格安SIMブログ:シムディア

正しい格安SIM情報をあなたに

【2017年5月:昼も速度が落ちない】LINEモバイル(ラインモバイル)の通信速度の評価・評判

格安SIMのLINEモバイル(ラインモバイル)で挙げられる評判として「スピードがダントツで速いこと」があります。

特に、他の格安SIMで起こりがちな昼間の速度低下も、LINEモバイルならなんのその。全く気にすることなく使えるため、格安SIMの中では一番おすすめです。

この記事では、「ほんとにどれくらいの速度が出てるの?」という読者のために、毎月速度測定を行なった結果を載せていきます。それでは、いってみましょう。

2017年5月のLINEモバイルのダウンロード速度

早速ですが、下記がLINEモバイルの通信速度になります。比較のために4月の速度測定結果と一緒に載せています。

まず全体を見てもらうと、ほとんどで30Mbpsを超えるダウンロード速度が出ていることがわかります。通常、Youtubeをはじめとする動画サイトを見るためには、5Mbpsほどあれば、十分なんですが、30Mbpsもあるので、止まることなく再生が可能です。

 

ちなみに、インターネットを見るだけであれば、2Mbpsも出ていれば十分です。

さらに注目していただきたいのは、12時台の速度。4月は3Mbpsくらいしか出ていないのですが、5月は12時台でもなんと30Mbpsを超える速度が出ています

これこそ、LINEモバイルの最大の特徴なんです。一般的に、格安SIMは、12時台の速度は1Mbpsも出ずに、インターネットの閲覧が厳しい状態になります。

これに対して、LINEモバイルの場合は、昼間であっても全く気にすることなく使用することが可能なんです。

docomoなどのキャリアと比べてどうなのか?

キャリアに比べると速度はそこまでていません(キャリアの場合は100Mbps近く出ることも)。しかし、30Mbpsと100Mbpsに差はあれど、実際のところ、体感的に違いを感じることはほとんどないでしょう。

 

PING値はどうか?

次にLINEモバイルのPING(ピン)値を示します。この値は、インターネットの反応速度を数値にしたもので、数値が低ければ低いほど、インターネット上での情報のやり取りの開始速度が上がります(快適に使えるようになります)。

LINEモバイルは、このPING値も非常に優秀で、50ミリ秒以下の値を数多く出してきます。他の格安SIMは50ミリ秒を超えることが多く、LINEモバイルは他の格安SIMと比較して反応速度良く、スマホをサクサクと使うことができます

 

アップロード速度は?

LINEなどで写真を上げる時に、重要となるアップロード速度。LINEモバイルはこの速度も十分な速さになっています。おそらくこのレベルで不満を感じることはないでしょう。

 

LINEモバイル(ラインモバイル)の通信速度まとめ

今回は、LINEモバイルのスピードテストを実施した結果を記事にしました。はっきり言って、サブブランドの格安SIM(Y!mobileとUQモバイル)を除けば、現時点で最速の格安SIMです。

サブブランド系格安SIMは、auやsoftbankの子会社が直接運営しているのでちょっと高くなっていることを考えると、やはりLINEモバイルの素晴らしさは、「月額料金に対するスピードの速さが魅力的」だということです。

実際に使っていて、本当に使いやすい格安SIMなので、ぜひとも使ってみて欲しいですね、LINEモバイル。

公式HPを見てみる → LINEモバイル