マイネオ(mineo)

マイネオ(docomoプラン)をiPhoneSEで設定!使ってみた感想(評判)も!

更新日:

今回は、マイネオ(mineo)でiPhoneSEをDプランで使ってみた感想をまとめていきたいと思います。

iPhoneSEは、UQモバイルや、Ymobileでも購入できるので、そのあたりの比較も合わせて報告していきます。それでは、いってみましょう!!

テストに用いたiPhoneSEについて

今回テストに用いたiPhoneSEは、Apple storeで購入したSIMフリーのiPhoneです。iPhoneの中では、5万円を切る価格となっており、もはや格安スマホと同レベルではないかと思えるレベルの値段になっています。

値段的には、とても魅力的なので、新しくスマートフォンを購入しようとしている人は、ぜひとも検討の一つに入れてみるのもありな端末です。

今回はSIMフリー端末を用いていますが、docomoのiPhoneSEを使っている人も全く同じ手順で使用できますので、ご安心を。

マイネオの設定

設定をする前に

iPhoneSEでマイネオの設定をするにあたって、必要なものは下記の通りです。

  1. iPhoneSE
  2. マイネオのSIMカード
  3. Wi-Fi環境
  4. (MNPする場合)回線切り替えるための他のPC、スマホ

(MNPする人のみ)マイネオのマイページから切り替え設定

まずは、iPhoneSEでの設定をするためにマイページから回線の切り替えを行いましょう。ホームページ右上のマイページからアクセスして、回線切り替えするだけなので、とても簡単。

時間は、およそ30分程度で完了するため、スマートフォンが使えない時間はほとんどありません。この間に、次の作業を終わらせましょう。

マイネオのSIMをセットしよう

マイネオのDプランで設定するためにiPhoneSEにSIMの設定をしていきます。まずはマイネオから送られてきているSIMカードを本体へセットします。

iPhoneSEのSIMトレイは、側面にあるので、ここへピンを入れて、トレイを引き出します。アルミ製のトレイで、高級感がありますね。

ここへ、マイネオから送られてきたSIMカードを載せて戻して、iPhoneの電源を入れます。しばらくすると、画面に左上に3Gアンテナが現れます。しかしこの時点では、音声通話しか使うことができません。

マイネオのプロファイル設定

引き続き、iPhoneSEの4Gの通信設定を行なっていきます。この時に、Wi-Fi環境が必要となるので、注意が必要です。

まず、ネットに繋がっている状態で、マイネオの公式HPのプロファイルのページへアクセスします。ここでプロファイルをインストールします。

まずは、プロファイルのページにアクセスして、インストールを行います(「次へ」を押していけばOK)。実は、インターネットの接続はこれだけでOK。めちゃくちゃ簡単なんです。

この時点で、たまになんですがプロファイルが設定できていても、4G LTEに繋がらないことがあります。その時は一度機内モードにしてみてください。実はこれだけで、すぐに繋がることがあります(写真の飛行機マークが機内モード)。

それでも繋がらない場合は、再起動してみることをおすすめします(それでも繋がらない場合は、SIM不良の可能性があるので、マイネオに問い合わせてください)。

実際に使ってみた感想・評判

マイネオとiPhoneSEでの通信速度は?

まず、マイネオは非常に使いやすい格安SIM。2年以上契約していますが、とにかく普段の使用で困ることはまずありません。

実際に、iPhoneSEとマイネオを組み合わせてスピードテストを行なってみた結果がこちら。これだけスピードが出ていれば、十分です。

iPhoneSEは画面が小さいですが、動画を見ることがあるかもしれません。もちろん、動画も全く問題ありませんよ。

ステータスバーのウィジェットが良し

マイネオをiPhoneで使う場合は、ステータスバーのところでウィジェットを設定することができます。このウィジェットを用いることで、通信量を確認したり、低速モードの切り替えができます。

特に低速モードの切り替えがかなり便利で、Twitterなどは低速モードでも十分できます。低速モードでは通信量を消費しないので、うまく使い分けをすることで、節約が可能です。

テザリングももちろんOK

iPhoneSEとdocomoプランの組み合わせの場合は、タブレットやパソコンを接続するテザリングももちろん使用可能です。

余談ですが、上でも書いた低速モードでもテザリングすることができるので、メール作業だけなら、低速モードで行うと、通信量の節約ができますよ。

iPhoneSEとマイネオの組み合わせでできないこと

MMSが使えない

マイネオでiPhoneを使う上で、気をつけておかないといけないのは、このMMS(マルチメッセージサービス)が使えないことです。

マイネオでは@mineo.ne.jpのメールアドレスが無料でもらえますが、これはMMSには対応していません。この点は注意が必要です。

しかし、MMSに対応していなくても、Swingmailというメールアプリには対応しており、こちらではチャットを使うことができます。設定も簡単なので、ぜひ使ってみて下さいね。

Swingmail -チャット形式にまとまる無料メールアプリ

Swingmail -チャット形式にまとまる無料メールアプリ
開発元:BHI Inc
無料
posted with アプリーチ

Yモバイルと比較してどうか?

Yモバイルで公式として販売されているiPhoneSEと比べると、メリットとしては価格、デメリットとしては、速度とMMSの対応ですね。

まず値段については、断然マイネオの方が安いです。Yモバイルは、Softbankのサブブランドなので、その分高くなっています。

また、MMSもYモバイルの場合は対応しています。マイネオはMMSには対応していないので、デメリットとなります。

UQモバイルと比較してどうか?

Yモバイルと比較した場合と全く同じで、UQモバイルの場合もメリットは価格、デメリットは速度とMMSです。特にUQモバイルは、格安SIMの中ではダントツの速度の速さなので、価格が許すなら、YモバイルよりもUQモバイルがオススメ。

ただし、注意してほしいポイントとしてUQモバイルの場合は、au回線を使うため、人によっては、家や職場の電波がdocomoよりもauが入りやすい、という人もいるはずです。

自宅の通信環境がdocomoにとって悪いのであれば、au回線のUQモバイルを選ぶ方が無難です。

UQモバイルとiPhoneSEの組み合わせ記事については下記にまとめているので、参考にどうぞ。

【関連】【通信速度が速い!】iPhoneSEを使うならUQモバイルがオススメ!実際に使って感じたその理由 

iPhoneとマイネオ(docomoプラン)の組み合わせまとめ

格安SIMは難しそう・・・と思われる人が多いかもしれませんが、実際のところ、やっている作業は、MNPの回線切り替えと、プロファイルのインストールを行なっているだけです。

それだけで、キャリアで契約して払っている通信料金を大きく下げることができます(おそらくほとんどの人が5000円くらいの節約)。iPhoneの場合は設定も楽なんで、本当におすすめですよ。

マイネオの公式HPを見てみる→mineo

-マイネオ(mineo)
-

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.