iPhone

iPad pro 9.7inch、iPhoneSEのCellular(セルラー)版について思うところをまとめてみました

更新日:

ついに発表されましたね新しいiPhone SEと、iPad pro 9.7inch。どちらも、ほぼ、事前に流れていた噂通りのスペックになっています。

これらのスマートフォンの基本情報は、数多くのサイトやブログで記事になっているので、そちらにお任せして、ここでは通信機能を搭載したCellular(セルラー)モデルについて、詳しく記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

iPad pro 9.7inchのCellular版

2つのラインナップに

今回、すごく嬉しかったのが、Cellular版のラインナップが二種類あったこと。通常のiPad proは128GBしか用意されておらず、価格が10万円オーバーでした。

それに対して、今回の小型版iPad proでは、32GBのCellularモデルが販売され、値段は8万円台になっています(これでも決して安くはないのですが・・・)。

32GBだと、ちょっと、心許ない気持ちにはなりますが、写真もほとんど撮らないし、まぁ大丈夫かなぁと、思ってます。

このモデルにクラムシェル型のカバー(発売されれば、Clamcaseのやつ)をつけて、ノートパソコンスタイルですぐに立ち上げて使えるモバイルとして使いたいですね。ブログでネタ書きには最高のツールになりそう。

iPad Pro 9.7インチをノートパソコンのように使えるオススメカバーを6個紹介します

iPad Proは、画面サイズがそれなりにあるため、ノートパソコンのように使う人 ...

続きを見る

 

ピンクが女性に人気出そう

街でも見かけることの多くなった、ローズゴールド。iPad pro 9.7inchにも、基本のカラーバリエーションとして販売されることになりました。

女性でこのカラーがいいなと思う人はすごく多いんじゃないかなぁと勝手に考えてます。僕の周りでも、iPhone6だったのに、わざわざローズゴールドに変えた女性が何人かいたくらいですから。

また個人的な感覚では、電車の中でタブレットを使う女性がすごく多く感じています。よくツムツムしてたり、本読んでたりする人、見かけるんですよね。

この2つの理由から、iPad pro 9.7inchが意外に女性に受けるのでは?と推測しています。最近、パソコンとタブレットの境界が薄くなってきていることもありますから、パソコン代用としても多そう。

 

Cellular版で使えるキャリア、格安SIM

大手三キャリアは、もちろん投入してくるでしょうね、このiPad pro 9.7inch。どんどん、店先のandroidの居場所が奪われている気がしないでもないですが・・・。

また格安SIMの方は、(あくまで予想ですが)docomo版はちゃんと使えるのではないかと思います。理由は、iPhone6,6sでのiOS9.3で使える報告が格安SIMメーカーから上がってきているから

一方で、iOSの影響を受けやすいau版の格安SIMを取り扱うmineo(マイネオ)、UQ mobile(ユーキューモバイル)、fiimo(フィーモ)あたりは気になるところ。発売日付近の更新情報には気を付けたいところですね。

 

LTEの対応band数が増加

ちょっとマニアックな話ですが、iPad pro 9.7inchでは、対応のband数が増加し23個となりました。さらに、LTE-ADVANCEDにも対応し、300Mbpsの通信が使えるようになっています。

iPad proのサイズはもとから、netfixやhuluと、いった動画再生ツールとしてはぴったりですから、出先でCellularモデルを使うことで快適に動画再生を楽しめるでしょう。

ZenFone
【2017年11月】ASUS(エイスース)ZenFoneシリーズのラインナップまとめ

この記事では、スマートフォンメーカーASUS(エイスース)のZenFone(ゼン ...

続きを見る

iPhone SE

久しぶりの4インチ

iPhone5sから2世代またいでの登場となった4インチiPhone。外見はほぼ変えずに、中身がiPhone6s級となりました。iPhone6でその大きさから、敬遠していた人達からすれば、ちょうど良い端末の登場となり、appleの抜けていた穴を補完するようなモデルだと思います。

また、iPad pro 9.7インチ同様にこちらもローズゴールドの設定があるのもポイント。4インチ×ローズゴールドの設定は、手の小さい女性にとって選びやすい端末になるのではないでしょうか。

 

価格設定がちょうどいい

一連の発表の中で、一番驚いたのが価格設定ですね。なんと、499ドル(日本円で52,800円)から、SIMフリーが販売されるということ。iPhoneシリーズは価格上昇の一途をたどっており、十万円を超えるモデルになっていました。

それに対して、iPhoneSEの性能に対してこのコストパフォーマンスはかなり大きいなぁというのが、正直な印象。格安スマホとまではいかないながらも、セカンドスマホや、初SIMフリースマホとしては、手を出しやすい価格設定なんじゃないかと思います。

 

まとめ

お手頃サイズのiPad proが販売されるということで、いつも以上にテンションの上がっていた今回の発表会。噂通りのスペックが多かったものの、やはり凄くテンションをあげてくれました。

ところで、発表会の朝Twitterのリアルタイム検索したら1~10位までのランキングの中に、apple関連の他におそ松さんの話題が二つがランクインしてた・・・。おそ松さん、恐るべし。

 

 

スポンサーリンク

 

スマホに興味ある人が見た他の記事

【高級路線】格安をウリにしないSIMフリースマホが魅力的!?オススメ5選

最近、流行りの格安SIM。一緒に格安スマホ(正確には、格安SIMフリースマホ)と ...

続きを見る

【2017年11月】これがオススメ!3万円以下で買える格安スマホランキング【iPhone,android】

最近は電車の中でも、どんどん格安スマホを使っている人を見かけるようになってきまし ...

続きを見る

【2017年10月】5万円以下で買えるおすすめSIMフリー格安スマホランキング【iPhone,android】

この記事は、格安SIMに乗り換えるときにスマートフォンに5万円くらいまでならかけ ...

続きを見る

【徹底レビュー】ASUSのZenfone3を使ってみた感想(良い点、悪い点まとめ)

2016年の冬にASUS(エイスース)から販売されたZenfone3(ゼンフォン ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-iPhone

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.