格安SIM(MVNO)

格安SIMを申し込むなら注意!「microSIM」、「nanoSIM」ってなんのサイズ?

更新日:

格安SIM(格安スマホ)を初めて購入しようと思った時に、おそらく一番最初にSIMサイズを問われると思います。特に、端末を移行しようとする場合、自分のSIMサイズがわからずに困るはず。

そんな人のために、SIMのサイズについて解説していきたいと思います。それでは、いってみましょう。

SIMのサイズは大きく分けて3サイズ

SIMカードには、大きく分けて3種類があり、「標準」、「micro(マイクロ)」、「nano(ナノ)」の3種類があります。どのサイズを選んだとしても機能は全て同じで、中には電話番号情報が入っています。

これらのSIMサイズは、スマートフォン側のトレイのサイズに合わせてセットする必要があります。

例えばiPhoneの場合は、5シリーズ以降全てnanoサイズとなっています。最近のスマートフォンはほとんどnanoSIMかmicroSIMが多いですね。

docomoでもauでも対して変わらない

基本的にdocomo、auなどのキャリアでも、格安SIMを使っていても、これらのサイズの基準は変わりません。

auの場合はマルチSIMカードがある

先ほど、SIMカードにはそれぞれのサイズがあると言いましたが、実は、auのVoLTE対応SIMだけは、そういったサイズに悩む必要がありません

その理由は、下記のようにSIMカードがパズルのようになっており、一つのSIMカードでどのサイズにも対応できるようになっているからです。

取り外すのが、結構難しい・・・という難点は抱えているものの、注文するサイズを悩まなくても良いのは一つのメリットかもしれません。

デュアルSIMの場合は?

最近のスマートフォンにはデュアルSIMと言って、SIMカードを2枚させる機能がついているものがあります。

例えば、2016年から爆発的な人気のあるZenfone3や、2017年からコストパフォーマンスが高いことで有名なHuawei nova liteなどがそれに当たりますね。

デュアルSIMの場合でnanoSIMとmicroSIMのどちらにも対応しているパターンがありますが、これらの場合はどちらのSIMカードを入れても機能する場合がほとんどです。

SIMカードが合わない場合は、サイズ変更で

私はスマホマニアなこともあって、色んなスマートフォンでSIMカードを差し替えて試すことがよくありますが、SIMのサイズがもとよりも小さい場合は、SIMアダプターを使って、サイズを変更することができます

一番小さいnanoSIMであれば、他のサイズのトレイにも対応できるので、SIMアダプターは結構重宝しています。

SIMアダプターを使って接続すると、抜けなくなることがあります(私自身もかなり苦労した機種があります)。アダプターを用いて変換するときは、必ず自己責任でお願いします。

SIMカッターの存在があるがオススメしない

SIMのサイズが小さいときはアダプターで調整することができますが、大きいときはどうしようもありません。そんな時の候補として切断して小さくするSIMカッターがありますが、個人的にはおすすめしません。

その理由は、docomo系のSIMは返却する必要があるから。SIMカッターで切断して返却したことは、私自身ないのでわかりませんが、もしかしたらお金を取られるかもしれません。

SIMカードは、個人に与えられているものではなく、あくまでも通信会社からの「レンタル」という扱いです。そのため、カッターで切る行為はレンタルしているものを切る行為ということを忘れないでください。

格安SIMで端末をそのまま使う場合は確認を

キャリアから乗り換えて、格安SIMを使おうと思っている人は、SIMカードのサイズを自分で選ばなくてはなりません。

その場合に、SIMのサイズを間違えて注文すると、余計な手間がかかるばかりか、SIMカードの交換手数料(2000〜3000円くらいが相場)を取られることがほとんどです。

しかも、インターネットで手続きでいる会社であれば良いですが、電話でしかSIMカードの交換を受け付けていない会社なら散々です。

申し込む前にかならず自分の端末のSIMカードのサイズを確認するようにしてください。

例えば、このサイトでも一押ししている LINEモバイルでも対応端末とSIMカードの対応については公式ページで確認できるようになっています。

端末を新しく購入する場合

この場合は、あまり気にする必要がなく端末購入時に、自動的にSIMサイズを選んでくれる会社がほとんどです。

もしSIMカードがどれかわからない!!ということであれば、一つの選択肢として、端末を新しく購入しても良いかもしれません。

「SIMのサイズについて」まとめ

SIMのサイズについてお分りいただけましたでしょうか。格安SIMは、安くなるかわりに、店舗がないため、自分でこういったサイズ確認を行う必要があります。

とは言っても、公式ページで自分のSIMサイズを確認して、合ったものを申し込むだけなので、そんなに苦労はしませんけどね。

参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

 

スマホに興味ある人が見た他の記事

【高級路線】格安をウリにしないSIMフリースマホが魅力的!?オススメ5選

最近、流行りの格安SIM。一緒に格安スマホ(正確には、格安SIMフリースマホ)と ...

続きを見る

【2017年11月】これがオススメ!3万円以下で買える格安スマホランキング【iPhone,android】

最近は電車の中でも、どんどん格安スマホを使っている人を見かけるようになってきまし ...

続きを見る

【2017年10月】5万円以下で買えるおすすめSIMフリー格安スマホランキング【iPhone,android】

この記事は、格安SIMに乗り換えるときにスマートフォンに5万円くらいまでならかけ ...

続きを見る

【徹底レビュー】ASUSのZenfone3を使ってみた感想(良い点、悪い点まとめ)

2016年の冬にASUS(エイスース)から販売されたZenfone3(ゼンフォン ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-格安SIM(MVNO)

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.