格安SIMブログ:シムディア

最近、UQmobileの記事多め

どっちがお得?固定回線とWiMAXのスマートバリュー(mine)適用範囲の違い

auのスマートフォンを使っているのであれば、スマートフォンの値段を安くする一つの方法として、「スマートバリュー(WiMAXの場合はスマートバリューmine)」の存在があります

このスマートバリューには大きく分けて、固定回線用とWiMAX用があるのですが、イマイチその二つの違いがわからなかったので、詳しく調べてみました。初心者向けに図で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

回線による割引の違い

固定回線のスマートバリューの対象

auの場合、いくつかの光回線、ケーブル回線と組み合わせることによって、スマートバリューを適用することができます。

例えば、有名なところでは「au光」「J:com」「コミュファ光」「BBIQ」などたくさんの会社があります。詳しくは、auの公式HPで公開されています。

これら指定の会社とau回線を組み合わせることによって、スマートバリューを適用することができます。

 

WiMAXの場合はどこの会社でもOK

無線インターネットを提供するWiMAXの場合、UQ WiMAX、So-net WiMAX、Broad WiMAXなどたくさんの会社がありますが、どこの会社でも「スマートバリューmine」を適用することができます。

これは、大元のWiMAXの運営をしているのがau(KDDI)の子会社であることが大きな理由です。

 

割引額の違い

固定との組み合わせの場合、最大額は2000円

固定インターネットと組み合わせる通常の「auスマートバリュー」の場合の割引額は最大2000円になります。これはデータパックの容量によって割引額が変化するためです。

ただ、2000円分の割引を適用させるためには、かなり大きなデータパックを申し込む必要があるため、ほとんどの人が1410円割引になるでしょう。

詳しくは下記のページで公開されています。

【外部リンク】auスマートバリュー | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

 

また、このスマートバリューは全部で10回線まで適用が可能です。そこまで契約回線を持っている人はほとんどいないと思いますが、例えば4回線契約しているだけでも1410円×4回線=5640円/月(67680円/年)の割引となるのでかなりお得です。

注意!スマートバリューはひかり電話が必要

ちょっと注意しておいて欲しいのが、スマートバリューを適用するにあたって、必要な契約が「固定電話回線があること」。いわゆる「ひかり電話」というプランですね。

ひかり電話にも当然オプション料金がかかります。そのため、契約本数が少ない場合は、このひかり電話のオプション料金の影響が大きくなるので注意してください。

 

WiMAXのスマートバリューmineは最大で934円

高速無線通信のWiMAXの場合は、最大で934円/月の割引になります。固定のインターネットのスマートバリューに比べると割引額は小さいです。

こちらの場合も、固定回線の割引同様にauスマートフォンの契約によって割引額が変化するので要注意です。 

【外部リンク】auスマートバリュー mine | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

 

さらに適用範囲は1回線なので、こちらも通常のスマートバリューよりもお得度は低いと言えます。

 

WiMAXの場合はハイスピードエリアでの利用のオプション料無料

金額メリットよりもこちらの方が大きいかも。実はauスマートバリューmineを組み合わせると、WiMAXのハイスピードエリアの使用料金が無料になります。 

ハイスピードエリアとは?

WiMAXは、独自の無線局を用いて通信を行なっています。そのため、一般的なキャリアに比べると電波の範囲が狭くなっています。

WiMAXのハイスピードエリアは、その欠点をカバーするために、1005円/月のオプション料を支払うことで月7GBまで、auエリアでも使えるようになるWiMAXの機能です。

 

auのスマホを使っていると、ハイスピードエリアで使える容量が7GBプラスされ、しかも使える範囲が広がるので、スマートバリューmineの割引額以上のメリットがあると言えますね。

 

ちょっと待って!割引額だけで決めちゃダメ!

WiMAXは一人暮らしならauを最低料金プランに

ぜひここまで読んでいただいた人にお伝えしておきたいのですが、WiMAXで安くなるのは、スマートバリューだけではありません。

WiMAXの最大のメリットは持ち歩きできること。つまり、WiMAXでスマホを繋いでおけば、スマホのデータパックを最低限にしておけるのです。

あくまでも一人暮らしでWiMAXを持ち歩く人にしかメリットはない使い方ですが、裏を返せば、一人暮らしなら、この組み合わせはとても効果的な組み合わせなんです。

 

パソコン側を割引させる「auセット割」

あまり知られていないと思いますが、実はauスマートバリューの他にもインターネット側で割引させることができる光コラボレーションという仕組みをしっているでしょうか?

 

So-net光であれば、コラボレーションを適用させることで、大きな割引を適用させることもできますよ。

 

おすすめなパターン・タイプ

説明がかなりややこしくなってしまったので改めて、どんなタイプの人におすすめかをまとめていきます。

 

一人暮らしならWiMAX+au

学生、社会人で一人暮らししているなら、WiMAXとの組み合わせが断然おすすめです。その理由は、先にも書いた通り、WiMAXを持ち運ぶことで、スマホの料金プランを最低限に抑えることができるから。

WiMAXなら、私も使用しているのですがSo-netのWiMAXがおすすめです。こちらなら、2万円のキャッシュバック(もしくは月額料金からの割引)ももらえるので、さらにお得になります。

 

契約回線が多いなら、固定回線

家で契約している人数が多いなら、固定回線の方が良いです。理由は単純に割引額が大きいから。大幅に割引させることができてメリットが大きいです。

組み合わせる固定回線で悩むようであれば、auひかりがおすすめです。同じKDDIが運営しているので、色々な面で連携させることができて便利ですね。

【外部リンク】auスマホをお持ちならセットでお得!【So-net 光 (auひかり)】

 

ちなみに、So-net光であれば、公式サイトからの申し込みで最大45000円分のキャッシュバックやっているので、絶対乗り換える価値もありますよ(ちなみにSo-netはソニーの子会社です)。

 

スマートバリューの違いまとめ

ここまで説明してきて(書いてきて)、改めて思ったのが、「やっぱりややこしいな・・・」ということ。これだけの仕組みを、マニアでもない人がどうやって理解するんやろ・・・と思えるレベルのややこしさ。

今回紹介している組み合わせなら、au回線を節約できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

ちなみに、私はSo-net WiMAXを使っています。かなり使い勝手がよく、通信速度も非常に快適なモバイルルーターです。ぜひとも参考にしてみてくださいね。

【関連記事】【実機レビュー】WiMAX NEXT W04を契約して、スピードテスト評価してみた!【評判・口コミ】