格安SIMブログ:シムディア

正しい格安SIM情報をあなたに

【2017年6月】楽天モバイルをiPhoneで使ったスピードテスト測定結果まとめ

この記事では、楽天モバイルの通信速度を、iPhoneシリーズで測定した結果を紹介していきます(5,6月はiPhoneSEで測定しました)。

メインで使われている格安SIMとして最もシェアの高い(MMD総研調べ)楽天モバイルですが、iPhoneで使った場合の通信速度(スピード)はどうなっているのでしょうか。それではいってみましょう。

※この測定結果については、データ、グラフは引用していただき、ご自身のブログで紹介していただいても構いません(写真はNG)。ただ、その際は、引用元とURLリンクを記載いただくようお願いします。

スピードテストはiPhoneSEで実施

今回の楽天モバイルのスピードテスト計測端末は、AppleのiPhoneSEで行いました。また、楽天モバイルで契約しているのは、音声SIMです。

 

楽天モバイルのダウンロード測定結果

6月の測定だけでなく、5月の測定結果との比較としています。まずはダウンロードスピードがこちらの結果です。

 

まず、6月の結果を見てみるとダウンロードスピードは朝と15:00はそこそこ良いですが、夕方以降と昼(12:00台)はちょっとイマイチですね。なんだかスピードが出ていないイメージです。

 

12:00台は、楽天モバイルにかかわらずほとんどの格安SIMのスピードが落ちるので、しょうがないですが、夕方以降もちょっと低めですね。夜は家に帰ってWi-Fiを使っている、という想定して、楽天モバイルが調整しているのかな、と感じる結果になっています。

5月と6月を比較すると、朝を除き全体的にダウンロードスピードが上がっているイメージです。後ほど説明するPING(インターネットの反応速度)の方もデータが良くなっているので、設備増強があったのかなと思います。

 

楽天モバイルのPING測定結果

続いて、PINGの測定結果がこちらです。

 

PINGはあまり馴染みがない数字ですが、インターネットの次の情報を取り出すまで(画面でタップしてから次の情報を表示するまで)で、どれだけ反応を良く出来きているか、という数値です。反応速度が速いほうが良いので、数値が低い方が良いデータになります。

6月の測定結果では、12時台を除いて、30ミリ秒台というすさまじく速いスピードになっています。このレベルは、格安SIMではかなり高い数値です。

ダウンロードスピードは、決して高くありませんが、PING値が良いので、思っているよりも体感のスピードが出ていますね。

 

楽天モバイルのアップロード測定結果

LINEの画像を送るときなどに使う、アップロード速度がこちらのデータです。

 

アップロード速度は、全ての時間帯を通じて、5Mbpsを超えているので、実用性でみて、十分以上に出ていますね。

ダウンロード速度で落ちがちな12:00でもきちんと、速度が出ているので、安心して使えます。

 

楽天モバイルの6月スピードテストまとめ

今回の結果の通り、楽天モバイルではダウンロードスピードは昼間、夕方以降が少し遅い結果となりました。このスピードであれば、他にもっと速い格安SIM(格安スマホ)があります。

とはいってもヘビーに使うスマホマニアのような人でなければ、楽天モバイルは端末をとても安く買える通信会社なので、コスパは良いと思います。また、楽天ポイントとの併用で、月額料金を安くすることも可能です。

公式ページでキャンペーンを見てみる⇒楽天モバイル

 

もしよければ、格安SIM(格安スマホ)のオススメランキングと口コミの記事を書いているので、こちらを参考にしてみてもらえると嬉しいです。

【関連】格安スマホの評判:2年以上使った管理人が語るホントの口コミとオススメを徹底解説