格安SIMブログ:シムディア

最近、UQmobileの記事多め

OCNモバイルOneとNTTグループカードの組み合わせって安くなるの?

あまり有名ではないのですが、NTTが提供しているクレジットカードで、中でもお得なことで知られる「NTTグループカード」というものが存在します。

このNTTグループカードは、通信料を節約できる事で有名なクレジットカード。今回は、このクレジットカードと格安SIM「OCNモバイルOne」を組み合わせる事で安くなるかどうかを、考察してました。

 NTTグループカードとは?

NTTグループカードは、冒頭にも書いた通り、NTTに関連するクレジットの料金支払いを節約する事ができるサービスです。

NTTグループカードの中では「おまとめキャッシュバック」と呼ばれる存在ですね。

<おまとめキャッシュバックコース | NTTグループカードより引用>

 

この仕組みは、とても面白くて、月額のクレジットカードの使用料金に応じて、通信関連で支払う料金を節約する事ができるという仕組み。

最大で60%の通信料を節約する事ができます(クレジットカードの使用量が月額60万を超える場合)。

<おまとめキャッシュバックコース | NTTグループカードより引用>

 

割引が適用される格安SIMは?

この割引が適用される格安SIMは「OcnモバイルOne」です。

基本的にNTTグループカードで割引が適用されるのは、「NTTコミュニケーションズ」から引き落としされるもののみ。格安SIMの場合も、NTTコミュニケーションズが運営しているOCNモバイルOneがその対象になります。

一方で、NTTグループカードのホームページを見ると、BiglobeやNiftyの名前がありますが、これはあくまでプロバイダ料金でNTTコミュニケーションズから合わせて引き落としされる時に対象となるだけであり、Biglobe SIMやNifMoは対象になりません。

 

実際にNTTグループカードを使って得なのか?

OCNモバイルOneだけなら微妙

これは微妙なところなんですが、OCNモバイルOneを使うだけだと全くお得にはなりません。

というのは、もともとOcnモバイルOneの値段が安すぎて(約2000円)、割引を適用されるよりも他のクレジットカードでポイントを貯めるほうがよっぽど有意義なんです。

 

ただし固定回線が入ってくると、ちょっと話が変わる

人によっては、家の固定回線もNTTコミュニケーションズの支払いになっている人がいると思います(いわゆるフレッツ光やフレッツADSLなど)。

これらの支払いに6000~7000円くらい支払っている人も多いのではないでしょうか。ここに加えて、ひかりテレビなどの契約をしていると万に近いお金を払っている人もいることでしょう。

この場合は、通信料の還元率が大きいNTTグループカードの強みが出てきます。

下記は、月額の支払い料金を1万円と2.5万円の場合で還元率をザクッと計算したものです(クレジットの支払い額は中央値で計算)。

通信料1万円
のCB(円)

還元率(%) 通信料2.5万円
のCB(円)
還元率(%)
0 0.000 0 0.000
150 0.500 375 1.250
300 0.600 750 1.500
450 0.643 1125 1.607
600 0.667 1500 1.667
800 0.533 2000 1.333
1800 0.720 4500 1.800
2800 0.800 7000 2.000
3800 0.844 9500 2.111
5000 0.909 12500 2.273
6000 1.000 15000 2.500

 

基本的にNTTグループカードは、通信量の割合が高まるほどお得なカード。

還元率を最大に受けられるのが15000円までなので、月額25,000円の通信料を支払い、月額のクレジットカードの支払いが60万円の場合は、還元率2.5%と、現存するクレジットカードの中でもダントツクラスに変貌するんです。

 

月額60万の支払いをする人はほとんどいない・・・

こんな場合ならお得になると書きましたが、たぶん、クレジットカードの支払いが60万円を超えるような人はそんなに気にしないと思います(多分ほとんどいないし・・・)。

それなら他の還元率1%を超えるクレジットカードを使うほうがお得でしょうね。

【参考】買い物で1%以上のポイントが貰えるおすすめクレジットカードをランキング形式で紹介します 

 

まとめ

今回は、OCNモバイルOneとNTTグループカードの組み合わせがお得なのかどうかについてまとめてみました。

実際のところ、この組み合わせはあんまり使えるサービスではないので、他のカードでポイントを貯めるようにしましょう。