプランにして、月額12000円程安くなりました)。

結果的にLINEモバイルに変えれば、2人で年間15万円近く節約できる計算(解約料金は1万円近くかかりましたが、2ヶ月で元が取れる計算です)。絶対にLINEモバイルの方が得です。

公式HPで月額料金を見てみる → LINEモバイル

 

docomoポイントはdアカウントに移せる

docomoからラインモバイルに解約して何もしなければ、当然docomoポイントは無くなってしまいます。docomoポイントが貯まっている場合は、もったい無いので、使い切る方が良いですよね。

このdocomoポイントをうまく使う方法は2つあります。

  1. docomoのアクセサリーをポイントで購入する
  2. dアカウントにポイントを移行する

 

1番目は公式ショップやインターネットで購入できるアクセサリーなので、簡単ですが、2つ目のdアカウントは聞きなれないかもしれません。

このdアカウントとは、docomoが提供しているサービスで使われている共通IDです。例えば次のようなサービスがあります。

  • dTV
  • dストア
  • dヒッツ
  • などなど・・・

 

要するに「docomo以外の人がdocomoに関連するサービスを使おうと思った時に申し込むサービス」のことです。このdアカウントを作っておくことで、docomoのポイントを移しておくことができるんです。

実際にポイントは必要か?

実は今回LINEモバイルへ移行するにあたって、ポイントが800ポイントほど残っていました。でも、結局このポイントは使いませんでした。

理由は簡単で、800ポイントも使えるサービスがないし、それだけのために割く労力が大きすぎたからです。1万ポイント近くあれば別ですが・・・少なければ気にする必要はないかもしれません。

 

MNP番号が取得できたらすぐにLINEモバイル受付へ

ポイントの説明や、本体の分割払いについて前置きが長くなりましたが、ここまで来た人はほとんどの人がMNP番号を取得しているはず。

docomoのMNP番号が取得できたら、すぐにLINEモバイルに申し込んで下さい。その理由はMNPまでに2週間という期限があるから。

どのスマートフォンの会社でも、MNPをする場合、発行したMNP予約番号には2週間という期限があります。これを過ぎるとMNPができなくなるので、docomoから解約番号をとったらすぐに移行して下さいね。

 

Lineモバイルの申し込み

正直なところ、LINEモバイルへのMNPはdocomoのMNP予約番号を発行してもらった時点で、面倒なところの80%は終わっているといってもいいでしょう。それくらい後は簡単です。

 

受付のために準備するもの

LINEモバイルを申し込むために必要なものは下記の3つです。

  1. クレジットカード
  2. 身分証明書(カメラでOK)
  3. MNP予約番号

 

基本的に格安SIMカードはクレジットカードでの申し込みが中心です。また、電話番号を発行する際には、身分証明書の提出が必要です(ただしスマホのカメラで良いので楽チンです)。あとはdocomoで取得したMNP番号ですね。

ちなみに、LINEモバイルはクレジットカードではなく、プリペイドの「LINE PAY」カードでの支払いも可能な格安SIMです。プリペイドカードに関する詳細は下記の通りなので、参考にしてみて下さい。

【参考記事】LINE PAY(ラインペイ)でLINEモバイルを支払うメリットと申し込み、設定方法まとめ

 

申し込みはインターネットから

LINEモバイルの申し込みはインターネットから行います。公式HPの右上から、受付を行えますので、順番に必要事項を順番に入力して行って下さい。

 

順番に入力していくだけなので、申し込みは5~10分程度で終了します。クレジットカードをネットで初めて使う人もいると思いますが、LINEは大企業なので、安心して使えます。

注意点として、申し込み時に住所、氏名がちょっとでも間違えていると(身分証明書との漢字が違うなど)、LINEモバイルへMNPできません(犯罪を防ぐため)。

最終確認では、自分の入力内容に間違いがないかどうかを改めて確認するようにしてくださいね。

 

LINEモバイルからSIMが家に届くのでセッティング

申し込みが完了すると、およそ2、3日でSIMカードが家に届きます。SIMカードのセッティングは自分でやったことないからこそ難しい、と思われがちですが、実際はめちゃくちゃ簡単。

今回はiPhoneで切り替えを行ったので、iPhoneで説明します(後で、androidの説明も書いています)。

まず、iPhoneのサイドのSIMトレイを引き出します。そして、これまで入っていたdocomoのSIMカードを取り出し、LINEモバイルから送られてきたSIMカードに入れ替えます。

 

そして、LINEモバイルの公式ページからプロファイルをダウンロードインストールしておきます(この方法をAPN設定と言います)。

公式:APN設定方法(iOS・iPhone) - LINEモバイル

 

iPhoneの方はこれだけで設定が終了。簡単でしょ?

 

androidの場合でdocomoの端末をそのまま使う場合は、自分で入力しないといけないので、iPhoneよりもちょっと面倒ですが、それでも設定は、5分あれば終わります。

まずは設定画面から、モバイルデータ通信→APN設定を行います。ここでIDとパスワードを入力します。

  • 名前:LINEモバイル
  • APN:line.me
  • ユーザー名:line@line
  • パスワード:line
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • その他は設定を変えない

 

iPhoneと異なり、自分で入力する必要がありますが、入力するのは5箇所だけなので、とても簡単です。

 

上記は、docomoの端末をそのまま使う場合で説明しましたが、LINEの公式端末を購入した場合は、すでに設定が完了しているので、SIMカードを挿せば、すぐに使えるようになります。

 

docomo(ドコモ)からのMNP

これが最後のお仕事です。docomoからLINEモバイルへのMNPは、2つの方法があります。

  1. マイページからMNP手続きする方法
  2. 電話でMNP手続きする方法(0120-889-279 10:00〜19:00 年中無休)

 

個人的にオススメは、電話でMNP手続きです。マイページからのMNP手続きも特別難しくはないのですが、電話の方は待ち時間があるものの、「かけるだけで良い」ので、確実かつ、気楽にできます。

この時点ですでにSIMを差し替えているはずなので、電話が2台必要なため、電話でMNPする場合は、固定電話から(もしくは家族の携帯を借りて)電話するようにしましょう。

インターネットにしても、電話にしても、手続きを終えてから数時間後にLINEモバイルが開通します(開通すると、電波を自動的に掴むようになります)。この間だけ、データ通信は使えないので、時間に余裕を持って行いましょう(Wi-Fiは使えるので心配ありません)。

 

docomoからLINEモバイルへの乗り換えまとめ

文字にすると長いですが、実際にやるのは、

  1. docomoでMNP番号取得(15分)
  2. LINEモバイルを申し込み(10分)
  3. SIMカードを差し替え+MNP手続き(10分)

で終わります。全部合わせても1時間もかかりません。それだけで、ほとんどの人は一人につき、5万円近く安くなります。

うちの両親は、いらないオプションを組まれていたのもあって二人合わせて15万円ほど安くなる見込みです。

キャリアを理由なく、なんとなく使っている人こそ一度料金を見直してみましょう。多分すごく節約できると思いますよ。

公式HPを見てみる → LINEモバイル

 

当ブログで一番オススメしているLINEモバイルを徹底的に解説した記事がこちら。よければこちらも参考にどうぞ。

【関連記事】LINEモバイル(ラインモバイル)を4ヶ月使った感想・評判(メリット・デメリット・端末評価)

iPhoneで使ってみた感想はこちら。よければこちらも合わせてどうぞ。

【関連記事】LINEモバイル(ラインモバイル)をiPhone7 Plusで使ってみた感想・レビュー