Wimax・ポケットWi-Fi

WiMAXとスマホ(iPhone、android)をかんたんに接続する方法(NEXT W04を例にして)

更新日:

この記事では、WiMAX(Speed Wi-Fi NEXT W04)を使って、スマートフォンと接続する方法についてまとめていきます。W04を使っていますが、他のWiMAX機種もほぼ同じように接続できるはずです。

「接続の仕方がわからないよー」という人のために、この記事を見ればすべてわかるように、写真をたくさん入れてWiMAXの設定方法を説明していくので、参考になれば嬉しいです。それでは、いってみましょう。

 

スポンサーリンク

iPhoneとandroidでおすすめの接続方法が違います

今あなたが使っているスマートフォンは「iPhone」でしょうか?それとも「android(アンドロイド)」でしょうか?どちらを使っているかによって、WiMAXとの接続方法が違うので、まずは自分の機種がどちらかを確認してください。

iPhoneを使っている人はそのまますぐ下の項目から、androidを使っている人はiPhoneの項目を飛ばしてから、次に進んでください

 

iPhoneとWiMAXの接続方法

iPhoneの場合は手動による接続のみ対応しています。パスワードの入力が必要になるタイプです。まず設定を行うために、WiMAXを立ち上げて、「かんたん設定」を選択します。

 

かんたん設定の画面に移ったら「次へ」をタップします。さらに「手動設定」をタップすると、SSID(WiMAXのシリアルナンバー)とパスワードが出てきます。

 

次にiPhoneの方を操作していきます。まず、歯車マークの「設定」をタップ、そして、Wi-Fiを選択します。すると、先ほどのSSIDと同じ番号が表示されているものがあるはずなので、こちらをタップします。

 

タップするとパスワードが要求されるので、WiMAXで表示されていたパスワードをiPhoneに入力して、完了ボタンをタップします。

 

ここでパスワードが間違えていなければ、アンテナ部分が「4G」のマークから、無線が飛んでいるマークに切り替わります。これで設定方法は終了です。お疲れさまでした。

 

androidとWiMAXの接続方法

おすすめは「かんたん接続(WPS接続)」

アンドロイドの場合は、WPS接続に対応しているものとしていないものがあるので、それぞれで設定方法が異なります。まずは「かんたん設定(WPS接続)」に対応しているものから説明していきます。もし対応しているなら、こちらの方が簡単です。

まず、スマートフォンが簡単接続に対応しているかどうかを調べるために、設定画面を開きます。そこからWi-Fiを選択します。

 

ここで、かんたん接続に対応しているモデルの場合は、上部に「かんたん接続」と書かれていたり、上下の矢印が一周回っているようなマークがあるはずです。

 

ここでスマートフォンは一度置いておいて、WiMAXを立ち上げます。そして「かんたん設定」から、「ワンタッチ設定(WPS)」を選択します。

 

そして、WPSボタンを押して電波を飛ばします。120秒以内に設定するように促されます。

 

この間にスマートフォンの方で、かんたん設定「WPS方式」を選択します。すると、電波を勝手に照合し、パスワードの登録までを自動でやってくれて、無線に接続できるようになります。

 

この「かんたん接続」の方式はアンドロイドならではのものです(iPhoneにはありません)。対応している場合は、簡単に接続できるので、ぜひ試してみてください。

 

手動接続も可能

アンドロイドの場合、バージョンによっては「かんたん接続」に対応していない場合もあります。その場合は手動で入力が可能です。

まず、WiMAXの方で、「かんたん設定」から手動設定を選択します。すると、SSIDとパスワードが出てきます。

 

次にスマートフォン側で、設定、Wi-Fiを選択し、WiMAXで表示されているパスワードを入力します。

 

これで完了です。文章にすると「かんたん接続(WPS)」と比べて短いですが、実際はパスワードを入力する手間があるため、かんたん接続(WPS)の方が絶対に楽ですね。

 

W04にはNFCも付いているけど・・・

Wi-Fi Speed NEXT W04の機能の1つにNFC機能(近距離無線通信)が搭載されています。これにより自動的に無線接続ができるのかと思っていましたが、違いました。

このNFCを読み込む事で、無線設定用のアプリ「Huaweri Hi-Link」というアプリがインストールされるだけです。

 

こちらからの設定は面倒なので、上で紹介した「手動設定」、もしくは「かんたん設定」で接続することをおすすめします。

※補足:Huawei HiLinkを使うと、データ容量の確認や管理者権限でのログインが可能なため細かい設定を行う事ができます。しかし、W04をはじめ、WiMAXはタッチパネルディスプレイが搭載されたモデルが多いため、必要になる場面はほとんどないと思います(実際に僕自身も全く使いません)。

 

WiMAXとスマホの接続方法まとめ

今回はW04を用いて、スマートフォン(iPhone、android)の設定方法をまとめました。おそらくこれで、接続に困る人はいないはず・・・。

例としてW04を使って説明していますが、「手動設定」に関しては、どのWiMAXのモデルでも同じように接続できるはずなので試してみて下さいね。

公式HPでキャッシュバックキャンペーンを見てみる ⇒【So-net モバイル WiMAX 2+】

 

 

スポンサーリンク

 

WiMAX・ポケットWi-Fiに興味ある人が見た記事

Check!
【どこが安い?】モバイルルーターを徹底比較!おすすめはコレだ!2017!【WiMAX、ポケットWi-Fi】

このサイトで過去、モバイルWi-Fiルーター(WiMAX、ポケットWi-Fi)の ...

続きを見る

【購入レビュー】HOME L01を使って、据え置きWiMAX2+は固定回線の代わりになると思った

WiMAX2+として、W04、WX03を契約、購入して試してきましたが、今回、新 ...

続きを見る

【初心者向け解説】So-net WiMAXのメリット・デメリットまとめ(ソネット ワイマックス)

So-netのWiMAXを契約してもうすぐ1ヶ月。普通に使っても速いし、有線で繋 ...

続きを見る

どっちがお得?固定回線とWiMAXのスマートバリュー(mine)適用範囲の違い

auのスマートフォンを使っているのであれば、スマートフォンの値段を安くする一つの ...

続きを見る

私がSo-net WiMAX(ソネット ワイマックス)のキャンペーンを選んだ理由

WiMAXって、プロバイダ(サービスの提供会社)によって、キャンペーンたくさんあ ...

続きを見る

【実機レビュー】YmobileポケットWi-Fi「603HW」のレビューとオンラインストアの申し込み方法

Ymobile(ワイモバイル)から新しく発売されたポケットWi-Fi「603HW ...

続きを見る

-Wimax・ポケットWi-Fi

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.