Wi-Fiルーター

【契約して比較】So-net WiMAX(W04)とY!mobileのモバイルルーター(603HW)を試してみた

更新日:

WiMAXとY!mobileってどっちにするか悩んでませんか?

インターネットの回線っていったん契約すると縛りがあって、違約金がかかる関係上、簡単に変えることができません。そこで、実際にWiMAXと、Y!mobileのモバイルルーター(ポケットWi-Fi)を購入して、比較してみました。

契約したモバイルルーター

今回契約したのは、So-netのWiMAX(機種はWi-Fi Speed NEXT W04)と、Y!mobileのポケットWi-Fi(603HW)です。どちらも取り扱い端末の中では、最上級クラスの機種になります。

WiMAXには本家「UQ」と、それ以外のメーカーがありますが、月額料金を大幅に割引してくれるSo-net WiMAXを選びました。本家と、それ以外についてはこちらの記事でくわしくまとめたので、参考にしてもらえれば、と思います。

【関連記事】UQ WIMAXとSo-net Wimaxって何が違うの?【回線品質、2年間でかかる料金比較など】 

これらのモバイルルーターは、どちらもHuawei(ファーウェイ)という海外の会社が作っているものになります。スペックを比較すると、603HWの方が上ですね。

  • W04:最大ダウンロード速度440Mbps
  • 603HW:最大ダウンロード速度612Mbps

しかし最大速度はあてになりません。重要なのは、実効速度なので実際に測定して比較してみました。それぞれを比較してみた結果を次の項目で紹介します。

WiMAXとポケットWi-Fiのモバイルルーターの通信速度

次のデータは、ポケットWi-FiとWiMAXのダウンロード速度とPINGを比較した結果です(大阪駅で測定)。

ダウンロード
(Mbps)
アップ
(Mbps)
PING
(ミリ秒)
Y!mobile 59.42 9.71 28
So-net WiMAX 28.17 15.86 56

見ていただくとわかりますが、特にPINGの値がポケットWi-Fiの方が半分くらいしかありません。PINGの数値が小さいと次の画面を表示するまでの時間が短くなるので、インターネットをサクサク使う事ができますよ。

本体のデザインと使いやすさ

本体を比較してみると、WiMAXは細長い形状であるのに対して、ポケットWi-Fiはスマートフォンのサイズ比で小さくしたような形になっています。

形状によって、どちらが優れているということはありませんが、好みが分かれるところかもしれません。また、WiMAXとポケットWi-Fiのカラーラインナップはホワイトがどちらにもあるものの、WiMAXの方は特徴的なグリーンがラインナップされています。

形状的に大きく違うな、と感じたのはSIMカードの装着位置。WiMAXは、側面のカバーを外して装着しますが、ポケットWi-Fiは内部にSIMカードを差し込むところがあります。

個人的には、WiMAXのようにゴムでカバーされているタイプは、失くしてしまう印象があるため、603HWの方が良いですね。

クレードルの有り無しによりできる事の違い

WiMAXの無線LAN化

WiMAXには充電及び、固定回線を無線LAN化できる「クレードル」の存在があります。

もし、あなたが一人暮らしでモバイルルーターを使うのであれば、普段家にいるときに無線LANをつけっぱなしにしておく必要はありませんよね?

家に帰ってきたら、WiMAXをクレードルに充電を兼ねて接続し、そのまま家の固定回線を無線LAN化することができます。クレードルは3000円ちょっとで手に入るので、無線LANを購入することを考えれば非常にリーズナブルな値段です。

クレードルは背面にUSB-Cのケーブルと、固定回線をつなげばOKです。

我が家の場合は、1Gbpsの光インターネット回線をつないでいます。こちらが、WiMAXをクレードルに繋いだ状態で測定した結果です(iPhone7PlusでOokla(スピードテストアプリ))で測定を行っています。

こちらが、家庭用の無線LAN「HP2200」というNECで測定した結果です。

HP2200はWi-Fiルーターの中では上位機種なのでかなりスピードが出ています。一方、WiMAXの方は、残念ながらそこまでスピードは出ていません。最低限使えるレベル、といったところでしょうか。

WiMAXでもこのレベルのスピードは十分に出るため、わざわざクレードルを繋いで無線LAN化する必要はありません。

ただし、固定回線を使う場合はWiMAXのデータ通信を使わないため、通信量を気にしなくても良い、という大きなメリットが生まれます。

有線LANのみのを無線化できるので、「ホテルや旅館」で大活躍

クレードルが最大に活躍するのは、有線LANのみで提供されているところ、つまり「ホテルや旅館」などです。

旅行に行ったときに、ホテルの有線LANをWiMAXを接続しておけば、全てのWi-Fi機器のデータ量を気にする必要がなくなります。また一緒に旅行しているメンバーも、WiMAXに繋げば、みんなでデータ通信を楽しむ事ができますね。

パソコンとの優先接続で安定化も可能

WiMAXは無線でWiMAX2+の電波を受信し、 さらにWi-Fiでパソコンやスマートフォンと接続しています。そのため、速度が低下する要因を受けやすくなっています。

そこで役に立つのがこのクレードル。クレードルから直接優先でパソコンと接続することによって、速度を安定化させることができるのです。

有線のケーブルは、WiMAXの速度を生かしきるためにカテゴリー5e以上のものを使ってください。

LANケーブルを使わなくても、USBケーブルで優先接続もできるので、その方法もおすすめです。実際にMacBookをつないで有線でWiMAXをテストしている結果をまとめています。

【関連記事】【めっちゃ簡単】Macbookを使っているなら、WiMAX W04で有線接続がイイですよ!メリット・デメリットまとめ 

こんな人にはWiMAX(W04)がおすすめ

ほとんどの人がWiMAXの方が良い

覚えておいてほしい事が、ほどんどの人がWiMAXの方がオススメだということ。その理由は3つあります。

  1. キャッシュバック
  2. エリア
  3. 3年縛り

ポケットWi-Fi自体の性能は悪くないのですが、上の3点のメリットが大きすぎるんです。

まずキャッシュバック。WiMAXの場合は、僕が契約しているSo-netをはじめ、ほとんどどこのメーカーのものでも、10000円以上のキャッシュバックを受けられるケースがほとんどです(So-netの場合は20000円)。

20000円のキャッシュバックがあれば、4ヶ月分はタダで使えるのと同じことになるので、かなりお得。一方ポケットWi-Fiにはそういったキャンペーンがほとんどありません。

キャッシュバックについて公式HPを見てみる ⇒ お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

また、データ容量をほどんど気にしなくても良い「ハイスピードエリア(ポケットWi-Fiの場合はアドバンスエリア)が現時点ではWiMAXの方が格段に広いです。

そして、最後に契約年数。WiMAXは2年ごとであるのに対して、ポケットWi-Fiの場合は3年縛りになっています。自由度という意味でWiMAXの方が有利ですね。

主要都市内で外出が多いビジネスマン

主要都市内であれば、WiMAXの方がおすすめです。理由は、ハイスピードエリアがポケットWi-Fiに比べて広いから。データを気にせずに使えるエリアが広いのはメリットです。

地方へ行く回数が少ないなら、WiMAXのエリア内に入ることがほとんどなので、安心して使えるでしょう。

主要都市で一人暮らししている大学生

こちらもビジネスマンとほとんど同じ意味合いになりますが、ハイスピードエリアが広い分、大学でも家でもWiMAXを使い倒す事ができます。

WiMAXをうまく使えば、スマホの通信量プランを一番低いものにして節約できるのも大きなメリットですよ。

こんな人にはポケットWi-Fi(603HW)がおすすめ

地方への出張が多いビジネスマン

主要都市ではめっぽう強いWiMAXですが、地方への出張が多い場合はポケットWi-Fiの方がおすすめです。ポケットWi-Fiは、アドバンスモードから標準モードに切り替えることで、Softbankの電波を追加料金なしで使えるようになります。

WiMAXも同様にauの電波を使えるのですが、この場合約1000円の追加料金が発生します。

地方に行き、アドバンスモードが圏外になった場合、大手キャリアの電波を使わないといけないシーンで、Softbankの電波を追加料金足で使えるポケットWi-Fiには大きなメリットがありますね。

速度重視の人

インターネットのダウンロード速度、そして反応速度(PING)の観点から言えば、ポケットWi-Fiの方が有利です。

記事の途中でも書いていたように、これまで測定を行ってきてポケットWi-Fiの方がPINGが良い傾向にあります。そのため、インターネットをより快適に使えるでしょう(あくまでWiMAXと比較しての話で、どちらも非常にハイレベルな中での比較です)。

まとめ

おすすめの項目でも書いた通り、キャッシュバックと3年縛りの関係から、WiMAXとポケットWi-Fiの両方とものエリア内なら入っているのであれば、WiMAXの方が断然オススメです。

僕も契約しているSo-net WiMAXならキャッシュバック分を月額料金から自動的に割り引いてくれる仕組みもあるので、ラクチンです(WiMAXのほとんどの会社が、キャッシュバックは数か月後に手続きをしないといけないケースが多いので、忘れてしまいそう)。

So-netはソニー系の子会社ということも安心なポイントの1つです。ぜひ検討してみて下さいね。

公式HPを見てみる⇒ お得なキャンペーン実施中!【So-net モバイル WiMAX 2+】

-Wi-Fiルーター

Copyright© SIMDIA|シムディア , 2017 All Rights Reserved.