LINEモバイル(ラインモバイル)

iPhone8/8PlusとiPhoneXに!格安SIMはLINEモバイルが個人的に第一候補な理由を解説

更新日:

ガジェット好きにはたまらない、年に一度の祭典でiPhone8/8Plus、そしてiPhoneXの発表が発表されました。

iPhone8シリーズは2017年9月15日には予約開始、そして9月22日には発売されます(iPhoneXは10月27日予約開始、11月3日から発売)。おそらく、Apple Storeから、SIMフリーモデルが販売されると思います。

これまでのiPhoneを格安SIMで使ってきた私が、格安SIMの相性と、注意点についてまとめた上で、なぜLINEモバイルが第一候補か説明したいと思います。

それでは、いってみましょう。

 

例年通りなら、Apple StoreからSIMフリー購入可能

発売された直後から、すぐに格安SIMでiPhone8もしくは、Xを使うなら、SIMフリーモデルを購入する必要があります。SIMフリーモデルは、全国にあるAppleの直営店舗で手に入れるか、もしくは、インターネットのApple Storeで購入する方法があります。

通常なら、ネット上のApple Storeで購入する方が無難でしょう。

 

格安SIMを使うならLINEモバイルをおすすめする理由

私自身いくつかの格安SIMをレビューのために契約していますが、LINEモバイルのメリットはとても大きいです。以下の3つがその利点として挙げられます。

  1. 電話かけ放題が10分(月額880円)
  2. コミュニケーションフリープランでSMSのデータカウント無し
  3. 格安SIMの中では通信速度が速い

 

電話かけ放題が10分

格安SIMの安さと、シェアにとらわれてオプションをあまり見ていないと損をすることになります。その一番のポイントが、「電話かけ放題」。

格安SIMは、会社によって5分かけ放題、10分かけ放題を用意しているケースがほとんどです。長さに違いはあるものの、ほとんどの会社が5分でも10分でも、800円台になっています。電話かけ放題の違いを表にまとめてみました。

楽天モバイル 5分 850円
楽天モバイル 無制限 2380円
mineo 10分 850円
NifMo 10分 830円
Biglobe 3分 650円
IIJmio(短い人用) 3分 600円
IIJmio(長い人用) 10分 830円
nuroモバイル 10分 800円
LINEモバイル 10分 880円
Y!mobile 10分 基本料内
Uqmobile 5分 基本料内

 

このように値段はほとんど変わらないにも関わらないのなら(しかも080,090発信できる)、10分かけ放題を選ぶべきだと思います。

 

SNSのデータカウント無しのコミュニケーションフリープラン

LINEモバイルには大きく分けて、3つの通信プランがあります。

LINEフリープラン LINEが使い放題
コミュニケーションフリープラン LINE,Twitter,Facebook,instagramが使い放題
MUISC+プラン 上記に加えて、LINE MUSICが使い放題

 

中でも魅力的なサービスが、コミュニケーションフリープラン。名前が示す通り、コミュニケーションに関わるアプリ(Twitter、Facebook、LINE、instagram)のデータ通信量がかかりません。

この仕組みにより、

  1. 月額データ通信量を抑えられる
  2. 容量制限がかかった時でも、LINEやTwitterなどを高速通信で使えてイライラしない

という2つの大きなメリットが生まれます。妻はLINEを使って、両親に子供の写真を送ることが多いため、コミュニケーションフリープランの恩恵を多大に受けていると思います。

 

格安SIMの中でデータ通信速度が速い

恐らく格安SIMを使う上での、最大のトラブルはいざ契約してみたものの、思ったよりも通信速度が出ない、という問題です。

あまり大っぴらには言いませんが、本当に通信速度が遅い格安SIMがあります。私も何度か経験して、そういった会社のものはすぐに解約しています。

LINEモバイルは現時点では通信速度はとても安定しています。格安SIMの速度が落ちやすい平日の昼の時間帯(12:00~13:00)でも、通信速度は速めになっていて、使い勝手は良いですね。

 

LINEモバイルをおススメする理由のまとめ

一旦ここで簡単にまとめると、LINEモバイルは「でんわのかけ放題のプランが長くて、データを節約でき、通信速度が比較的速い」格安SIMで、使い勝手の良いのでおすすめです。

もちろん、テザリングが無料で使えたり、子供が有害なサイトにアクセスできないようにする「i-フィルター」なんかも無料でついてくるメリットがあります。

さらに詳しくは、下記を参考にして頂ければと思います。

【関連記事】【初心者向けレビュー】LINEモバイル(ラインモバイル)を使った感想・評判

 

第二候補はマイネオ(mineo)

基本的にはLINEモバイルがおすすめですが、場合によってはmineoがオススメな人もいます。それは、「家族で使う人」です。

LINEモバイルは優秀な格安SIMですが、家族間でのサービス(割引)は用意されていません。そのため、複数回線割引を使う場合にはマイネオの方が安くなるメリットがあります。

iPhoneでマイネオを使った記事は下記でより詳しくまとめています。

【関連記事】iPhoneでマイネオの格安スマホを1年以上使った正直な感想

 

他のdocomo回線系はどう?

楽天モバイルについて

おそらく、ここに上がっていないもので気になる格安SIMといえば、メインで使われている格安SIMとしてシェアNo.1の「楽天モバイル」でしょう。

楽天モバイルも悪いSIMではないのですが、その一番のメリットを発揮するパターンは、楽天モバイルと同時に公式のandroid端末を購入する場合です。楽天モバイルは、端末割引の大きい格安SIMなのです。

裏を返せば、iPhoneのように端末を最初からApple Storeで購入することが決まっている場合には、ほとんどメリットが出てきません。

 

楽天カードを持っている場合だけは別

ただし、メインで使っているカードが楽天カードの場合だけは話が異なります。楽天カードを保有している場合、楽天スーパーポイントを使い、月額の料金に当てる事ができるからです。

 

au回線系の格安SIMはどうか?

auの回線を用いた格安SIMといえば、mineo、IIJmio、他にもQTモバイルなどがあります(サブブランドのUQmobileについては別に説明します)。

結論を言えば、SIMフリーのiPhone8を購入するつもりであれば、au系の格安SIMはやめておいた方が無難です。

その理由は、パソコンやスマートフォンを無線で接続する「テザリング」が使用できないからです。

テザリングを使用しない、かつ電波がau回線でないと入らない、という場合でなければ、au系の格安SIMをあえて選択する必要はないでしょう。

 

サブブランド系の格安SIMはどうか?

UQmobile(ユーキューモバイル)はテザリングNGの可能性

au回線では、現時点でデザリングが使えるかどうかわからないのですが、実はiPhone7/7PlusのSIMフリーモデルでは、残念ながらUQmobileのテザリングを使うことはできませんでした。

【関連記事】UQモバイルでiPhone7 Plusを使ってみて感じた評価まとめ

 

iPhoneではありませんが、UQmobileの場合はiPadのSIMフリー版も今はデータ通信を起動することができません。どういったシステムになっているのかは、中の人のみぞ知る状況です。

UQ mobileは、サブブランドを含む格安SIMの中では最速なので、おすすめしたいところですが、テザリングの問題をかかえていることもあり、現時点では、胸を貼ってオススメしづらい状況です。

 

Y!mobile(ワイモバイル)もあり

同じサブブランド系の格安SIMであれば、UQmobileよりもY!mobileの方がオススメです。UQmobileとY!mobileは似ていますが、iPhoneの特徴を合わせて考えると以下の違いがあります。

  • Y!mobileの場合、電話かけ放題は10分
  • Y!mobileはテザリング可能

 

特に、2つめのテザリング可能になっていることが、ポイントですね(当初、SIMフリーモデルのテザリングは不可でしたが、対応決定済み)。

サブブランド系、という位置づけもあって速度も非常に快適な格安SIMなので、LINEモバイルをはじめとする、一般的な格安SIMより高くても、品質が良い方を取る人は、Y!mobileを選択した方が良いでしょう。

※Y!mobileはネットで申し込み可能ですが、いざとなれば、近くの店舗で聞けるという強みがあるため、スマホが苦手なら、いざという時の店舗利用もありですね。

 

MNPで安くしてキャリアで ⇒ 格安SIMに乗り換えるなら

最後に、iPhone8、iPhoneXを格安SIMで使う方法として、キャリアで購入したものをそのまま使う、ということもできます。この場合は、docomo、au、softbank、どこのキャリアを選んでも大差ありません。

その理由はどこのキャリアを選んでも、後からSIMロック解除して使うことができるからです。

 

結論:iPhone8,iPhoneXを使うならLINEモバイルがおすすめ

今回はiPhone8/8Plus、そしてiPhoneXのSIMフリー版が販売されることを見越して、現状の格安SIM各社の状況を踏まえた上で、おすすめの格安SIMを考えてみました。

これまでに熱く語らせて頂いた通り、現時点でのもっともおすすめな格安SIMは値段、オプション、使い勝手の観点から、LINEモバイルです。

せっかくiPhoneを8もしくはXに新調するなら、格安SIMに変えて、節約して、iPhoneのグレードを一つあげるのもアリかもしれませんよ。

公式ページを見てみる⇒LINEモバイル

もっと詳しくLINEモバイルについて知りたい人はこちらをどうぞ。

【関連記事】【初心者向けレビュー】LINEモバイル(ラインモバイル)を使った感想・評判

 

 

LINEモバイルに興味ある人が見た記事


LINE PAY(ラインペイ)でLINEモバイルを支払うメリットと申し込み、設定方法まとめ

LINEモバイルのメリットの一つである、プリペイド型のカードである、LINE P ...

続きを見る


【実機評価】LINEモバイルでiPhone8Plusを使ってみたまとめ【レビュー・評判】

先日発売されたiPhone8Plus。今回は、LINEモバイル(ラインモバイル) ...

続きを見る


mineo(マイネオ)を解約してLINEモバイルにiPhone6sでMNPした記録と注意点まとめ

先日、初めて格安SIMから格安SIMへの乗り換え(MNP)を行いました。乗換元は ...

続きを見る


【2017年9月】LINEモバイル(ラインモバイル)のキャンペーン・キャッシュバック情報まとめ

iPhone7 Plusを使ったLINEモバイルのスピードテストの記事でお伝えし ...

続きを見る


-LINEモバイル(ラインモバイル)
-, ,

Copyright© SIMDIA|シムディア , 2017 All Rights Reserved.