Wimax・ポケットWi-Fi

WiMAX2+のおすすめ機種はW04! WX03、HOME L01と徹底比較してみた

更新日:

無線でインターネットを楽しむことができるWiMAX2+を契約する場合、大きく分けて、「W04、WX03、L01」の3つのモデルが存在します。

今回はWiMAX2+の機種のうち、モバイル型のW04と、WX03の比較と、モバイル型と据え置き型の違いについて、実際に使った上で比較し、特徴をまとめてみました。

それでは、詳しくいってみましょう!!

 

スポンサーリンク

結論「一番のおすすめWiMAX機種はW04」

それぞれについての結論の前に、まず結論から言っておくと、WiMAX2+を契約するのであれば、W04が絶対におすすめです。

理由は詳しく後ほど述べますが、ポイントは以下の通りです。

  1. 電波の入りがWX03よりも良い
  2. 電源のON/OFFスピードがW04の方が速い
  3. ハイスピードプラスエリアモードが使える

それではそれぞれの機種の特徴と比較にいってみましょう。

 

WiMAX端末の特徴

W04、WX03、HOME L01は同じUQ WiMAXの回線を使う無線のインターネットサービスですが、実は細かなところで、機種の能力やサービスの提供範囲が異なります。

それらの差を表にしてみたのがこちらです。

機種名 W04 WX03 HOME L01
メーカー ファーウェイ NECプラットフォームズ ファーウェイ
重量 140g 110g 493g
連続通信時間 540分 740分 常時コンセント接続
持ち運び ×
ハイスピードプラスエリアモード ×

 

メーカーについて

W04とHOME L01はファーウェイという中国のメーカーが作っています。中国で作っている、ということで不安に思う人もいるかもしれません。

しかし、ファーウェイはあのiPhoneを作っているアップルに次ぐ世界第3位のスマートフォンメーカーで、日本でもすでにたくさんのスマホが発売され、価格.comでも評価が高くなっています。

一方、WX03は日本のメーカーであるNECプラットフォームズという会社が作っています。

 

持ち運び(モバイル)について

W04とWX03は、見ての通りモバイルルーターとして持ち運びに適したサイズになっています。WX03の方が少し軽めの設計になっています。

一方、HOME L01は据え置き型のルーターとなっており、中にバッテリーを搭載せずにコンセントから電力を供給するタイプになっています。

 

ハイスピードプラスエリアモード

WiMAX2+には、大きく分けて二つのモードがあります。

  1. WiMAX2+エリア
  2. ハイスピードプラスエリア(au回線エリア)

 

WiMAX2+のエリアは、だいぶ広くなってきていますが、それでも一般スマホ回線ほどの広さは持ち合わせていません。

WiMAX2+のエリアの狭さをフォローするために搭載している機能が、ハイスピードプラスエリアモードです。

これは、au回線のエリアを利用することで、WiMAX2+のエリア外に出ても7GBまでなら、高速通信できる仕組みなんです。

こちらがWiMAX2+のエリア

 

こちらがau回線のエリアで、au回線の方が広い事がわかると思います。

 

このハイスピードプラスエリアモードを搭載しているのはW04と、HOME L01のみ。

HOME L01は据え置き型なので、ハイスピードプラスエリアモードのメリットはありませんが、W04は持ち運びが前提なので、もしもの時にau回線に接続してインターネットをすることが可能です。

 

ハイスピードプラスエリアモードのお得な使い方

ハイスピードプラスエリアモードは、auの回線を使用できるため、電波領域を広げることができますが、利用にあたっては通常1005円/月の利用料がかかります。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードの料金は無料にすることができます。それは、3年縛りにするか、auスマートバリューmineを使うことです。

3年縛りになるとは言っても、1005円/月を無料で使えるのは大きいので、WiMAX2+のエリア外で使う可能性がある人はぜひ同時に申し込むようにしてください。

 

W04とWX03の比較

 

ここからはモバイル用であるW04とWX03について、実際に使った上で比較を書いていきたいと思います。

 

サイズと重さ

サイズと重量については下記に比較表を作ってみました。

機種名 W04 WX03
重量 140g 110g
130mm 99mm
高さ 53mm 62mm
厚み 14.2mm 13.2mm

 

サイズはW04の方が少し大きめで、厚みもあります。重量は、WX03の方が30gほど軽くなっています。サイズが小さいので、当然と言えば、当然ですね。

 

ストラップ穴

 

ちいさなことですが、WX03にはストラップ穴が付属しています。W04には残念ながら、代わりになるようなものがありません。

 

SIMの差し込み位置

SIMの差し込み口は、W04の場合は背面に、WX03は、裏蓋を取り外した中にあります。

 

受信感度の比較

受信感度について、細かくテスト出来ているわけではないのですが(しようと思ったのですが、あまりにバラつく要因が大きくて、細かくテストできない)、感覚的には、W04の方が良いです。

WX03には、クレードルを接続することで、受信感度を上げる機能が付いていますが、クレードルに接続した状態でも、W04の方が良い印象です。

 

起動速度はW04の圧勝

W04は登場時に、5秒で起動し、すぐにWiMAX2+に繋がることをウリとして発売されました。実際に使っていても、W04の起動速度は体感でかなり速く、WX03よりも快適に使うことができます

WX03も決して遅いわけではありません(1分以内には起動しているイメージ)。しかし、こういう機能はできるだけ速い方が快適であり、少しの差がストレスになる可能性があることは覚えておいた方が良いでしょう。

 

充電コネクタの違い

W04とWX03はそれぞれ、コネクタの形状が異なります。W04はUSB-typeCで接続するのに対して、WX03はmicro-USBになります。

どちらが良い、ということはないのですが、仮にMacBookをはじめとするUSB-typeCで充電するタイプのパソコンを持っている場合は、W04の方が直接有線接続できるため、おすすめです。

一方、WX03は現在持っているスマートフォンがmicro-USBなら、そちらの方が良いでしょう。

 

W04とWX03のキャンペーン比較

W04とWX03は適用されるキャンペーンが異なるケースが多いです。

その理由はシンプルに、W04の方が新しいから。古い方のWX03もメーカーが違うので、現行品として販売していますが、WX03の方がキャンペーンが多く付いているケースが多いです。

例えば、WX03はクレードルが無料で付いてくる、とかですね。

ただ、基本的にWX03だからといって、WiMAX2+のキャッシュバックの金額はほとんど変わりません。

個人的にはどちらも使ってみて、W04の方が性能が良いと感じているので、特典が付いてくる、こないに関わらずW04を選ぶべきと考えています。

 

HOME L01の魅力

 

モバイルすることを前提せず、割り切ったHOME L01も非常に魅力的な機種。噂では、当初想定していたよりもHOME L01は売れていているとか

スタイリッシュな外観になっているので、固定回線の無線LANよりも魅力的なのではないかと思います。

 

子供がいる家庭なら

W04、WX03も魅力的な機種ですが、モバイルすることを前提としているため、基本的に、充電器が手の届く範囲にあることが必須です。

お子さんがいる家庭では、手の届くところに、電化製品を置くのは考えもの。

そこでHOME L01が役立ちます。私の場合、冷蔵庫のコンセントを利用して、冷蔵庫上においているので、子供は手が届かないし、リビングにも無線LANは見えないしで大満足です。

 

引っ越しする可能性があるならHOME L01も選択肢

人によっては家に固定回線を引きたいけど、引っ越しで違約金が怖いという人もいるでしょう。

そういった人にも、コンセントを繋げば、そこをWiMAX2+の無線のアクセスポイントにできるHOME L01は引っ越し時でも違約金がかからないのでおすすめです。

 

W04ではなくあえてHOME L01を選ぶべき人

ここまで読んでみて、家でもW04でいいんじゃないか?と思われる方はいらっしゃると思います。確かに家にいてもW04で同じことができます。

では、それでもあえてHOME L01を選ぶべき人はどんな人か?それは、家が比較的広い場合です(ワンルームではない場合)。

実際に使ってみてわかったのですが、HOME L01はかなりWiMAX2+の電波が強く(受信も発信も安定)、安定した通信をすることができます(W04、WX03と比べ物にならない)。

そのため、固定回線の代わりで使おうと思っており、家の中に壁があるならHOME L01を使うことをオススメします。

 

WiMAX2+のおすすめ機種は?

モバイルならW04

持ち運びを前提とするならW04がおすすめです。WX03と比べて、電波感度もいいし、いざとなればハイスピードモードが使えるし、言うことなしです。

正直、キャンペーンの特典はWX03の方が多いですが、最新機種のW04を選んでおく方が間違いはないでしょう。

 

固定回線の代わりならHOME L01

固定して一つの場所へおくことを前提としているのであれば、HOME L01を絶対におすすめします。

実際に、固定の回線の置き換えとして1ヶ月経ちましたが、なんの不便もなく使っています。電波がよく、中継機なしで2階まで届いているので、とても助かってますよ。

 

WiMAX 2+のキャンペーンについて

W04、WX03、HOME L01、全ての機種において、キャッシュバックキャンペーンが実施されています。

キャンペーンについては、下記で詳しくまとめているので、ご参考ください。

【関連】【どれがいい?】モバイルルーターを徹底比較!おすすめはコレだ!【WiMAX、ポケットWi-Fi】

ちなみに一番お得なのはGMOとくとくBBで、約3万円を超えるキャッシュバックがありますよ。

↓GMOとくとくBB WiMAX

 

【おまけ】WiMAX2+をMacbookProで使ってみて

実際にノートパソコン(MacBook)と、WiMAX2+を繋いだテスト結果(無線、有線接続)については下記で紹介していますので、よければ参考にどうぞ。

【参考】【めっちゃ簡単】Macbookを使っているなら、WiMAX W04で有線接続がイイですよ!メリット・デメリットまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

WiMAX・ポケットWi-Fiに興味ある人が見た記事

Check!
【どこが安い?】モバイルルーターを徹底比較!おすすめはコレだ!2017!【WiMAX、ポケットWi-Fi】

このサイトで過去、モバイルWi-Fiルーター(WiMAX、ポケットWi-Fi)の ...

続きを見る

【購入レビュー】HOME L01を使って、据え置きWiMAX2+は固定回線の代わりになると思った

WiMAX2+として、W04、WX03を契約、購入して試してきましたが、今回、新 ...

続きを見る

【初心者向け解説】So-net WiMAXのメリット・デメリットまとめ(ソネット ワイマックス)

So-netのWiMAXを契約してもうすぐ1ヶ月。普通に使っても速いし、有線で繋 ...

続きを見る

どっちがお得?固定回線とWiMAXのスマートバリュー(mine)適用範囲の違い

auのスマートフォンを使っているのであれば、スマートフォンの値段を安くする一つの ...

続きを見る

私がSo-net WiMAX(ソネット ワイマックス)のキャンペーンを選んだ理由

WiMAXって、プロバイダ(サービスの提供会社)によって、キャンペーンたくさんあ ...

続きを見る

【実機レビュー】YmobileポケットWi-Fi「603HW」のレビューとオンラインストアの申し込み方法

Ymobile(ワイモバイル)から新しく発売されたポケットWi-Fi「603HW ...

続きを見る

-Wimax・ポケットWi-Fi
-,

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.