android(アンドロイド)

【安いのに、使い勝手良し!】ASUSのZenFone Goを楽天モバイルで使ったのでレビュー・評価

更新日:

詳しくは後で書きますけど、ZenFone Go、2万円以下でこのクオリティの端末とか、ほんと凄い。これは売れる理由が良く分かりますね。

楽天モバイルから販売している端末は、「honor6plus」、「p9lite」と使ってきて、今回「ZenFone Go」をさらに追加で購入したのですが、この端末、激安の価格設定のくせして、あまりにも普通に動く、コスパの高い端末なんです。

何よりも注目は価格!

ZenFone Goの凄いところは兎にも角にも、価格。端末の本体代金はなんと2万円を切る価格になっています(記事執筆時、楽天モバイルでは、秋のキャンペーンを実施していて、さらに半額になり、9900円で販売されていました)。

普通、ドコモ、エーユーとかのキャリアで販売されているのをみると、基本的に、約8~10万円が普通。そう考えると、このZenFone Goがどれくらい安いのかが良く伝わると思います。

(2016/10/03追記)楽天モバイルでは「オータムセール」として、なんと7800円でZenFone Goが販売されています。2016年11月1日9時59分までなので、要チェックです。

 

普通に使えてしまうレスポンス

「安いなら、どっかに欠点あるでしょ?」と勘繰っている人、たくさんいると思います。たしかに欠点はあります。例えば内臓の保存容量が非常に小さい事(8GB)しかありません。

またCPUも1.4GHzクアッドコアなので、一般的なスマートフォンから見れば性能は決して高くはありません(この値段という事を考慮すると、十分以上なレベルなんですが。

ところが、CPUがさほど強くないにも関わらず、非常にサクサク動くんです。買う前までは、「価格ドットコムで上位ランクだけど、価格が安いからでしょ?どうせちょっとカクカク動くんじゃないの?」と勝手に思っていましたが、全然そんな事なかった。

とにかく快適なんです。このレベルで2万円切りとか信じられない。引っかかりやカクツクこともなく、普通通り使えているZenFone Go。他にも、導入時に既に入っている「ebooksjapan」という電子書籍アプリで、「進撃の巨人」を見てたんですが、電子書籍のような画像中心のファイルでも、サクサクページ送りができるのは意外でした。処理速度で言えば、これで十分ですね。

カメラが意外にキレイ

ZenFone Goのカメラは決して画素数が高い訳ではありません。800万画素なので、一般的なものからすれば、低い部類に入ります。しかし、既にスマホで撮影する画像には画素数の頭打ち感があるため、拡大印刷しないとその差は見えにくくなっています。

画素数以上に、ZenFone Goの魅力的な部分が、明るいレンズとオートフォーカスのスピード。特にオートフォーカス、動画で紹介したいくらいなのですが、非常に速いし、正確。価格以上の価値がある印象を受けました。

ちなみに、下記の写真は、ハイエンドモデルであるiPhone7 Plus(1200万画素×2のデュアルレンズ)と、ZenFone Goを比べたものになります。もちろんハイエンドなiPhone7 Plusの方が綺麗ですが、ZenFone Goも十分綺麗。2万円という価格を考えれば十分なんじゃないでしょうか。

・ZenFoneGoで撮影した写真

f:id:tonashiba:20161002070125j:plain

・iPhone7 Plusで撮影した写真

f:id:tonashiba:20161002070411j:plain

大き目の5.5インチディスプレイで見やすい

画面が大きい事は正義。2万円以下のスマートフォンの中では、最大級クラスのZenFone Goは何をするのにも見やすいです。普段から5.5インチのスマートフォンを見ていると、逆に4インチのスマートフォンを見れなくなってしまうくらい。

ポケモンGOは対応だが、ARは不可

ポケモンGoのアプリが提供され始めてすぐにころは、ZenFoneGoは対応していませんでしたが、途中から対応になりました。残念ながら、ジャイロセンサーを搭載していないために、ARモードは使えませんのでご注意を。

この価格で、マルチキャリア対応端末なのは凄い

マルチキャリア対応端末とは、docomo、auどちらの格安SIM(MVNO)でも使える端末ということ。「iPhone」、富士通の「arrowsM02,M03」等があり、ASUSでは、ZenFone3(亜種のDeluxe)なども対応していますが、それらの中で現時点では最も安い端末になります。

マルチキャリア対応端末であることのメリットは、docomoとauの電波の使い分けができること。自宅や職場の電波状況に応じて、キャリアを選択できるのは大きなメリットです。

※・・・楽天モバイルはdocomo網を使った格安SIM(MVNO)です。au網を使った格安SIMでおすすめなのは、mineoですね。

まとめ

実際に使ってみた印象をまとめると、「快適に使えて、2万円切る価格、ほんと凄い!!」という感じ。今回ASUSのスマホを初めてちゃんと購入して使ったのですが、満足度が高いです。今後、ZenFone3も買う予定にしているので、より楽しみになりました。

冒頭でも述べましたが、オータムセールがかなりお得。2016年11月1日9時59分までは、7800円でこの端末が購入できちゃいます。対象端末はもちろんZenFoneGoだけではなく、他のZenFoneシリーズや、HuaweiのMateS、国産スマートフォンのarrowsRM02も対象になっています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

スマホに興味ある人が見た他の記事

【高級路線】格安をウリにしないSIMフリースマホが魅力的!?オススメ5選

最近、流行りの格安SIM。一緒に格安スマホ(正確には、格安SIMフリースマホ)と ...

続きを見る

【2017年11月】これがオススメ!3万円以下で買える格安スマホランキング【iPhone,android】

最近は電車の中でも、どんどん格安スマホを使っている人を見かけるようになってきまし ...

続きを見る

【2017年10月】5万円以下で買えるおすすめSIMフリー格安スマホランキング【iPhone,android】

この記事は、格安SIMに乗り換えるときにスマートフォンに5万円くらいまでならかけ ...

続きを見る

【徹底レビュー】ASUSのZenfone3を使ってみた感想(良い点、悪い点まとめ)

2016年の冬にASUS(エイスース)から販売されたZenfone3(ゼンフォン ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-android(アンドロイド)

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.