ガジェット

ラトックシステムのワットチェッカー「Eco-Rex」で電気代を測ってみる

更新日:

f:id:tonashiba:20151226220212j:plain

普段、電気代がどれくらいかかっているか、を知ると節約したい気分に襲われてしまいます。どうも、こんにちは、せいごです。

さて、我が家には以前から活躍している、電気量測定器「ラトックシステム製、Eco Rexのワットチェッカー」なるものを導入しています。このワットチェッカーを使って、電気代が高いものを把握し、使用頻度が低いような家電製品は、コンセントを抜くなり、ブレーカーを落とすなりしています。

どんな風に、このワットチェッカーを使うのか、簡単に記事にまとめてみました。それでは、行ってみましょう!!

Eco-Rexのワットチェッカーの使ってみた感じ

外観は、写真の通りで、コンセントが差し込める口がついたようなタイプになります。逆側にはコンセントの差し込みが付いており、このワットチェッカーを、測定したい機器との間に挟むイメージです。

f:id:tonashiba:20151226220213j:plain

実際に取り付けている写真がこちら。後で電気量(電気代)は紹介する、瞬間湯沸かし器の取り付け様子です。基本的に本体の設定は、差し込むだけでOK。後はアプリで全て操作、設定していきます。

f:id:tonashiba:20151226220214j:plain

ちなみに操作するアプリは販売元のRATOC Systemが出している公式の「BTWATTCH」というアプリを使用します。

BTWATTCH

BTWATTCH
無料
posted with アプリーチ

f:id:tonashiba:20151226221534p:plain

こんな感じで、使用している電気量がわかるのは節約の観点からめちゃくちゃ重要だと思っています。「己を知れば百戦危うからず」的な感じです。

他にも、興味があってトライしてみたのが、家の固定ネット回線の電気代。インターネットを無線LANで常時飛ばしているので、意外に電気代がかかっているのでは?、という推測の下、測定しました。ちなみに、固定回線の現状はこんな感じ。

f:id:tonashiba:20151226220211j:plain

まぁ、こんな感じになっちゃいますよね。家電の線がだらしないのが嫌いな、芸能人の細川茂樹さんに見られたら怒られそうな感じ。これにワットチェッカーを取り付けて、12日間測定し続けた結果がこちら。

f:id:tonashiba:20151226222022p:plain

意外にも12日間で106円も掛かっているのです。一日8.3円位でビックリ。インターネットの固定回線を使う事で当然お金がかかりますが、電気代でも300円弱くらいは持っていかれるんですね。

僕は、固定電話を置いていないので、置かれている家庭はもう少し高くなるんでしょうね。あぁ、もったいない。

こんな感じで自分の家の電気量を計測する事ができます。めっちゃ便利ですよ。

「ワットチェッカー」まとめ

スマホと連携して、電気量を調査する事のできるラトックシステムの家電「Eco-Rex(エコレックス)」。これで色んなところを測定する事で、節約ポイントを見極めれるようになりました。ちなみに、一時期僕よりも妻の方が測定にハマっていて、どこで節約できるかを探し回っていました。

唯一デメリットを挙げるとすれば、200Vの測定ができない事。エアコンが寒冷地仕様で200Vのタイプのため電気量の測定ができないんですよね、そこだけが残念です。

-ガジェット

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2018 All Rights Reserved.