【改悪】LINEモバイルのSIM発行手数料が追加!損をしないために(2017年2月1日~)

更新日:

メインのモバイルデータ通信として使っているLINEモバイルですが、なんとSIM発行手数料という初期費用が新たにかかる事になりました。今回はそのSIM発行手数料に関する内容と、「損をしないためにはどうしたら良いのか?」についてまとめていきたいと思います。

 

重要なお知らせ

UQモバイルでは最大13,000円分のキャッシュバックを実施中(もちろんiPhoneも対象)。対象者は、以下のページで説明しています。

【キャッシュバック有】UQモバイルのキャンペーンと注意点について

SIM発行手数料に関する変更内容

結論から言うと、初期費用に400円のSIM発行手数料がかかるようになります。これまでは、3000円だったので、単純に400円の値上げになります。

あくまで、この内容は"初期の"費用として400円のSIM発行手数料が出てくる、ということです。そのため、SIMサイズを交換する等、"契約の途中で新たにSIMを発行する"場合は今まで通り3000円(税抜)となっています。

 

+400円の適用はいつから?

タイトルにも書いていますが、2017年2月1日からこのSIM発行の手数料400円が適用されます。

特に注意してほしいポイントが、「2017年1月中に申し込みを行っていたとしても、手続きの処理上、2017年2月受付となって、SIM発行手数料が400円かかってしまう」ということ。

LINEモバイルの受付スピードはとても速く、僕の場合は申し込みの次の日には受付されていました(但し申込、受付どちらも平日、データSIMの申し込みのみ)。一応、お金に関わる事なので、受付が速いとはいっても、一週間くらいは余裕を持っておきたいものですね。

 

まとめ

節約のために格安SIMを申し込むはずですから、どうせなら少しでも安くしたいですよね。受付手続きの兼ね合いも考えて、1月末にならないように余裕を持って申し込みをすることをおすすめします。

僕自身も1本データ通信を追加する予定なので、1月中にやってしまいたいと思っているところです。

余談ですけど、今ならデータ容量3GB×3カ月間プレゼントしてもらえるキャンペーンをやっています(このキャンペーンは2017/3/31まで)。1月末までに、申し込み完了すれば、SIMの発行手数料400円もかからず、データも手に入れられますよ~。

LINEモバイルの公式HPを見てみる⇒ LINEモバイル

 

 

LINEモバイルに興味ある人が見た記事


LINE PAY(ラインペイ)でLINEモバイルを支払うメリットと申し込み、設定方法まとめ

LINEモバイルのメリットの一つである、プリペイド型のカードである、LINE P ...


【実機評価】LINEモバイルでiPhone8Plusを使ってみたまとめ【レビュー・評判】

先日発売されたiPhone8Plus。今回は、LINEモバイル(ラインモバイル) ...


mineo(マイネオ)を解約してLINEモバイルにiPhone6sでMNPした記録と注意点まとめ

先日、初めて格安SIMから格安SIMへの乗り換え(MNP)を行いました。乗換元は ...


【2017年11月】LINEモバイル(ラインモバイル)のキャンペーン・キャッシュバック情報まとめ

iPhone7 Plusを使ったLINEモバイルのスピードテストの記事でお伝えし ...


-LINEモバイル(ラインモバイル)

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2018 All Rights Reserved.