Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone8と8Plusを使ってみたレビュー・口コミ・スピードテスト

更新日:

Y!mobile(ワイモバイル)は、iPhone8で使うことができます。今回は、実際にiPhone8をYmobileで使ってみたので、感想・レビューをまとめいきたいと思います。

先に結論だけ言っておくと、YmobileでiPhone8の利用はとても便利で、しかも快適です(ダウンロードスピードもとても速い)。それでは詳しく見ていきましょう。

※iPhone8,8Plusでの結果が知りたい人は、目次から飛んでいただくと良いと思います。

 

 

テストしたiPhone8のスペックとY!mobileのプラン

今回使ってみたiPhoneは8と、8Plusの両方を準備しました。どちらもカラーはゴールドで、HDD容量は64GBのタイプです。

 

iPhone8と、iPhone8Plusは見た目にはカメラしか違いがありませんが、実は中のメモリが異なっていて、iPhone8は2GB、iPhone8Plusは3GBと違いがあります。今回は、この違いが及ぼす速度的な影響についても合わせて検証していきます。

用意したYmobileのプランは、1GBのプランです。

 

YmobileのSIMカードの設定方法

iPhone8とiPhone8PlusでのSIMカードの設定方法は同じなので、まとめて説明します。とにかく簡単で、5分あれば設定が終わります。具体的には、次の手順になります。

  1. YmobileのSIMカードをセットする
  2. 電源を入れて、Wi-Fiに接続する
  3. インターネットで、「Ymobile プロファイル」と検索
  4. ホームページにアクセスしてプロファイルをインストールする

以上の4つの手順になります。Wi-Fiの環境下でないと設定できないので、注意してください。それでは、順番に説明していきます。

 

まず、電源を切っておきます。そして、iPhoneのサイドにある、SIMカードトレイを引き出します。こちらに、YmobileのSIMをセットして、戻し電源を入れます。

 

次に、Wi-Fiが繋がった状態で、インターネットにアクセスし、「Ymobile プロファイル」と検索します。検索後、こちらのYmobileのページをタップします。ページにアクセスすると、いきなり警告のようなものが出てびっくりしますが、そのまま「許可」してから、インストールを行います。

インストールは、iPhoneの設定画面になります。こちらで、パスワードを入力し、設定を終了させれば完成です。

 

 

プロファイルを設定してからすぐは、あまり設定が安定しておらず、繋がりにくくなります。機内モードのON/OFF、電源を改めて入れ直すことで解決することが多いので、試してみて下さい。

 

Y!mobile×iPhone8のスピードテスト、比較

まず、iPhone8でスピードテストを行ってみた結果がこちらです。

 

引き続き、iPhone8Plusで設定を行った結果がこちらです。

 

メモリの多い、iPhone8Plusの方がダウンロード速度、Pingともに遅くなる、という結果になってしまいました(笑)。アップロード速度はほとんど差がありません。ただ、どちらにしても、30Mbpsも出ているのでゲーム、ネットサーフィン共に快適に使えることは間違いありません

スピードテストで分からない実際の使用感として、iPhone8と8Plusのメモリの違いによる差はほとんど感じることはありません。新しく搭載されているA11 BionicというCPU(プロセッサ)がとても優秀な印象です。

iPhone8のメモリは小さいですが、だからと言ってカクツクこともなく、インターネットを楽しむことができました。

 

YmobileでiPhoneを使うポイント(メリット・デメリット)

Ymobileで使う大きなポイントを上げるとすると、以下の表のようになります。

メリット
  • 通信速度が速い
  • Ymobileは10分かけ放題
  • iPhoneは、全ての機種においてテザリング対応
  • ポケットWi-Fiとの複数回線割が可能
  • 口座振替ができる
  • MMSが使える
デメリット
  • 通信料金が高め

 

 

Ymobileのメリットについて

Ymobileは、表で書いた通り、通信速度がかなり速い格安SIMです。Softbankのサブブランドとして力を発揮している印象ですね。また、同じサブブランド系のUQモバイルと比較して、iPhoneが全てのシリーズでテザリングを開放していることも大きなメリットです(UQモバイルはiPhone7シリーズ以降は不可)。

テザリングとはスマートフォンの電波を使って、Wi-FI化し、タブレットやパソコンを使う方法です。

 

また、ポケットWi-Fiとの組み合わせによる複数回線割も可能です(1回線に付き500円/月)。かなり安い設定だと思いますね。

 

さらに、Ymobileは口座振替ができます。他のほとんどの格安SIMが口座振替に対応していないため、大きなアドバンテージがありますね。

 

Ymobileのデメリットは、月額料金

Ymobileの場合、月額料金が他の格安SIMと比べると割高です。たとえば、mineoと比べてみましょう。同じプランがないので比較が難しいですが、マイネオでオプションを付けない状態、オプションを付けた状態、そしてYmobileの1年目の料金、2年目の料金を比較してみました。

データ量 mineo mineo
(10分かけ放題)
Ymobile
(1年目)
Ymobile
(2年目)
500MB 1310円 2160円 - -
1GB 1410円 2260円 - -
2GB - - 1980円 2980円
3GB 1510円 2360円 - -
5GB - - - -
6GB 2190円 3040円 2980円 3980円
10GB 3130円 3980円 - -
14GB - - 4980円 5980円
20GB 4590円 5440円 - -

 

Ymobileは電話かけ放題が入っていることが前提なので、どうしても高くなってしまいます。あと、2年目で値段が変わるので、ちょっと割高感がありますね。

ただ、1点覚えておいてほしいことは、YmobileにはSIM単独の場合、キャッシュバックがあることです。2年目はYmobileの料金が値上がりしてしまいますが、それを取り返せるくらいのキャッシュバックがあることは、きちんと頭に入れておきましょう。

キャッシュバックを含めて計算してみると、2年間月額500円くらいの割引になることを考えると、割と安く感じるのではないでしょうか。

 

どんな人に「Ymobile×iPhone8」がおすすめ?

iPhone8の機能をできるだけ、快適な条件で使いたい人

格安SIMとiPhoneの組み合わせでは、できないことがあります。たとえばサブブランド系ではない格安SIMの場合は、MMS(マルチメッセージサービス)が使えませんし、au系の格安SIMの場合は、テザリングが使えません。

YmobileとiPhone8の組み合わせでできないことはなく、「Facetimeの料金が高くなる」だけなので、Facetimeを使わない人は全く関係ありません。

 

新しく購入する端末だからこそ、どのiPhoneの機能も全て使いたい、という場合は、Ymobileが最良の選択肢です。

 

電話代を落としたいけど、通信速度は落としたくない人

iPhone8は、最新型ということもあって、とてもハイスペックな端末です。そのため、iPhoneのスペックがあるのに通信速度を落として使いたくない、という人は多いのではないでしょうか。

Ymobileはキャリアよりも速度は落ちますが、一般的な格安SIMと比べて断然速いので、ぜひおすすめです。

 

通勤、通学の時間帯に使うことが多い人

格安SIMは、基本的に「その時の回線の込み具合」によって、通信速度に大きな差を受けます。そのため、通勤、通学で使っている時間が長い場合は、より快適に使うために、Ymobileを選ぶことが良いでしょう。

 

さらに、電話かけ放題は10分が良い人

ビジネス利用をする人は、電話を使こと人も多いでしょう。昔は、10分×300回の限定がありましたが、今ではなくなり、無制限になりました。私も、仕事がら電話かけ放題を使うことが多いので、ビジネス用の端末でYmobileが大活躍してくれています。

ちなみに、UQモバイルとYモバイル以外の格安SIMの場合は、かけ放題を使うために、その会社が出している特別なアプリをインストールして使う必要があります。標準の電話アプリのまま使えることは、これまでと電話をかける方法を変えなくても良いので便利ですね。

 

ポケットWi-Fiを使っている人

ビジネスで出張が多い人は、YmobileのポケットWi-Fiを使っている人も多いのではないでしょうか? YmobileのSIMはポケットWi-Fiと複数回線割で組み合わせることができるため、500円の割引を使うことができます

500円割引となれば、プランSで月額2GB、電話かけ放題で1,480円(2年目2,480円)で使えるうえ、キャッシュバックを考えれば、かなり得なんじゃないでしょうか。

 

ワイモバイル×iPhone8のまとめ

「格安SIM」と検索すると、楽天モバイル、マイネオ、と出てきますが、実はYmobileってかなりシェア大きいんですよね(ITmediaの記事ではシェア40%と報告)。実はあんまりこの数字が出てきていない気がします。

Ymobileは2年目から料金が上がってしまいますが、ちゃんと理解しておけば、オプションもややこしくないし、iPhoneの機能をほとんど全て使えるし、と弱点があまりありません。SIMカード申し込み時のキャッシュバックも大きいですし。

新しく、iPhone8を購入するつもりなら、Y!mobileはぜひとも検討の1つに入れるべき格安SIMだと思います。

 

 

Ymobileに興味がある人が見ているおすすめ記事

 

Ymobileに興味がある人が見た記事

【購入して評価】Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneXを使ってみた口コミ・レビュー

2017年11月3日に発売されたiPhoneX(テン)、SIMフリーバージョンを ...

続きを見る

似てるようで違う?Y!mobileと異なるUQmobileの特徴【実際に申し込んで、比較レビューしてみた】

似ているのは名前だけじゃないんです。 iPhoneSEを取り扱っている格安SIM ...

続きを見る

【購入レビュー】Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneSEを使ってみた評価・評判

今回、試しに契約してみましたY!mobile。他の格安SIMと違い自前で回線を持 ...

続きを見る

【2017年11月版】Y!mobile(ワイモバイル)のキャンペーン・キャッシュバックまとめ

ピコ太郎さんのCMのインパクトが強すぎるせいか、CMなどであまり流れていないキャ ...

続きを見る

【ワイモバイルを初心者に解説】Y!mobileを半年以上使って感じるメリット、デメリット、評判まとめ

ワイモバイルとは何か? 他の格安SIMとどんなところが違うのか? 気になっている ...

続きを見る

-Y!mobile(ワイモバイル)
-, ,

Copyright© SIMDIA|シムディア , 2017 All Rights Reserved.