格安SIMブログ:シムディア

正しい格安SIM情報をあなたに

【格安SIM】楽天モバイルのデータSIMと音声通話SIMの違いについて徹底解説

楽天モバイルでは、3種類のSIMが提供されています。初めて格安SIMを契約しよう!と思うと、どれを選べば良いのかわからないですよね。

  1. 音声通話SIM
  2. データSIM
  3. SMS付きデータSIM

今回は、この音声SIM、データSIMの違いについて初心者の人でもわかりやすくまとめてみました。それではいってみましょう。

音声通話SIMとは?

 

 

音声通話SIMは、ほとんどの人が使っているタイプのSIMになります。いわゆる、電話番号が付いていて、電話機能があるSIMです。

 

データSIM(SMS付き)とは?

タブレットなどで使うための、電話機能が付いていないタイプのSIMのことを指します。

 

ただし、全てのデータSIMにも電話番号は割り振られています。これはSIMごとに番号付をして管理していると同時に、後ほど説明するSMSの番号にもなっているからです。

データSIMでは080,090番号よりも、070番号が割り振られていることが多いですね。

 

データSIMのSMS有り無しの違いは?

おそらく、ほとんどの人がLINEの認証でSMS(ショートメッセージサービス)を使ったことがあると思います。いわゆる電話番号で送ることができるメールのことですね。

楽天モバイルでは、データSIMにSMSが付いているタイプと付いていないタイプがあります。下記はデータSIMでSMS無しのイメージです。

 

データ付きはSMSがある方がいい?

結論を言えば、月額料金が少し上がってしまいますが、付いている方が良いです。その理由について詳しく説明していきます。

 

LINEの認証が可能

 先ほど書いたように、SMSの番号を持っていることで、データSIMでも2番目のLINEの認証が可能になります。

LINEを二つ使う状況はあまりないかもしれません。しかし、ビジネスと個人を分けたいが意外と多く、私もそのようにして使っています。

SMS有り無しの変更は楽天モバイルの場合、手続きが必要なので、最初からついているものを選ぶ方が良いでしょう。

 

gmailのパスワード忘れ通知機能

SMSの使い道には、「gmailのパスワードを忘れた時の認証用」という使い方をすることもできます。 

こちらもメインと別に二つ目のgmailアカウントをとっている場合に、SMS付きを生かして、メールアドレスの復旧を行う事ができます。

 

バッテリー問題が解決する

最近はあまり聞きませんが、SMS無しのタイプの場合、アンテナの受信がおかしくなりバッテリーの容量が激しく減るという問題がありました

タブレットタイプでも、SMSを受信できるアプリは基本的に標準搭載されているはずなので、バッテリー消費問題を確実に回避するためには、SMS付きの方が無難です。

 

二段階認証の利用

最近はインターネットのセキュリティ強化のために、2段階認証やワンパスワードを使っている会社が増えました。

銀行や投資信託にもよるのですが、SMSで二段階認証を行う場合もあることを考えると、データSIMにもSMSがある方が便利です。

 

SMSが無くても良いのはSIMフリーパソコン

データSIMでSMSが不要なのは、SIMフリーでLTE対応のパソコンを使う場合です。SIMフリーのパソコンの場合は、SMSが必要ありません(というか使う機会がありません)。

SIMフリーパソコンって何? という人は下記の記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

【関連】格安SIMでどこでも繋げるSIMフリーパソコンおすすめ5選【外でも快適】

 

データSIMを使って節約が可能

格安SIMに乗り換えようと考えている人のほとんどは、音声通話SIMを契約すると思います。

しかし、極端な使い方をすれば、データSIMだけでも、通話はできるため、その分節約することができます。その方法はIP電話を使うこと。

NTTコミュニケーションズが出している、050Plusやマイネオが出しているLaLaコールを使えば、さらに音声通話の契約が必要なくなるため、さらに節約が可能になります。

LaLa Call~050/IP電話でおトクな通話アプリ
LaLa Call~050/IP電話でおトクな通話アプリ
開発元:K-Opticom
無料
posted with アプリーチ

 

また、IP電話の場合は、通話料が通常の電話番号に比べてお得なのもメリットの一つです。

  通話料
固定電話 8円/3分
携帯電話 8円/30秒
LaLaコール同士 無料

 

問題点は電話番号が050発信になってしまうこと。相手に050で掛ける事を先に伝えておき、この問題点がクリアできれば、とてもリーズナブルにスマートフォンを運用することが可能になります。

 

まとめ「データSIMならSMS付きで」

今回は、音声通話SIM、そしてデータSIM(SMSの有無)の違いについて簡単に解説させていただきました。

格安SIMの事業者によっては、音声通話SIMと、データSIM(SMS付き)しか選べないのですが、楽天モバイルの場合は、ちゃんと3種類の中から選ぶことが可能です。

ぜひ自分にあったSIMのタイプを選んでみてくださいね。