格安SIMブログ:シムディア

正しい格安SIM情報をあなたに

【どこが安い?】モバイルルーターを徹底比較!おすすめはコレだ!2017!【WiMAX、ポケットWi-Fi】

このサイトで過去、モバイルWi-Fiルーター(WiMAX、ポケットWi-Fi)の機種についていくつか紹介してきました。しかし、どれも個別記事で紹介しており、直接的な比較はあまりしてきませんでした。

この記事では、WiMAX、Pocket WiFi、SIMフリールーターを契約している私が体験を踏まえて、分かりやすく比較し、本当におすすめなモバイルルーターとそのメリット・デメリットを解説しています。

【おすすめ1】安さなら「とくとくbb WiMAX」

2年の維持費とキャンペーン金額を考えると、一番お得なのは「GMOとくとくbb WiMAX」です。

 

理由は、キャッシュバックの金額が3万円超えていて、かつ他と大きく月額料金が変わらないから。

WiMAXの場合は会社によって通信スピードがほとんど変わらないので、どこを選んでも差がありません。そのため「GMOとくとく bb WiMAX」が最もお得な選択肢です。

高額キャッシュバックを見てみる ⇒ 【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

 

【おすすめ2】CB手続き不要の「So-net WiMAX」

「とくとくbb」のデメリットは、キャッシュバック(CB)の申請が、開通してから数か月後で、忘れてしまう可能性があること(3万円超のキャッシュバックなので、忘れる人は少ないと思いますが)。

もし、申請忘れが心配なら、So-net WiMAXにして下さい。こちらは、金額は下がりますが、月額料金からキャッシュバック額を割り引いてくれます

 

実は、私もこのSo-net WiMAXにしています。本当はとくとくbbが良かったのですが、「連続して出張に行く可能性がある」+「忘れっぽい性格」のためSo-netで月額料金を割引しています。

公式ページで割引率を見る ⇒ WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中

 

モバイルルーターの種類と本記事の見方

ここから詳しく各モバイルルーターについて説明していきますが、この記事では分かりやすくするために、それぞれの特徴(メリット・デメリット)を表にまとめています

まずは表を見て、各会社の特徴を掴んでから見るとスムーズだと思います。それではいってみましょう!

 

GMOとくとくBB WiMAX

GMOという会社はあまり知られていないかもしれませんが、年間売上1000億円を超える大企業。そのインターネット部門のサービスの1つが、この「GMOとくとくbb WiMAX」です。

「とくとくBB」はダントツのキャッシュバック率を誇るので、第一の選択肢としておいた方が良いWiMAXです。

ポイントをまとめると以下のようになります。

良い点 キャッシュバックが最大級
・端末無料
・なのに他と変わらない月額料金
・即日発送可能
悪い点 ・キャッシュバックを受けるための申請が11カ月後
オススメな人 ・通信費は総合的に安く上げたい
キャッシュバックの手続きを忘れないマメな人

 

GMOとくとくbbのメリット:キャッシュバック金額

WiMAXの中では一番キャッシュバックが大きいのがこちらの「GMOとくとくbb」、最大3.2万円のキャッシュバックを提供しており、割引率が非常に大きいことがポイント。

かといって、月額料金が高い訳でもありませんし、WiMAX端末代金も無料となっているため、非常に申し込みの多いWiMAXです。

 

GMOとくとくbbのデメリット

デメリットというかは微妙なんですが、32,000円のキャッシュバックキャンペーンの手続きが11ヶ月後にメールで届き、1ヶ月以内に手続きをしないといけない事が挙げられます。

 

GMOとくとくbbがおすすめなのは「とにかくお得にしたい人」

このGMOが提供しているWiMAXがおすすめな人は下記の通りです。先にも書いた通り、キャッシュバックのキャンペーンを逃さないことが特に重要ですね。

  • できるだけ安い金額でWiMAXを使いたい人
  • 11ヶ月目に手続きを忘れない人(これ重要)

 

公式を見てみる ⇒【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

 

Biglobe WiMAX(ビッグローブ ワイマックス)

Biglobe(ビッグローブ)は、昔からあるインターネットプロバイダ。ご自宅でフレッツADSLやフレッツ光などを使っていた人には馴染みがあるかもしれません。

最大のメリットは、口座振替ができることです。クレジットカードを持っていない人が選べる唯一のWiMAXになります。

Biglobe WiMAXのポイントは以下の通りです。

良い点 口座振替ができる
・端末無料
・キャッシュバックは約2万円
・即日発送可能
悪い点 ・口座振替の場合、WiMAXの即時発送は利用不可
オススメな人 クレジットカードを持っていない人

 

Biglobe WiMAXのメリット:口座振替

現時点で、WiMAXの支払いに口座振替が使いたいならBiglobeしか選択肢がありません。他は全てクレジットカード支払いとなっています。

キャッシュバック金額については、20,000円程度なので、「GMOとくとくbb」と比較すると安いですが、他のWiMAXとほとんど同額ですね。

 

Biglobe WiMAXのデメリット

Biglobeのデメリットは、口座振替を使わないのであればあまりメリットがないところです。

キャッシュバックにも一応手続きが必要ですが、GMOとくとくbbと異なり加入直後のアンケートに答えておく事が必要です。

その後、13ヶ月後に送られてくる郵便局で換金可能な「振替払出証明書」にて手続きが可能になりますが、GMOとくとくbbに比べて、キャッシュバックまでの期間も長く、金額も小さいのであまりメリットがないように感じます。

 

Biglobe WiMAXがおすすめなのは「クレジットカードがない人」

BiglobeのWiMAXがおすすめなのは「口座振替」を使う人。これ一択ですね。

 

公式を見てみる ⇒ 「BIGLOBE WiMAX 2+」キャンペーン実施中

 

So-net WiMAX(ソネット ワイマックス)

ソニーの子会社が運営しているWiMAXがこちらになります。

So-net WiMAXの最大の利点は、キャンペーン金額を月額で割り引いてくれるところです。申請を忘れがちな人にはぴったりです。

So-net WiMAXのポイントは以下の通りです。

良い点 キャッシュバックのお金を月額割引にできる
・キャッシュバックも選べる
・端末無料
悪い点 ・即日発送ではない
オススメな人

キャッシュバックの申請忘れそうな人
・月額のネット代を抑えたい人

 

So-net WiMAXのメリット:月額料金の割引

月額料金からキャッシュバック分を割引するか、2万円のキャッシュバックを選ぶことができることがSo-net WiMAXのメリットです。

私が選んだ理由もこれで、キャッシュバック手続きを必要とせず、直接月額料金から割引してもらえるので、So-net WiMAXを選んだという経緯があります。

 

So-net WiMAXのデメリット

So-net WiMAXは配達時間の点でデメリットがあって、本人確認してから配送するまでの間に時間が1週間ほどかかります(即日配送のところもある)。

私の場合も申し込みから、発送までの間におよそ1週間かかったので、「今すぐインターネットを繋ぎたい」という人にとってデメリットになります。

 

So-net WiMAXがおすすめなのはズバリ「面倒くさがり屋さん」

So-net WiMAXは、私のように面倒くさがりやでキャッシュバックではなく、キャッシュバック分を月額料金から割り引いて欲しい人におすすめです。

実際1年後のことなんて覚えてない可能性ありますからね。忘れっぽい人は絶対に先にキャンペーン適用できるようにしておいた方がお得だと思います。

 

公式で詳しく見てみる ⇒ WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中

 

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

broad WiMAXは、株式会社リンクライフが運営しているプロバイダ。モバイルルーターでは珍しく、WiMAXとポケットWi-Fiのどちらも取り扱っている会社です。

Broad WiMAXの最大の特徴は、キャッシュバックはありませんが、月額料金が最安級のであることです。

ポイントをまとめると以下のようになります。

良い点 月額料金が2700円台で最安級
・端末無料
悪い点 ・初期手数料がかかる時期がある
・1年以内の違約金が他の会社より高い
オススメな人

・月額のネット代を抑えたい人

 

Broad WiMAXのメリット:月額料金が安い!

月額料金をとにかく安くするなら「broad WiMAX」がベストです。

キャッシュバックなどはありませんが、ライトプランなら月額料金が2700円台で、WiMAXの中でも最安値級の値段となっています。

 

Broad WiMAXのデメリット

Broad WiMAXには2つのデメリットがあります。

一つは、初期手数料の無料キャンペーンがない時期があること。時期によって、18,857円の初期手数料がかかることがあります。

二つ目のデメリットは、解約金(違約金)。1年以内の解約の場合は19,500円の解約金、13〜24ヶ月は14,000円と他のWiMAXに比べて高くなっています。

 

Broad WiMAXはおすすめ?

Broad WiMAXは月額料金を安くしたい人にオススメですが、こだわりがなければ、So-net WiMAXで月額割引キャンペーンを適用する方が、解約金も考えればメリットがあると思いますよ。

 

公式ページを見てみる ⇒ BroadWiMAX

 

UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)

ここまで紹介してきたWiMAXは全てUQコミュニケーションズから回線を借りて、運営しているWiMAXの会社になります。

au(KDDI)の子会社であるUQコミュニケーションズが直接運営しているのがこちらの「UQ WiMAX」であり、「本家」とも呼ばれています。本家は、新しいサービスをすぐに展開してくれるメリットがあります。

ポイントは以下の通りです。

良い点 WiMAXの最新サービスがすぐに使える
・本家のため、理論上最も通信速度が速い
悪い点 ・キャッシュバック金額が小さい
オススメな人 新しいサービスをいち早く受けたい人

UQ WiMAXのメリット:本家ならではのサービス展開

WiMAXがプロバイダではなく、本家本元で使いたいという人は「UQ WiMAX」が良いでしょう。

本家本元なだけあって、基本的にUQモバイルで始まる機能については全て適用されることになります(新しい機能もすぐに使えるようになります)。

ただし、覚えておいて欲しいことは、本家本元だからといって、ダントツでスピードが変わるかというと、そうではありません。

これまで紹介したプロバイダ経由でも、インターネットをする上では、十分なスピードが出ています。

ちなみにSo-net WiMAXでスピードテストした結果がこちらなので、よければ参考にどうぞ。

【関連】【実機レビュー】WiMAX NEXT W04を契約して、スピードテスト評価してみた!【評判・口コミ】

 

UQ WiMAXのデメリット

UQ WiMAXの最大のデメリットは、キャシュバック金額が小さいことです(月額の料金が安い訳でもない)。

キャッシュバックの条件(金額)は圧倒的にプロバイダの方が良いですね。

 

UQ WiMAXがおすすめな人

このWiMAXが使いたい人は、とにかく最高の状態で通信を行いたい人です。

ただ、何度も繰り返しになりますが、実際のところ、プロバイダ経由にしようが、本家にしようが、普通にインターネットする分には全く問題ないです。

むしろ、キャンペーンを適用するためにプロバイダ経由のWiMAXを申し込んでいる人はすごく多いですよ。

 

公式ページを見てみる ⇒ 【WiMAX2+】商品券3,000円をプレゼント!

 

家電量販店のWiMAX

WiMAXであれば、家電量販店で申し込みをしているものもあります(例えば、BIC CAMERA、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機など)。

もし契約や、設定に不安があるようであれば、こちらで契約をするのも一つの手です。

ポイントをまとめると以下の通りです。

良い点 店頭で聞きながら契約できる
・端末無料のところもある
悪い点 ・キャッシュバック金額が小さいことも
・現金ではなく、商品券の場合がある
オススメな人

・パソコン、スマホに詳しくない人

 

家電量販店でWiMAXを申し込むデメリット

家電量販店のWiMAXを契約する最大のデメリットは、キャンペーン金額が少ないケースが多いこと。

また、商品券のように幅広く使えるものではなく、家電量販店専用で使える商品券としてプレゼントされることも多くなっています(割引商品が指定されていることも)

もし、WiMAXを申し込むなら、よっぽど自身がない限りは、ネットで申し込む方が絶対にお得ですよ。

私自身がso-net WiMAXに申し込んだ時の全記録を下記にまとめているのでよければ参考にしてみてください。 

【関連】 So-net(ソネット)のWiMAX(ワイマックス)申し込みの流れを全解説

 

Y!mobileのポケットWi-Fi

WiMAXの対抗馬と言えば、一番有名なのが、Y!mobile(ワイモバイル)です。

この記事執筆時で最速となる600Mbps越えのモバイルルーター「603HW」を取り扱っているのは、このY!mobileです。

Y!mobileのポイントをまとめると以下のようになります。

良い点

モバイルルーターで理論値最速
・Ymobileのスマホとセットで500円割引
・Pingの値が小さく、反応が良い

悪い点 ・WiMAXに比べてギガ放題エリアが小さい
・ポケットWi-Fiは3年縛り(WiMAXは2年)
オススメな人 ・とにかくサクサク使いたい人
・地方へ行くことが多い人(詳しくは別記事

Y!mobileのポケットWi-Fiのメリット

Y!mobileのポケットWi-Fiのメリットは、モバイルルーターの中では最速である603HWの取り扱いがあること。

そして、スマホでY!mobile回線を持っているなら、複数回線の割引を適用できることです。

 

Y!mobileのポケットWi-Fiのデメリット

WiMAXと比較されやすい、Y!mobileのモバイルルーターですが、大きなデメリットはキャンペーンによるキャッシュバックがほとんどないことが挙げられます。

月額料金は、WiMAXとほとんど変わらないだけに、キャッシュバック金額が小さい(ほとんどない)のはデメリットなんです。

さらに、WiMAXが2年縛りであるのに対して、Y!mobileのモバイルルーターは3年縛りになっているのも覚えておきたいポイントです。

 

Y!mobileのポケットWi-Fiがおすすめな人

おすすめなパターンの人は2種類あります。

まず一つ目は、すでにY!mobileのスマートフォンを使っていて、複数回線割りを適用できる人です。この場合、トータルでの月額料金を安くすることができます。

もう一つは、出張などでアドバンスエリアの外にでることが多い人。これについてはちょっとややこしいので、別記事でまとめています。こちらをご覧ください。

【関連】【契約して比較】So-net WiMAX(W04)とY!mobileのモバイルルーター(603HW)を試してみた 

 

公式HPを見てみる ⇒ Y!mobile

 

とにかく最安値で使いたい!Yahoo! Wi-Fi

ポケットWi-Fiであれば、Y!mobileの他にも選択肢として、インターネットプロバイダであるYahoo!が出している「Yahoo!Wi-Fi(ヤフーワイファイ)」があります。

モバイルルーターの中では、特に月額の通信料金が安いことが特徴として挙げられます。

 

Yahoo! Wi-Fiのメリット

7GBまでの利用であれば、基本料金は1980円なので、WiMAX、Y!mobileのどの料金よりも安くなっています(6ヶ月目までYahoo!プレミアム料金が無料で、6ヶ月後から462円プラスになりますが、それでも最安値です)。

すでにプレミアム会員の人は1980円だけの負担になることを考えるとかなりお得なプランですね。

Yahoo!プレミアム会員であれば、Yahoo!オークションに参加できますし、Tポイントも倍増してもらえます。

他にも、gyaoのプレミアムプランを3ヶ月無料でお試しできる等のメリットがありますね。

 

Yahoo! Wi-Fiのデメリット

Yahoo!Wi-Fiには2つのデメリットがあります。

一つ目は、端末のラインナップが弱いのが特徴で、Y!mobileの最新機種603HWのように、超高速な無線回線を使える端末がありません。

裏を返せば、そこまでインターネットの速度が必要がない人には、値段と性能のバランスが取れている機種、とも言えます。 

もう一つのデメリットが、無制限で使えるアドバンスオプションを入れると、Y!mobileの月額料金と同じになってしまうこと。

Y!mobileと同様の値段になるなら、高性能端末を提供しているY!mobileの方がメリットが大きくなります(どちらも端末の値段は実質無料です)。

 

Yahoo! Wi-Fiがおすすめな人

オススメなのは次の二つのパターンです。

  • ネットは少しだから、とにかく安く使いたい人
  • 既にYahooプレミアム会員の人

 

覚えておいて欲しいのは、Yahoo! Wi-Fiで無制限プランを使うと、Y!mobileのプランと同じになること。この場合は、Y!mobileを契約する方がおすすめです。

公式ページはこちら>>>業界最安の月額月額1,980円!(税抜)【Yahoo! WiFi】はこちら

 

docomo(ドコモ)のモバイルWi-Fiルーター

モバイルルーターと言えば、「ポケットWi-Fi」か「WiMAX」かというくらいのイメージですが、実はdocomoからもモバイルルーターが出ています。

docomoのモバイルルーターは、他の会社のものと考え方が異なり、データシェアプランを使ってスマホのデータ量と共有するものになっています。

 

docomoのモバイルWi-Fiルーターのメリット

最大のメリットはdocomoが提供していることで回線が安定しており、電波の到達範囲が広いことでしょう。

またキャリアならではの電波の強さを生かして、スマホのように無線でも安定して高速通信できるのはメリットと言えます。

 

docomoのモバイルWi-Fiルーターのデメリット

一番のポイントはデータシェアによって使うモバイルルーターのため、「値段が高額になりがち」であることと、「無制限で使えるプランがない」ことがデメリットとして挙げられます。

また、後に説明する他のキャリア系モバイルルーターもそうなんですが、基本的にキャッシュバックなどのキャンペーンがありません。

WiMAXは、ほとんどのプロバイダが2万円以上のキャッシュバックがあることを考えると、金銭面でのデメリットは大きいように感じますね。

 

auのWiMAX2+

auの場合は、docomoとは異なり、au回線を利用した無線インターネットを提供している訳ではなく、WiMAX回線を利用した無線を提供しています。

簡単に言えば、一番初めに紹介したGMOとくとくBB WiMAXや、So-net WiMAXと同じものになります。

 

auのWiMAX2+のメリット

実はauでWiMAXをわざわざ使うメリットは、ほとんどなくauのポイントが貯まるくらいです。

月額料金もほとんど他のWiMAXと変わりません。

 

auのWiMAX2+のデメリット

WiMAX自体は良い回線なので、大きなデメリットはないのですが、auが提供しているものを契約すると、キャンペーン(キャッシュバックなど)がほぼありません

GMOとくとくBBであれば、3万円のキャッシュバックを受けられるので、2年(24ヶ月)で割り返すと、月額1250円割引されることになります。

そうすると、auでWiMAXを契約するメリットはほとんどないですね。

 

格安SIM系モバイルルーター「スマモバ」

スマモバは、docomoが回線を貸し出して提供しているモバイルルーターです。

docomo回線でモバイルルーターが使えるにもかかわらず、LTEが使い放題となっている特徴のある通信会社です。

 

スマモバのメリット

まず、docomo回線で無制限プランを用意していることは大きなメリットと言えるでしょう。

WiMAXや、ポケットWi-Fiの場合、通信量を気にせずに使えるエリアは限られているのに対して、スマモバはdocomoエリアなら無制限で使えるので、ほとんどどこでも使えるといっても過言ではありません

モバイルルーターを提供している会社の中では珍しくタブレットを同時販売しているので、タブレットの同時購入を検討してる人にもスマモバは良いでしょう。

 

スマモバのデメリット

スマモバのデメリットは格安SIMであることです。格安SIMはユーザー数が増えることによって通信速度が変わります。

現時点では通信速度は良いようなので、あまり不安はありませんが、今後どうなっていくかが気になるところです。

 

格安SIMとSIMフリーモバイルルーターの組み合わせ

最近格安SIMという言葉をよく聞くと思いますが、それらの格安SIMのデータ通信プランと、SIMフリーモバイルルーター(例えば、MR-05LN)を組み合わせることで、無線通信を使うことができます。

 

SIMフリーモバイルルーターのメリット

NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター Aterm MR05LN ( デュアルSIM 対応 / nanoSIM×2 ) PA-MR05LN

最大のメリットは、「格安SIMのデータプラン」は、2年縛りなどがなく、解約料金がかからないことです。

実際に使ってみても、通信速度もそこそこでるので、無線通信をとりあえず試してみたいという人にはメリットの大きな使い方です。

 

SIMフリーモバイルルーターのデメリット

これは私自身が実際に使った上での感想ですが、SIMフリーモバイルルーターは通信速度が遅いです。

正確にはモバイルルーターが遅い訳ではなく、通信速度そのものがWiMAXやポケットWi-Fiと比べると、格安SIMに差があるからです。

WiMAX、ポケットWi-Fi、そしてSIMフリーモバイルルーターを使い比べてみると、たぶんWiMAXかポケットWi-Fiを選びたくなると思います。

 

本当のおすすめモバイルルーターはこれだ!

自動的に割り引いてくれる「So-net WiMAX」

WiMAX、ポケットWi-Fi、格安SIMモバイルルーターなど色々使ってみましたが、So-netのWiMAXはいいですね(私も契約中)。

最大の理由はこのサイトでも何度も取り上げていますが、やはりキャッシュバックではなく、自動的に月額の料金から割引してくれるシステムが便利。

使ってみて、スピードテストの記事にも書いた通り、使っていて快適なんで、今後もしっかりお世話になるつもりです。

公式ページはこちら>>>WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中

 

キャッシュバックでお小遣い稼ぎしたいならGMO

WiMAXはプロバイダによって、ほとんど速度がかわらないので、実質キャッシュバックや2年間のトータルの金額で選ぶ事になります。

私は、面倒くさがり+忘れっぽいので、「So-net WiMAX」を選びましたが、2年間のトータル金額はGMOの方が安いので、マメな人はこちらの方が絶対おすすめです。

GMOとくとくbbなら30000円分超のキャッシュバックが受けられるので、おこづかい稼ぎにはなります。

別途受け取り可能なので、ご主人(奥様)に内緒で、受け取っておくのもいいかもしれませんね(笑)。

公式はこちら>>>【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

 

インターネットをあまり使わないなら「Yahoo! Wi-Fi」

Yahoo!Wi-Fiの項目でも書きましたが、このモバイルルーターはとにかく安く使うことができます。

月々のデータ容量は7GBなのでそんなに多くないですが、その分モバイルルーターの中ではとにかく安く使う事ができますよ。

公式ページはこちら>>>業界最安の月額月額1,980円!(税抜)【Yahoo! WiFi】はこちら

  

モバイルルーターの比較まとめ

かなり長い記事になりました。ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございます。実際にこれまで、WiMAX、ポケットWi-Fiなどを色々と使ってみて、それぞれにメリット・デメリットを肌で感じてきました。

ここではプロバイダとして契約していないものも挙げてはいますが、やっぱり自分が使っている事もあって、「So-net WiMAX」は本当におすすめですよ。

おすすめばっかりしているのも良くないので、よければSo-net WiMAXを使ってみたデメリットのページも読んでみてください。

【関連】【契約してみた】So-net WiMAXのデメリット・弱点まとめ(ソネット ワイマックス)