格安SIMブログ:シムディア

最近、UQmobileの記事多め

Panasonicの格安SIM「Wonderlink」が3か月無料なので、申し込んでみました。

f:id:tonashiba:20160121061105j:plain

先日、パナソニックが提供する格安SIMサービスである、「wonderlink」がSIMを事務手数料無料、かつ3か月間の3GBのデータ通信無料というかなり太っ腹なキャンペーンを行っていました。mineoのキャンペーンに匹敵するレベルなんじゃないかなと、思っています。

 

案の定、やすやすと吊られた僕は、ワンダーリンクに即申し込み。今回の申し込みは、nanoSIM、microSIM、そして標準SIMのそれぞれに台数設定が設けられていたおり、僕が申し込んだタイミングでは残念ながら、nanoSIMは完売。そこで、microSIMにする事にしました。それでは、その感想行ってみましょう。

 

申し込みから到着、そして同封物について

ワンダーリンクの申し込みはClub Panasonicの会員登録を行ってからになります。この際、特に難しい事はなく、一般的なwebの登録と対して変わりませんでした。そして、SIMカードを申し込みました。

 

申し込んでから到着までは、およそ、4日くらい。年末だったんですけど、素早い対応だなぁ、という印象でしたね。家には、小さな小包で届きました。

 

f:id:tonashiba:20160120221311j:plain

 

開けてみるとこれが意外に入ってなくてビックリ。中に入っていたの3つで、利用方法が書いた紙、納品書と、厚紙のケースに入ったSIMのカードでした。

 

f:id:tonashiba:20160120221313j:plain

 

もっと詳しい説明書はSIMカードに入っているのかなぁと思って、開けてみたら、これはビックリ、SIMカードしか入ってないんですよ。これは凄いなぁ・・・、格安SIMを今まで使ってきた人はいいけど、新しく申し込む人にはちょっと不親切な気がします

 

ネットワーク設定(APN設定)へ

今回は、モバイルルーターのMR04LNで使用します。とはいえ、スマホと設定はほとんど変わりません。画面が違うだけです。APN設定で、通知されてきた用紙に記載されているユーザーIDや、パスワードなどを入力していき、通信設定を完了。

 

特につまづくことなく、通信設定を終える事ができました。なんだか、SIMの設定やりすぎて、手順覚えちゃった。

 

Wonderlinkの通信速度

使い始めてほとんど経っていないので、まだなんとも言えませんが、ネットを閲覧重視で使う分には特に困る事はなさそう。あとは、平日、休日の速度推移や動画配信が気になるところですかね。

 

ちょうど今、dTVを契約していて、ネットストリーミングでドラマやアニメを見ているので、Wonderlinkで使えるのかどうか検証してみたいと思ってます。

 

まとめ

Wonderlinkを初めて申し込みましたが、ちょっと不親切感が否めないパッケージだったのが残念なところ。しかしながら、格安SIM(MVNO)にとって重要なのは、実効速度と安さなので、そちらでの挽回を期待したいと思います。