Wimax・ポケットWi-Fi

【徹底解説】WiMAXとポケットWi-Fiの違いは?オススメな人はこのタイプ!

更新日:

持ち運びできる無線モバイルルーターは、docomo、Ymobile、UQコミュニケーションズ等、たくさんの種類の会社が出しています。数が多すぎて、何がなんだかわからない・・・という人も多いでしょう(僕も最初はそうでしだ)。

そこで、各モバイルルーターの違いについて、徹底解説していきたいとおもいます。それでは、行ってみましょう!!

 

スポンサーリンク

そもそも、 無線モバイルルーターとは?

その名前の通り「無線」で接続できて、「モバイル(持ち運び)」できる「ルーター(インターネットとコンピュータとの中継器)」です。この無線モバイルルーターは、メーカーによって呼び名が異なります。

  • Y!mobile:PocketWi-Fi(ポケットワイファイ)
  • UQコミュニケーションズ:WiMax(ワイマックス)

 

docomo、au、Softbankにもありますが、特定の名前はついておらず、「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれる事が多いですね。

 

大手キャリア?それとも?

ここで悩むのが、docomo、au、softbankといった、大手キャリアを使うべきなのか、ポケットWi-FiやWiMAXを使うべきなのか?ということ。この場合、間違いなくY!mobileやUQコミュニケーションズを選ぶ方が良いと断言できます。

その理由は、容量制限。大手キャリアの場合は、最大7GB/月までしか通信できませんが、Y!mobileやWiMaxは、7GB以上に使う事ができるからです。

 

なぜ多く通信できるの?

外で使うモバイルルーターの電波は、どこのものを使っているのでしょうか?

大手キャリアの場合は、スマホと同じ電波を使っています。一方、ポケットWi-Fiや、WiMaxの場合はスマホと同じ電波も使えますが、7GB以上のたっぷり使えるプランは、専用のWi-Fi基地局を準備しているからです。

大手キャリアが容量制限をかける理由は、スマホと同じ電波を使うので混雑すると速度低下するなど「通信品質」が落ちてしまうから。一方で、別に基地局を用意しているポケットWi-Fiや、WiMaxの場合は、月額の通信量を気にする必要がほとんどないのです。

 

ポケットWi-FiとWiMaxの基礎知識

ポケットWi-FiとWiMaxの違いを説明する前に、簡単にそれぞれの特徴について説明していきたいと思います。

ポケットWi-Fi(Y!mobile)

ポケットWi-Fiの場合、大きく分けて2つのプランがあります。一つはキャリアと同じく7GB/月(もしくは5GB/月)の制限で使う「Pocket Wi-Fi」プラン、そしてもう一つはWi-Fiの基地局を利用して、もっと使うことのできる「アドバンストオプション」が含まれたプランです。

それぞれの料金プランを比較してみると下記のようになります。

  • 5GB/月プラン:2,480円
  • 7GB/月プラン:3,696円
  • 7GB/月+アドバンス:4380円

 

5GB、もしくは7GBで制限が掛かっているコースのエリアは、ソフトバンクの提供する4G LTEのエリアと同じです。つまり、現在ソフトバンクのスマホが使えるエリアでは、5GB、7GBのプランは使えることになります。

一方で「アドバンスオプション」はどこでも使えるというわけではありません。対応しているエリアがあります。下記の青色が対応エリアです。

 

「自分の地域について、調べたい!」という人は、下記で調べてみて下さい。都市部ならほとんど、アドバンスオプションの範囲内に入ると思います。

【外部リンク】エリアマップ|エリア|Y!mobile(ワイモバイル)

 

ここまでをまとめると、Y!mobileのポケットWi-Fiは、基本的にソフトバンクの4G LTE回線を使っていて、必要に応じて、基地局を準備しておくことでたっぷり使えるアドバンスオプションを用意している、という形になります。

アドバンスオプションはどの機種でも使える訳ではなく、現時点では603HWのみ。レビューについては、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

WiMax(ワイマックス)

WiMaxにも大きく分けて、2つのプランがあります。こちらも7GBのプラン(UQフラットツープラス)と、それ以上にたっぷり使えるプラン(ツープラスギガ放題)です。それぞれの値段の違いは下記の通り。

  • ツープラス(7GB/月):3696円/月
  • ツープラス ギガ放題:4380円/月

 

WiMaxの場合は7GBでも、ギガ放題プランでもUQコミュニケーションズ専用の基地局を利用します。7GBの場合は、キャリアの通信網を使うY!mobileとはここが違います。

ただし、WiMaxがキャリアの通信網を使えないわけではありません。auの4GLTEを使いたい!!となった時には、「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替える必要があります。このオプション料金が1,005円かかります(使った月だけ請求)。

ここまで見ると、Softbankの電波をうまく使っているY!mobileの方が有利そうに見えますが、WiMaxにも大きな利点があります。それは、auの携帯電話を利用してるかどうか。

WiMaxには「auスマートバリューmine」という、auを使っていると最大934円/月料金が安くなる人がいます。さらに、ハイスピードエリアモードを使っても、au加入者の場合は、追加料金がかからないメリットがあります。

 

たっぷり使えるエリアの比較

一番注目してほしいのがこのエリア。Y!mobileとWiMaxは、通信量(ギガ)をたっぷり使えるエリアの広さが全く違います(アドバンスオプションとギガ放題エリアを比較して下さい)。

つまり、エリアを気にせずに通信量をたくさん使いたい場合には、WiMAXの方が絶対に良いのです。Y!mobileの青のエリア以外で使うと、7GB/月の制限にかかってしまうので、仕事上で使うなら、Y!mobileの4G LTEエリアの人は、WiMaxを使う方が無難です。

 

二つの速度差は?

Y!mobileのポケットWi-Fiの最新モデル「603HW」は最大通信速度が612Mbps、WiMAXが440Mbpsなので、最大ではYmobileの方が上です。しかし、実際には、ここまでの速度は出ませんし、そもそも必要ありません。

インターネットを楽しむ程度にもよりますが、大体のイメージとして下記くらいの速度が出ていれば十分に楽しめます。

  • 動画を楽しむ:10Mbps〜
  • インターネットを楽しむ:5Mbps〜
  • Twitterやゲームをする:1Mbps〜

600Mbpsくらい出れば、それは速くて嬉しいですが、現実的には30〜80Mbpsくらいが多いんじゃないでしょうか。下の記事でもテストしてますけど、この時も80Mbpsくらいでした。

【関連記事】【実機レビュー】YmobileポケットWi-Fi「603HW」のレビューとオンラインストアの申し込み方法

 

月額の料金差は?

7GBプラン、たっぷり使えるプラン(アドバンスオプション、ギガ放題)では価格差はありません。一番気をつけておきたいのは、WiMAXのハイスピードエリアモードの1,005円について。

auのLTEを使うハイスピードエリアモードを使用した月のみ、月額料金がかかってしまうため、高くなってしまいます。WiMAXの範囲外に行く可能性が高い場合は、Ymobileの方がおすすめです。

 

縛り年数の長さは?

縛り年数は、WiMAXが2年、Y!mobileは3年です。どちらも自動更新型です、WiMAXとY!mobileは解約月の考え方が違うので注意です。

  • WiMAX:契約満了月と翌月は解約金かからない
  • Y!mobile:契約満了時の翌月と翌々月は解約金がかからない。

 

【要注意】端末の割引方法が全然違う

Y!mobileのポケットWi-FiとWiMAXは、端末代はどちらも実質無料なんですけど、割引方法が全然違います

  • Ymobileは3年間かけて割引
  • WiMAXは最初から端末代無料

この端末代金に関する考え方がかなり違います。仕組みからいえば、WiMAXの方が良いのですが、結局早く解約すると、解約金が高くなるので、一概にはどうとは言えません。

ただ、契約の縛りが2年であることを考えれば、やはりWiMAXの方が有利かな、と思ってしまいますね。

 

どちらを選ぶべきか?

スマホがauならWiMAX一択

このパターンの人は間違いなく、こちらを選んでください。ポイントは下記の通り。

  • auスマートバリューで割引(934円)
  • ハイスピードエリアの使用料金が無料

auの料金が安くなるのはやはり大きなメリット。さらにハイスピードエリアの料金が無料となればこれを使うほかありません。

 

メインで使うところがギガ放題エリア内ならWiMAX

このパターンもWiMAXですね。メインで使うところがギガ放題可能ならWiMAXしかありません。上で書いた通り、ギガ放題が適用できる範囲はYmobileよりも広いのがポイントです。

 

WiMaxのギガ放題エリア外ならポケットWi-Fi

WiMAXのエリアの外で使う可能性があるなら、Y!mobileのポケットWi-Fiを使ってください。ソフトバンクのエリアで使う料金がすでに料金プランに組み込まれているので、こちらの方がお得です。

ここで7GBプランにするか、アドバンスオプション付きにするかを悩むところですが、もしアドバンスオプションのエリア内でネットを使うことがあるなら、契約してもいいかもしれません。

 

結論:エリアに合わせて選ぶのが得策

WiMAXとポケットWi-Fiのどちらが自分にあっているのか?について、今回記事にまとめてみました。 僕はギガ放題のエリア外で使うこともあるので、ワイモバイルの603HWを使っています。

自分の行動範囲がWiMAXで収まっていれば、WiMAXを買っていたんですけど・・・。こればっかりはしょうがないですね。ぜひ、自分に合う方を選んでみてくださいね。

Y!mobileの公式HPを見てみる→Y!mobile

WiMAXのキャンペーンについて

WiMAXはプロバイダ(インターネットの接続業者)を選ぶことができます。個人的に一番おすすめなのはSo-net(ソニーの子会社)です。理由は、老舗で、かつ大手であること、2万円のキャッシュバックがあること、そしてホームページがわかりやすいこと、です。

わからなければ、電話の問い合わせ窓口もあるので、オススメです。

キャンペーンページを見てみる→【So-net モバイル WiMAX 2+】

 

 

スポンサーリンク

 

WiMAX・ポケットWi-Fiに興味ある人が見た記事

Check!
【どこが安い?】モバイルルーターを徹底比較!おすすめはコレだ!2017!【WiMAX、ポケットWi-Fi】

このサイトで過去、モバイルWi-Fiルーター(WiMAX、ポケットWi-Fi)の ...

続きを見る

【購入レビュー】HOME L01を使って、据え置きWiMAX2+は固定回線の代わりになると思った

WiMAX2+として、W04、WX03を契約、購入して試してきましたが、今回、新 ...

続きを見る

【初心者向け解説】So-net WiMAXのメリット・デメリットまとめ(ソネット ワイマックス)

So-netのWiMAXを契約してもうすぐ1ヶ月。普通に使っても速いし、有線で繋 ...

続きを見る

どっちがお得?固定回線とWiMAXのスマートバリュー(mine)適用範囲の違い

auのスマートフォンを使っているのであれば、スマートフォンの値段を安くする一つの ...

続きを見る

私がSo-net WiMAX(ソネット ワイマックス)のキャンペーンを選んだ理由

WiMAXって、プロバイダ(サービスの提供会社)によって、キャンペーンたくさんあ ...

続きを見る

【実機レビュー】YmobileポケットWi-Fi「603HW」のレビューとオンラインストアの申し込み方法

Ymobile(ワイモバイル)から新しく発売されたポケットWi-Fi「603HW ...

続きを見る

-Wimax・ポケットWi-Fi

Copyright© SIMDIA|シムディア , 2017 All Rights Reserved.