格安SIMブログ:シムディア

正しい格安SIM情報をあなたに

【高級路線】格安をウリにしないSIMフリースマホが魅力的!?オススメ4選

最近、流行りの格安SIM。一緒に格安スマホ(正確には、格安SIMフリースマホ)というものが一緒に販売されるようになってきました。

僕の身の回りでもそういう人が増えましたし、電車の中でもよくみかけます。特に、最近は主婦の人に増えて来た気がしますね。

しかし、世の中には、あえて格安をウリにせず、高級路線で攻めるSIMフリースマホというものも存在するんです。

ONKYO GRANBEAT DP-CMX1

まずは、ONKYOから2017年2月末に発売されるスマートフォン。実はONKYO初となるスマートフォンです。実はすでに予約しました。発売日には、我が家に届くはずなので、めちゃくちゃ楽しみ。

これは、Digital Audio Player(DAP)にスマートフォンの機能をつけたもの。要するに、めちゃくちゃ音楽に特化したスマートフォン。その性能を示す一つのスペックが重さで、なんと234g。スマートフォンはだいたい150~160gくらいなんで、それよりも約80gくらい重いです。

その理由の一つは、中にオーティオ専用の基盤が入っているから。これにより、よりクリアに聞こえるように構成されているのです。

 

CPUやメモリは、ミドルレンジクラスのスマホですが音響性能が優れているため、価格は8万円台(消費税を入れると9万円クラス)なので、まさに高級スマホ。

問題は、ヘッドフォン。折角なら妥協せずに、良いのを買おうと思うと思ってるんですが、やっぱり高いんだよなー・・・。今の第一候補はOPPOのPM3です。

 

ASUS Zenfone3 Deluxe(ZS570KL)

こちらは、地球最強のスペックを持つスマートフォン。ASUSから販売されているZenfone3 Deluxe(ZS570KL)です。

現時点でスマートフォン向けとして、最高峰のプロセッサSnapDragon821とメモリ6GBを搭載、さらにカメラも2300万画素のソニーセンサーを搭載して、4軸光学手ぶれ補正と目につくところだけでも非常に高い性能を誇ります。

 

実は、この端末買おうと思ってたんですけど、予約が殺到して手に入れられなかったんですよね(今は手に入ります)。そうこうする間に、GRANBEATの発表があったので・・・(言い訳)。

スペック重視で、最強のスマートフォンが欲しいという人には、Zenfone3 Deluxe(ZS570KL)は間違いなくオススメ。

 

Zenfone3 Deluxeの余談

ASUSのシリーズは、日本だけでなく海外でも多く販売されているスマートフォンのため、日本にも輸入品として入ってきているようです。

実は、Zenfone Deluxe3は日本でも同じ名前でスペックの違うもの(5.5インチサイズのDeluxe)がありますし、海外でも同じ名前でスペックの異なるものが販売されています。

もしASUSのスマートフォンを買うなら、確実に日本版を手に入れるために、公式ページから買うことをオススメします。

ASUSの公式HPを見てみる→ASUS Shop

 

Motorora MotoZ

モトローラ スマートフォン Moto Z 64GB ブラック 国内正規代理店 AP3786AE7J4

こちらは単体でもスペックが高いのに、ギミックを搭載してさらにスペックを向上してくる、合体型の変形スマートフォン。CPUは最高クラスのSnapDragon820でメモリは4GBと文句なしの高性能になっています。

このスマートフォンに、さらにスピーカーやカメラを備え付けることができるMoto Modsという仕組みがあります。

 

特に一押しがハッセルブラッド製のカメラ。スマートフォンのカメラを使わずに独立したイメージセンサで撮影するため、Modsの方に機能が集約されています。

このカメラを使えば、なんとスマホなのに光学10倍ズームまでできるという化け物スペックに返信。撮った写真はスマホに保存されるため、Twitterに載せる写真をとるのがはかどります。

 

他にも、バッテリーや、プロジェクタなどのグッズもあり、用途に合わせてカスタマイズし放題。全部揃えたら、すごい値段になりますが、自分のスタイルに合わせて拡張できるなら、アリ。とくにハッセルブラッドのカメラは本当にうらやましい。

 

Blackberry Priv

BlackBerry 初の Android スマートフォン Priv(STV100-1)ブラックベリー [並行輸入品]

根強い人気を誇るBlackberryシリーズのハイスペックスマートフォンがこちらの「Priv」。基本的には普通のスマートフォンとなんら変わりありません。

しかし、背面をスライドさせれば・・・なんと物理キーボードが出てきます。これはマニアックなのが好きな人にはたまらない仕様に仕上がっています。

 

まとめ

iPhone7もapple storeで購入すればSIMフリースマホなので、高級な部類なんですが、あまりにも普及しているので、今回は紹介していません。

「格安スマホ=SIMフリースマホ」みたいに思われている風潮がなんとなくありますが、今回のように、高性能なSIMフリースマホというのもたくさんあります。これらの好きなスマホが選べるのは、好きモノにとってはたまりません。

 

残念ながら、今回紹介したスマホの中で格安SIM事業者が直接取り扱っているスマホは、ONKYOのGRANBEAT(楽天モバイル)だけなので、もし他が欲しい人はamazonや公式ショップから手に入れましょう。

 

公式HPを見てみる→【楽天モバイル】