android(アンドロイド)

ファーウェイからP10liteが登場。同じ価格帯のnova liteとの徹底比較まとめ【キャンペーン、最安値情報も】

更新日:

ファーウェイから、新機種であるP10liteが登場しました。この機種は、大人気なファーウェイの機種である「nova lite(ノヴァ ライト)」とほぼ同じ価格帯のスマートフォンであり、P9 liteの後継機にあたります。

今回はこちらのP10 liteについて、nova lite そしてP9liteとの比較を行っていきたいと思います。それではいってみましょう。

 

スポンサーリンク

先に結論:買うなら絶対にP10 liteです

ミもフタもないことを言ってしまいますが、買うなら絶対にP10 liteをおすすめします。その理由は通信速度です。

実は、P10 liteは、前機種の「P9lite」や、同価格帯の「nova lite」と比較して、4G LTEのモバイルデータ通信、および無線LANの規格がP10 liteの方が圧倒的に優れているのです。

どのようにP10 liteと他の機種が違うのか、詳しくは次の項目から説明していきたいと思います。

 

ポイント1:モバイルデータ通信の速度の違い

まずは、全体のスペックの前に、P10lite、P9lite、そしてnova liteのモバイルデータ(4G LTE通信)と、Wi-Fiの対応規格についてのみ比較した表を書いてみました。

機種名 P10 lite nova lite P9 lite
最大通信速度 262.5Mbps 150Mbps 150Mbps

 

こちらを見ていただくとわかりますが、P10 liteはモバイルデータ通信の速度が他の物と比べて速くなっていることがわかります。

意外と知られていないのですが、格安SIMは値段が安いグレードはこの通信速度が落ちているケースが、よくあります。通信速度が落ちるとその分、快適性が落ちてしまいます。

P10liteは262.5Mbpsとなっており、残りの2機種と比べて、1.75倍スピードが速くなっており、外での通信をよりサクサクと使えることができますよ。

 

ポイント2:Wi-Fiの対応規格

正直モバイルデータ通信よりもこちらのWi-Fi規格の方に注目してほしいのですが、P10 liteと他の2機種のWi-Fiの対応は全く異なります。

機種名 P10 lite nova lite P9 lite
無線LAN(a) × ×
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac) × ×

 

特に、P10liteはWi-Fi規格である「ac」に対応しているのが最も大きなポイントです。最近の無線LANは、通常でもn規格、そして上位機種には「ac」が搭載されています。

それぞれの規格の深い説明は、別の記事でするとして、シンプルに「ac」はWi-Fi規格の中でも最速で使える無線LANなんです。

つまり、家の固定回線がどれだけ速いものを契約していたとしても、「ac」を使っていなければ、その実力を最大限発揮できないのです(nとacは最大速度で10倍以上速度が違います)。

【参考:BAFFALOのHP】http://buffalo.jp/products/catalog/network/11ac/concept.html

 

アプリの更新などは基本的に家で行うはず。出来る限りスピードを速めておいた方が快適に使えるでしょう。

 

通信速度の観点から見てP10 liteは最良の選択肢

このように通信速度のスペックを見ると、モバイルデータ通信、そしてWi-Fiの規格から考えて、確実にP10 liteの方が良い選択肢です。

特に、スマートフォンは一度買い換えると大体2年は買い換えません。予算との都合もありますが、3万円以下であれば、P10liteは非常に良いスマートフォンだと思いますね。

 

他のスペックについてはほぼ横並び

通信速度以外の観点で見た場合には、P10lite、P9lite、nova liteはほとんど横並びです。

機種名 P10 lite nova lite P9 lite
画面サイズ 5.2インチ 5.2インチ 5.2インチ
重さ 146g 146g 147g
OS 7.0 7.0 7.0
CPU Kirin658 Kirin655 Kirin650
RAM 3GB 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB 16GB
バッテリー 3000mAh 3020mAh 3000mAh
カメラ(アウト) 1200万画素 1200万画素 1300万画素
インカメラ 800万画素 800万画素 800万画素
au VoLTE対応 対応予定 PREMIUMで対応

 

画面サイズ、バッテリー、指紋認証、カメラなどほどんど差がないために、これらを基準に選ぶのは難しいでしょう。

ただし、P10 liteだけは保存容量が32GBのため、より多くのデータを保存できる事は一つのメリットです。

 

ポケモンGo対応か?

もちろんP10liteは、GPS、そしてジャイロセンサーに対応しているためポケモンGoにも対応しています。前機種のP9liteが対応していなかっただけに、ここからの乗り換えユーザーも多そうですね。

 

カラーラインナップが多いのはメリットかも

HUAWEI P10 lite Smartphone | Mobile Phones | HUAWEI Globalより引用)

P10liteは、比較している3機種の中では、最もカラー展開の多い5種類となっています。

  1. サファイアブルー
  2. パールホワイト
  3. ミッドナイトブラック
  4. プラチナゴールド(SIMフリー専用)
  5. サクラピンク(UQモバイル専用)

 

個人的には、日本っぽい名前が付いている「サクラピンク」が気になりますね。UQモバイル専用モデルということで、購入できる人は限られますが、気になるところです。

 

P10liteとnova lite、P9liteの比較まとめ

それぞれの端末を比較してみて、改めてP10 liteは非常に良い機種だと感じます。私自身P9 liteを購入した時にも、「良い機種だな」と感じていました。

そのP9liteが、さらに一回り良い機種になっています。「予算3万円くらいで最も性能が良いスマホが欲しい」と悩んでいる人には、ぜひP10 liteを購入して欲しい、そう思える機種ですね。

 

P10liteの端末を買うなら楽天モバイルで

メインで使われえる格安SIMでシェアNO.1の楽天モバイルは、端末割引が大きく、お得にスマホを手に入れられる格安SIMなので、同時購入で節約したい人にはおすすめ。

特にコミコミプランを利用した場合のメリットがかなり大きくなっています。コミコミプランがどれくらい詳しく解説しているので、よければこちらを参考にどうぞ。

【関連】楽天モバイルのコミコミプランは本当にお得か?検証(計算)してみた!

 

楽天モバイルを使った感想が知りたい人は、初心者向けに記事を書いているので、下記を参考にしてみて下さい。

【関連】楽天モバイルを使ったまとめ【楽天サービスとの組み合わせがおすすめの格安SIM】

 

キャンペーン、キャッシュバック情報

端末を購入するのであれば、「NifMo」もキャッシュバックをやっています。その理由は、端末購入時の現金キャッシュバックが大きいから。

キャンペーン詳細については下記の記事でまとめているのでよければ、参考にしてみて下さい。ちなみにキャッシュバックは専用ページからしかできないので、注意してくださいね。

【関連】ニフティの格安SIM「NifMo(ニフモ)」のキャンペーン情報まとめ

【専用ページリンク】ニフティMVNOサービス申込(端末セット)

また、「NifMoって、どんな格安SIM?」と基本から知りたい人は以下のページで紹介しているので参考にしてみて下さい。

【関連】【初心者向けレビュー】NifMo(ニフモ)を使ったのでメリット、デメリット総まとめ【口コミ・評判】

 

 

スポンサーリンク

 

スマホに興味ある人が見た他の記事

【高級路線】格安をウリにしないSIMフリースマホが魅力的!?オススメ5選

最近、流行りの格安SIM。一緒に格安スマホ(正確には、格安SIMフリースマホ)と ...

続きを見る

【2017年11月】これがオススメ!3万円以下で買える格安スマホランキング【iPhone,android】

最近は電車の中でも、どんどん格安スマホを使っている人を見かけるようになってきまし ...

続きを見る

【2017年10月】5万円以下で買えるおすすめSIMフリー格安スマホランキング【iPhone,android】

この記事は、格安SIMに乗り換えるときにスマートフォンに5万円くらいまでならかけ ...

続きを見る

【徹底レビュー】ASUSのZenfone3を使ってみた感想(良い点、悪い点まとめ)

2016年の冬にASUS(エイスース)から販売されたZenfone3(ゼンフォン ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-android(アンドロイド)
-,

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.