iPhone8のオススメ手帳型ケースならJMEI。リピーターがその理由を徹底解説します

更新日:

iPhone8/8Plusを守るために、手帳型のケース(カバー)を買おうと思っている人、結構いらっしゃると思います。保護するだけじゃなくて、カードや、お金を入れられるため、いざとなればそれだけで出かけることもできて、便利。

私も手帳ケースを使うことが多いのですが、中でもJMEIはリピートして使うほどお気に入りです。なぜリピートしてまで買うのか? その理由を詳しく解説します。

 

重要なお知らせ

UQモバイルでは最大13,000円分のキャッシュバックを実施中(もちろんiPhoneも対象)。対象者は、以下のページで説明しています。

【キャッシュバック有】UQモバイルのキャンペーンと注意点について

手帳ケースメーカー「JMEI」とは?

JMEI(ジェイエムイーアイ)は、手帳型のケースを中心に取り扱うケースメーカーです。楽天市馬の「JMEI」ショップを見ていただくとわかりますが、iPhoneだけでなく、ほとんどのスマホ端末のケースをたくさん取り扱っていて、たくさんの種類があります。

 

この写真の通り、私が(実は私だけでなく妻も)リピートする第一の理由がこの「様々なラインナップがあること」。

男性なら、合皮のモデルから、値段は高くなりますが本革のモデルもありますし、女性なら、リボンのような装飾の付いたモデルから、まるでバックのように使うこともできるケースの取り扱いまであるんです。

私が過去に購入しているJMEIのケースは、こちらのPLUTUS(プルータス)シリーズのものです(iPhoneではなく、ZenFone3のケースです)。

 

また、他にもiPhone6s用のケースとして、マグネットボタンの付いたTRION(トライオン)のケースを購入しています。

 

汎用から高級志向まで多彩なラインナップ

よくあるのが、amazonなどの通販ショップを見て、「手帳をどれにしようかな?」と考えていても、色々ありすぎるし、なによりショップ(商品)によって、品質の評価バラツキがあまりにも大きくて、悩むことがあると思います。

JMEIの場合は、まずラインナップがたくさんあって、ほとんどの人を満足させてくれる種類があります。

例えば、手帳ケースがとりあえず欲しい!という人には、私も購入した「PLUTUS」がリーズナブルが良いでしょう。

 

一方ダンディな大人の雰囲気を出すなら、「Classic(クラシック)」が良いと思います。ベルト留め部分がメッキ加工されており、他の手帳ケースとは少し違うお洒落さがあります。

 

他にも、ハンドベルトが付いた「Charon」というモデルも、本革で高級志向な男性におすすめです。

 

一方で、女性もシンプルな「PLUTUS」が良い人も入ればもっと装飾が煌びやかな、「Daisy Flip」や「Dots」というモデルがあります。

 

大人な女性を演出するなら「MUSA」なんかもいいかもしれません。

 

他にもヒョウ柄、ゼブラ柄の手帳ケースがあるため、他の人とかぶりやすいiPhone8でも、自分の好みに合わせた(逆に奇抜なものもで人と被らないようにする)手帳ケースを選ぶことができます。

 

品質が良いから、この中から選べる安心感がある

先ほど少し書いたように、これだけのラインナップが色々な会社から出ていたら、会社によって作りの違いがあり、悩むことがあると思います(デザインがいいのに、★が一つ、みたいなこと経験ありませんか?)。

JMEIの場合、私が購入した製品は全く問題なく使えています。私の妻に買う時にも、「このラインナップの中から選んでくれる?」というように、どれを選んでも良い、安心感がありました。

これこそが、JMEIを選ぶメリットだと思っています。

 

iPhoneに装着した様子はどんな感じ?

こちらはiPhone6s用ですが、JMEIの手帳ケースの写真を撮影してみました。アクセントカラーが効いています。

 

上の写真のように中身の手帳部分には、カードが2枚入るようになっています。TRITONは1枚、PLUTUSは2枚で、JMEIのモデルの中にはもっと入るものもあります。

色々と自分の手持ちカード枚数に合うものを選ぶと良いでしょう。

ボタン部分もマグネットがスムーズに止まるようになっています。JMEIの打ち込まれている文字がかっこいいですね。

 

紐を通すためのストラップホールもちゃんとあります。

 

こちらはマグネットのないタイプのPLUTUS。中身は同じようにカードが入るようになっていますが、マグネットはありません。

中身の赤いステッチがアクセントとなっていてお洒落です。赤ステッチ部分にカードを一枚挿入可能です。

 

小さな心配りが嬉しかった

届いたら、たぶんびっくりすると思いますが、配達物の中には、「感謝の気持ち」の手紙が入っています。直筆ではなく、印刷ですが、こういった小さな心配りは嬉しいものです。

 

おまけのタッチペンは・・・いらないかも

JMEIのケースを購入すると、先ほどの手紙だけでなく、タッチペンが付いてきます。JMEIのケースはいいんですけど、残念ながらタッチペンは要らない・・・かな。タッチペン派じゃないので、全然使わないんですよね。

 

もし画面汚れるのがイヤでペンを使いたい人にはいいかも。無料で付いてくるので、そこまでクオリティは高くありませんが、お試しして見るぶんにはいいと思います。

 

iPhone8のおすすめ手帳ケースランキング(男性編)

あくまでかっこいいなと思う個人的なランキングです。商品説明もするので参考になればと思います。画像は楽天にリンクしておいたので、興味ある手帳カバーの画像をクリックしてもらえれば、カラーの確認ができます。

※まだiPhone8が発売していないので、リンク先はiPhone7です。ただし公式のケースを見てもように、iPhone7と8はほぼ互換性がある(サイズもほとんど同じ)ようなので、あまり気にする必要はないかもしれません。

1位.ZAN(ザン)

今回iPhone8で私が買おうと思っている手帳ケース。

シンプルな外観ながら、本革でシックに決められる感じがかっこいいです。キャメルのような落ち着いた色から、本革のブルーのお洒落な色まであるので、選択の幅が広いモデルです。

楽天市場を見る⇒ZAN

 

2位.Charon(シャーロン)

ZANと異なり、ボタン止め部分が大きくなっているモデルです。こちらも革製品。

中の切替しカラーがとてもお洒落な上、手持ち用のベルトがあるため、落としにくい特徴があります。

楽天市場を見る⇒ Charon

 

【番外編】ZENUS(ゼヌス)

特に注目の高級なケースがこちらの「ZENUS Vintage Diary(ゼヌス ヴィンテージ ダイアリー)」です。こちらは、生産はJMEIではありませんが、販売を行っている手帳ケースになります。

楽天のHPで見ていただくとわかりますが、イタリア製の天然ヌバックレザーがめちゃくちゃカッコイイです。「ZAN」を買おうと思っているのですが・・・すごく悩みます。お金に余裕があれば、これ一択かな。

楽天市場を見る⇒ZENUS Vintage Diary

 

iPhone8のおすすめ手帳ケース(女性編)

続いて女性編です。シックな感じのものから派手なものまで、選んでみました。

1位.MUSA(ミューザ)

お洒落なリボンのついたケースがこちらのMUSAです。リボンとメッキがアクセントになっていていい感じですね。

ピンク、レッド、ブラックなど、女性よりのカラーが多いので、お気に入りが見つかるのではないでしょうか。

楽天市場で見る⇒MUSA

 

2位.TRITON(トライトン)

iPhone6sで使っているケースがこちらのTRITONです。フリップカバーに加えて、マグネットのボタン止めが付いています。TRITONは他に比べて、切り返しで大きく色の変わるモデルが多いため、見た目が楽しいモデルが多いですね。

楽天市場で見る⇒TRITON

 

【番外編】GAZE

こちらは、男性編で紹介した「ZENUS」同様に、JMEIが生産している訳でなく、販売を行なっているケースになります。

見ての通り、なかなか街中でも見かけないケースですが、だからこそ、とてもインパクトの強いケースになっています。画像はクロコダイル調のシルバーメタリックですが、他にもゴールドメタリックなどたくさんの種類があるため、「GASE」のラインナップを見てみても良いでしょう。

楽天市場を見る⇒iGAZE Hologram Gold Croco Diary

 

iPhone8/8PlusでもJMEIのケースは買います

iPhone8/8Plusを買うつもりなので、その時にはケースを新調したいと思います。今まで本革モデルを購入したことがないので、今回は、本革にチャレンジする予定(おそらく,ランキングに買いた通り、ZANを買うと思います)。

手帳ケースを買うことを悩んでいる人は、ぜひ一度「JMEI」の公式ショップを見て、お好みのものがあるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか?

JMEIの公式ショップをチェックしてみる⇒ ジェイエムイーアイ

-スマホケース

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2018 All Rights Reserved.