LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイル(ラインモバイル)でiPhoneを使う場合の注意点、デメリット

更新日:

格安SIMとしては後発になるLINEモバイルですが、LINEを始めとするSNSのデータ通信量がカウントされない(コミュニケーションフリー)というインパクトのあるプランを引っさげて登場しました。

こういった、ネットし放題のサービスの中では珍しくお昼時も速度が安定して出ていて、現時点では、間違いなく一番おすすめできる格安SIMになっています。

値段も格段に安くなるし、「LINEモバイルを使ってみよう」と思っている人も多いんではないでしょうか。一方、「安いし、何かデメリットがあるんじゃないの?」と思っている人もいると思います。

今回は、そんなLINEモバイルをiPhoneで使った場合の注意点、デメリットについてまとめていきたいと思います。それではいってみましょう。

 

softbank、auで契約したiPhoneはそのまま使えない

まず、iPhoneならどのモデルでも使えるわけではありません。何も手続きせずにすぐLINEモバイルが使えるのは「docomo」と「apple storeで直接購入したSIMフリー」のiPhoneだけです。

その理由は、LINEモバイルがdocomo回線を利用して、音声通話、データ通信サービスを提供しているからなんです。

しかし、au、SoftbankのiPhoneが全く使えないというわけでもありません。6s、SE、7(Plusモデルも)であれば、「SIMロック解除」という手続きをすれば、LINEモバイルが使えます

 

SIMロック解除の条件は、キャリアでiPhoneを購入してから、6ヶ月以上経っていること。期間が過ぎていれば公式ショップに持っていくか、もしくは各キャリアのウェブサイトからSIMロック解除が可能になります。

SIMロック解除について

auの場合はSIMロック解除可能かどうかはインターネットで調べる事ができます。

【参考サイト】SIMロック解除の可否判定 | My au

 

Softbankの場合は可否判定のサイトが用意されていないため、My SoftbankにてSIMロック解除できるかどうかを調べるか、お近くの公式ショップで確認してもらうようにしてください。

 

MMSは使えない

LINEモバイルはキャリアメールアドレスの発行されません。そのため、MMS(マルチメッセージサービス)は、使うことができません。

そのため、私はgmailをメインのメールアドレス、知人はLINEで、周りの人と連絡を取り合うようにしています。

 

かけ放題のプランが選べない ⇒ 改善予定

かけ放題がないのもLINEモバイルの特徴です。最近は数多くの格安SIMでかけ放題が提供されていますが、残念ながらLINEモバイルにはそれがありません。

LINEの無料通話を駆使して電話をする人は問題ありませんが、正規の電話番号(080,090)で電話することが必須な人には、LINEモバイルは向きません。

 

【追記】

LINEモバイルが「かけ放題プラン」を2017年夏に開始することをプレリリースにて発表しています。

音声通話が弱点であったLINEモバイル。プラン内容にもよりますが、かけ放題プランがスタートすることで弱点が無くなると予想しています。

 

家族とのシェアは自動ではない

データの通信料が余った時のシェアは、LINEモバイルでは自動ではできません。LINEモバイルと、ご自身のLINEを連携させた上で、LINEにてデータを送付する必要があります。

しかし使ってみると、LINE上でのデータの送付が意外なほど簡単なので実はあまりデメリットではない印象です(むしろ必要なタイミングで、その時々に合わせた量を送れるので、使いやすい)。

データの送付については、最初にLINEのアカウントとLINEモバイルのIDを紐づける必要があります。この方法については、下記に詳しくまとめているので、よければ参考にしてみて下さい。

【関連記事】ラインモバイル(LINE MOBILE)をLINEアプリと連携してお得に使う手順(データプレゼント、1%ポイント) 

 

おまけ:意外にもできること

これは利点なんですが、LINEモバイルの場合、iPhoneでも端末の持ち込み保証を適用することができます。月々の保険金として、500円がかかるので、決して安くはありませんが、iPhoneを壊した時のことを考えると、有難いオプションなんではないでしょうか。

注意点は、端末保証を適用するにあたって、手続き料金として1回目4000円、2回目8000円がかかります。その他の条件については、LINEモバイル公式HPをご確認下さい。

 

LINEモバイルのまとめ

こうやって並べてみると、人気のLINEモバイルもデメリットが無い訳ではありません。しかし、実際に使っている一人として思うことは、これらのデメリットがあるから使えないという人はあまりいないんじゃないか、と感じています。

もし、docomoのスマホを使っていて、「このデメリットくらいなら、全然問題ないなー」と思うようであれば、格安SIMを使わないと絶対に損ですよ。

キャリアと比べれば月5000円くらい安くなりますから。ぜひ一度料金を公式ページで見てみて下さいね。

公式HPを見てみる→LINEモバイル

 

LINEモバイルをiPhoneで実際に使ってみた感想については、下記のページで詳しく説明しているので、こちらも合わせて参考にしてみて下さい。

【参考記事】LINEモバイル(ラインモバイル)をiPhone7 Plusで使ってみた感想・レビュー 

 

 

LINEモバイルに興味ある人が見た記事


LINE PAY(ラインペイ)でLINEモバイルを支払うメリットと申し込み、設定方法まとめ

LINEモバイルのメリットの一つである、プリペイド型のカードである、LINE P ...

続きを見る


【実機評価】LINEモバイルでiPhone8Plusを使ってみたまとめ【レビュー・評判】

先日発売されたiPhone8Plus。今回は、LINEモバイル(ラインモバイル) ...

続きを見る


mineo(マイネオ)を解約してLINEモバイルにiPhone6sでMNPした記録と注意点まとめ

先日、初めて格安SIMから格安SIMへの乗り換え(MNP)を行いました。乗換元は ...

続きを見る


【2017年9月】LINEモバイル(ラインモバイル)のキャンペーン・キャッシュバック情報まとめ

iPhone7 Plusを使ったLINEモバイルのスピードテストの記事でお伝えし ...

続きを見る


-LINEモバイル(ラインモバイル)
-

Copyright© SIMDIA|シムディア , 2017 All Rights Reserved.