UQmobile(UQモバイル)

【実機レビュー】UQmobileでThinkPad X1 Carbonを使ってみた評価|au回線でもOK

更新日:

新しく購入したノートパソコンThinkPad X1 Carbon(2017)。画面も大きく、キーボードの打ち心地もよいため、メインマシンとして快適につかっています。

今回は、そんなThinkPadを、au回線の格安SIMである「UQmobile」で使ってみました。それでは、いってみましょう。

用いたUQmobile回線はau Volteのデータ高速プラン

今回テストに用いた回線は、UQモバイルが出している「データ高速プラン」です。

UQモバイルは、ホームページで、おしゃべりプラン、ぴったりプラン、というかけ放題や電話定額といった、通話に力を入れたサービスを提供しています。

実はそれだけではなく、データ通信に力を入れた「データ高速プラン」というプランがあります。

このデータ高速プランは、音声通話タイプとデータ通信専用タイプの2種類ありますが、今回利用したのはデータ通信専用タイプ(3GB)です。

料金表は以下の通りです。

データ高速プラン

音声有 1680円
データ専用 980円

 

データ無制限プラン

音声有 2680円
データ専用 1980円

 

用いたパソコンはX1 CarbonのLTE搭載タイプテストに用いたパソコンはX1 CarbonのLTE搭載したタイプ。モデルは2017。core-i7でメモリ16GBにしています。SIMフリーであるかどうかと別に、とても快適に使えるパソコンです。

 

そもそもX1 Carbonはau回線に対応している?

今回使っているThinkPadは、au回線に対応しています(テストしたSIMはau VoLTE SIM)。少しマニアックな情報ですが、下記が対応バンドになります。

LTE 1/3/8/18/19/21/28/41
3G 1/6/8/9/19

 

docomo回線、au回線どちらでも使えるので、事務所移転や、急な引っ越しがあっても、電波の良い方を選択できます

シングルSIMトレイなので、簡単に切り替えはできませんが、SIMトレイはパソコンの背面にあり、アクセスが良いので、SIMの交換は簡単です。

 

UQmobileを用いてスピードテストした結果

実際に、UQモバイルを用いて測定した結果がこちらです。まず一つめは、google検索画面での、スピードテスト結果がこちら。

 

続いて、画像読み込みで遅くならないかを検証したBNRスピードテスト、画像読み込み版でのテスト結果がこちら。

 

どちらも5Mbps程度出ており、すごく速い!というわけではありませんが、十分使える速度です。

ちなみに画像を見ていただくとわかりますが、平日の12時台に測定しています。他の格安SIMは12時台は速度が落ちることを考えると、優秀な測定値だな、と改めて感じます

 

節約(低速)モードも使えます

UQモバイルを使うことになれば、外で仕事する上で気になるポイントは、「低速モードが使えるかどうか?」ではないでしょうか。

UQモバイルは他の格安SIMと異なり、低速モードが300kbpsで速い(他はほとんど200kbps)のでビジネス文書(ワード、エクセル)程度なら簡単にこなせるはずです。

結論を言えば、低速モードであってもちゃんと使うことができます。アプリで低速モードにした上で、通信速度測定した結果がこちらです。

 

続いて、さらに確認するためにBNRスピードテストを用いて検証した結果がこちらです。

 

どちらの結果も300kbps以下となっており、ちゃんと低速モードになっていることがわかります。

 

アプリ必須のため、スマホ一台なら面倒かも

Thinkpadで低速モードを使う上で、覚えておきたいポイントは、アプリで管理するため節約モードへの変更は、スマホ1台につき1つしか出来ないことです。

 

スマートフォンをUQモバイルで使っている場合には、スマホかパソコンどちらかの速度変更しかできないことを注意しなくてはなりません。

 

UQmobileでも使えるので、マイネオのAプランでも使えるはず今回は試していませんが、UQモバイルで使える、ということは同じau回線を提供している格安SIMのmineo(マイネオ)も使えることになります。

また、IIjmioや、Biglobe、QTmobileもその対象になりますね。

 

UQmobileとマイネオのどちらが良いか?

 

高速最強は間違いなくUQmobile

速度面で考えれば、間違いなくUQモバイルです。本家本元のauと比較しても、ほとんど変わらない速度が出ています(場合によっては超えることも)。

マイネオも決して遅くはありませんが、昼や夕方の速度低下を考えればUQモバイルに軍配が上がります。

 

3GBプランしかないことが弱点

UQモバイルの弱点は、データ専用のSIM「データ高速プラン」が月3GBのプランしかないことです。

また、データチャージ、繰越はできますが、家族とのパケットシェア、パケットのプレゼントができないデメリットがあります。

データのプランが増えたり、パケットのシェア方法が広がれば、WiMAXやポケットWi-Fiを脅かす存在になりそうです。

 

データシェアではmineoにメリットあり

 

UQモバイルには、データシェアができないことを書きましたが、mineoはデータシェア、パケットギフトが可能です。

スマートフォンでのデータ(ギガ)と、パソコンで使うデータ量を一元管理できることはメリットではないでしょうか。

 

UQmobileでThinkPad X1 Carbonを使ったまとめ

今回は、UQモバイルの格安SIMを用いて、lenovo ThinkPad X1 Carbonの通信テストを「高速モード」、「低速モード」の両方で行ないました。

au VoLTE SIMで動作を確認し、快適に使えることも確認済みです。特に低速モードを利用して、ビジネスシーンで無駄なパケットを使えるようにできるのは、スマホが支給されていない会社員にとっては大きなメリットだと感じてました。

ThinkPad X1 Carbonはめっちゃいいパソコンなんで、ぜひ仲間になりましょう。

公式で見てみる⇒ThinkPad X1 Carbon公式

 

他のSIMフリーパソコンのラインナップに興味がある人はこちらをどうぞ。

【2017年10月更新】格安SIMに対応したSIMフリーパソコンおすすめ7選【ノマドに】

最近たくさんSIMフリーのパソコン(4G LTEに対応して無線LANにつながるP ...

続きを見る

 

UQモバイルに興味がある人が読んだ記事

【ちゃんと押さえよう】UQモバイルのデメリットと、意外と欠点ではないこと

docomo系の回線が使われることの多い格安SIMの中では、珍しくau回線を使っ ...

続きを見る

サイト限定
【キャッシュバック有】UQmobile(ユーキューモバイル)キャンペーンお得情報まとめ|2017年10月版

格安SIMはどこもキャンペーンを数多く実施しており、UQモバイルももちろん実施し ...

続きを見る

UQモバイル(ユーキューモバイル)でiPhone8を使うまでの設定方法と口コミ・評判

iPhone8が発売され、使ってみて感じたのですが、かなり良い機種ですね。とにか ...

続きを見る

徹底比較!au系格安SIMのmineo(マイネオ)とUQmobile(ユーキューモバイル)の違いを解説

au系の格安SIMであるmineoとUQ mobile。同じ通信サービスをやって ...

続きを見る

【初心者向け】UQ mobile(ユーキューモバイル)の評判、メリット、デメリットまとめ

シムディアを訪れていただきありがとうございます。今回は格安SIMマニアな僕がUQ ...

続きを見る

 

-UQmobile(UQモバイル)

Copyright© SIMDIA|シムディア , 2017 All Rights Reserved.