android(アンドロイド)

【2017年11月】ASUS(エイスース)ZenFoneシリーズのラインナップまとめ

更新日:

ZenFone

この記事では、スマートフォンメーカーASUS(エイスース)のZenFone(ゼンフォン)シリーズのラインナップについて、格安SIMから販売されているものをまとめました。

スペック表、おすすめのポイントも合わせて紹介しているので、どのスマホを買うか悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。それでは見ていきましょう。

すまほ君
ZenFoneシリーズは、性能とコストのバランスが良いものが多いのでおススメだよ!!

 

スポンサーリンク

価格と性能のバランスが優れたコスパの良いモデル

オススメ!ZenFone3:価格と性能のバランスが良い

ASUS エイスース ZenFone 3 ブラック ZE520KL 3GB 32GB(SIMフリー ) [並行輸入品]

2017年11月の「普段使いできるスマホ」として一番のおすすめは、ZenFone3です。

ZenFone3にはラインナップが5.5インチと、5.2インチの2種類ありますが、格安SIMで取り扱いがあるモデルは基本的に5.2インチになります(5.5インチは、ASUSショップで取り扱い)。

ZenFone3は、4が出た事で価格が落ちていますが、処理能力が高く十分使いやすいスマートフォン。指紋認証を備え、サクッと使えるうえ、144gの重量は軽くて、モバイル性が良いですね。

ZenFone4との違いは、デュアルカメラかどうか(ポートレートモード:一眼レフのようなボケ味を効かせたモード)なので、カメラにどうしても拘りたい!という人でなければ、価格面で見て、ZenFone3はとても良い選択肢です。

 

機種名ZenFone3
画面サイズ5.2
重さ144g
OS6.0.1
CPUSnapdragon625
RAM3GB
ROM32GB
バッテリー2650mAh
無線LAN(a)
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)
カメラ(アウト)1600万画素
インカメラ800万画素

 

ZenFone4 selfie Pro:インスタ映えカメラ!自撮りをよくする人に!

ASUS ZenFone4 Selfie Pro ZD552KL【日本版】レッド(オクタコアCPU/4GB/64GB/DSDS/SIMフリー)【正規代理店品】ZD552KL-RD64S4/A

ZenFone4 selfie Proは、内側にデュアルカメラを備えたZenFoneの中では一風変わったモデルです。自撮りをすることが多い人、子供と一緒に写真を撮りたい人には、かなりオススメなモデルです。

ポートレートモードを効かせて写真を撮ると、プロが撮ったかのようにできるため、写真の腕が上がったかのような感覚にさせてくれます。ZenFone4 Selfie Proは、それだけでなくプロセッサのバランスもとれていて、向こう2年は使えるスペックになっています。

風景写真を撮る人は、次に紹介するZenFone4の方が良いかもしれませんが、自撮りメインなら、Selfie Pro一択です。

 

機種名Zenfone4 Selfie Pro
画面サイズ5.5
重さ147g
OS7.1.1
CPUSnapdragon625
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー3300mAh
無線LAN(a)記載なし
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)記載なし
カメラ(アウト)1600万画素
インカメラ1200万画素(メイン)500万画素(セカンド)

 

ZenFone4:人物像や風景写真を撮影するならコレ

ASUS ZenFone4 ZE554KL 【日本版】ブラック(Snapdragon 660/6GB/64GB/DSDS/5.5インチ/SIMフリー)【正規代理店品】ZE554KL-BK64S6/A

ZenFone4は、アウトカメラ(背面カメラ)に2つのカメラを備えたモデルです。デュアルカメラは、広角と望遠の2種類から成っていて、ズームに強く、さらに人物像の背景を加工によりボカす、ポートレートモードでの撮影が可能です。

Selfieは自撮り特化モデルですが、こちらは写真を撮る機能を強化しており、写真撮影が好きな人にぜひ選んでほしいカメラですね。

 

機種名Zenfone4
画面サイズ5.5
重さ165g
OS7.1.1
CPUSnapdragon660
RAM6GB
ROM64GB
バッテリー3300mAh
無線LAN(a)
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)
カメラ(アウト)1200万画素(メイン)800万画素(セカンド)
インカメラ800万画素

 

ZenFone ZoomS:ズーム機能が強い1200万画素カメラ

ASUS ZenFone Zoom S SIMフリースマートフォン (シルバー/5.5インチ)【日本正規代理店品】(Snapdragon 625/4GB/64GB/5000mAh) ZE553KL-SL64S4/A

ZenFone4と似ていますが、こちらは名前の通りズーム機能が強化されているモデルです。ZenFone4は、望遠カメラが800万画素ですが、ZenFone ZoomSは1200万画素望遠カメラになっています。

同じデュアルカメラを備えており、処理能力もSnapdragon600番台でほとんど同じ。選ぶポイントは、風景写真などで、ズームをよく使うかどうかになりそうです。

 

 

とにかく安く!初期コストを抑えたモデル

ZenFone live:コスパの良い自撮り強化モデル

ASUS ZenFone Live SIMフリースマートフォン (ゴールド 5インチ)【日本正規代理店品】(クアッドコアCPU/2GB/16GB/5型/2,650mAh) ZB501KL-GD16/A

ZenFone liveは安いだけでなく大きなウリが2つあります。1つは、「美人エフェクトLIVE」。動画配信時に加工を入れることで、綺麗な自分で配信できる、という機能です。

そしてもう一つは、ZenFoneシリーズとしては小さめの5インチモデルであること。片手で収まることをアピールしています。ウリの2つから見ても、女性向けのモデルであることがわかります。

自撮りをするかどうかは別として、値段が安いので、初めてのスマホとして使いやすいスマホです。

 

機種名Zenfone live
画面サイズ5インチ
重さ120g
OS7.0
CPUSnapdragon400
RAM2GB
ROM16GB
バッテリー2650mAh
無線LAN(a)記載なし
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)記載なし
カメラ(アウト)1300万画素
インカメラ500万画素

 

ZenFone3 Lazer:フォーカススピードを向上したカメラ強化モデル

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 3 Laserゴールド ZC551KL-GD32S4

ZenFoneは、スマホメーカーとしてはカメラにとても力を入れている会社。低価格モデルでも、カメラに力を入れているモデルがあり、それがこのZenFone3 Lazorです。

Lazer(レーザー)の名前の通り、レーザーオートフォーカスを使い、被写体との距離を正確に測定しピントを素早く合わせる技術を取り入れています。

 

機種名ZenFone3 Laser
画面サイズ5.5
重さ150g
OS6.0.1
CPUSnapdragon430
RAM4GB
ROM32GB
バッテリー3000mAh
無線LAN(a)記載なし
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)記載なし
カメラ(アウト)1300万画素
インカメラ800万画素

 

ZenFone3 Max:驚異的な電池持ち

ASUS TeK ZC520TL-SL16 ASUS ZenFone 3 Max (大容量バッテリー搭載/5.2インチ) シルバー

ZenFone3 MAXは、ZenFoneのスマートフォンシリーズの中で最大のバッテリー容量を持つモデルです。一般的なスマートフォンは、2500~3000mAhくらいのバッテリー容量に対して、ZenFone3 MAXでは4100mAhと非常に大きな容量となっています。

スマホのスペックとしては高くはありませんが、電池持ちがとにかく良いため、「旅行や出張で充電器を持ち歩きたくない人」におすすめなモデルです。

他にも、リバースチャージという機能を備えており、ZenFone3 MAXを利用して、他の端末を充電することも可能なので、2台目利用も良いかもしれませんね。

 

機種名ZenFone3 Max
画面サイズ5.2
重さ160g
OS6
CPUMediaTek MT6737M
RAM2GB
ROM16GB
バッテリー4100mAh
無線LAN(a)記載なし
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)記載なし
カメラ(アウト)1300万画素
インカメラ500万画素

 

値段にはこだわらない!ハイエンドスマートフォン

ZenFone4 Pro:デュアルカメラ最強モデル

ASUS ZenFone4 Pro SIMフリー スマートフォン (ブラック/5.5インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/6GB/128GB/3600mAh) ZS551KL-BK128S6/A ZS551KL-BK128S6/A

買いやすいモデルとして、ZenFone4がありますが、その上位版のZenFone4 Proは、プロセッサ、メモリ、カメラの全ての性能がアップしています。

まずはカメラで、1200万画素と1600万画素の組み合わせとなっており、下位版から大幅に強化されています。

他にもプロセッサはSnapdragon835という超ハイスペックモデルへ変更、そしてメモリは6GBとなり、日常だけでなく、ハイスペックなゲームをしても使い勝手で困ることのないモデルです。

 

機種名Zenfone4 Pro
画面サイズ5.5
重さ175g
OS7.1.1
CPUSnapdragon835
RAM最大6GB
ROM最大128GB
バッテリー3600mAh
無線LAN(a)
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)
カメラ(アウト)1200万画素(メイン)1600万画素(セカンド)
インカメラ800万画素

 

ZenFoneAR:AR、VR搭載の世界初スマホ

ASUS ZenFone AR SIMフリースマートフォン (ブラック/5.7インチ)【日本正規代理店品】(Snapdragon 821/6GB/64GB/3300mAh) ZS571KL-BK64S6/A

ZenFoneARもスペック的には、最強クラスのモデルです。ZenFone4 Proと比べるとプロセッサは一世代前ですが、800番台を採用しており、高性能。メモリは上位版では8GBという、そこらのパソコンよりも大容量。

このスマートフォンのウリは、ARとVRができること。ZenFoneARは、実際に所有していますがARはゲームだけでなく、メジャー機能を使って空間の距離を測ったりできるので意外と便利です。

ZenFoneARは2モデルありますが、プロセッサとメモリの違いだけでカメラ部分に違いがないため、好きな方を選ぶと良いと思います。

 

機種名ZenFoneARZenFoneAR
画面サイズ5.7インチ5.7インチ
重さ170g170g
OS7.07.0
CPUSnapdragon821+ADRENO530Snapdragon821+ADRENO530
RAM6GB8GB
ROM64GB128GB
バッテリー3300mAh3300mAh
無線LAN(a)
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)
カメラ(アウト)2300万画素+深度カメラ+モーショントラッキングカメラ2300万画素+深度カメラ+モーショントラッキングカメラ
インカメラ800万画素800万画素

 

ZenFone Deluxe(デラックス):ゴールドカラーならコレ

ASUS Zenfone3 Deluxe ZS570KL Gold 5.7インチ 64GB SIMフリー [並行輸入品]

ZenFone4 ProとZenFone ARが発売されたため、影が薄くなっていますが、Deluxeも高性能です。ゴールドカラーを選びたい人はこちらになるでしょう。

 

機種名ZenFone Deluxe(ZS550KL)ZenFone Deluxe(ZS570KL)
画面サイズ5.55.7
重さ160g172g
OS6.0.16.0.1
CPUSnapdragon625Snapdragon821
RAM4GB6GB
ROM64GB256GB
バッテリー3000mAh3000mAh
無線LAN(a)
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)
カメラ(アウト)1600万画素2300万画素
インカメラ800万画素800万画素

 

ファブレット(大きめスマホ)

ZenFone Ultra(ウルトラ):Xperia Z Ultraに取って代わるファブレット

エイスース ZenFone 3 Ultra グレー ZU680KL-GY32S4

スマートフォンよりも、少し大きめのサイズにあたる「ファブレット」に該当するZenFone Ultra。6.8インチという大画面でブラウザ、ゲームを楽しむ事ができます。

画面が大きいこともオススメなポイントですが、一番はSnapdragon652を搭載していること。タブレットやファブレットは何故かスペックが低いものが多い中、この652は、性能が良く使い勝手の良いものです。

スマホとしてよりも、データを見る端末としてメインで使いたいんだよなぁ、という人はこちらのZenFone Ultraを使うと良いでしょう。

 

機種名ZenFone Ultra
画面サイズ6.8
重さ233g
OS6.0.1
CPUSnapdragon652
RAM4GB
ROM32GB
バッテリー4600mAh
無線LAN(a)
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)
カメラ(アウト)2300万画素
インカメラ800万画素

 

2017年11月ZenFoneシリーズのまとめ

今回は、ZenFoneシリーズの中で発売されているモデルについてまとめました。ZenFoneシリーズにはたくさん種類がありますが、それぞれ違ったコンセプトを持っています。

値段帯も重要ですが、自分のライフスタイルに合ったスマホを選ぶことをおすすめします。

それでも迷うなら、「ZenFone3」。今はこれ一択です。私自身も購入して感じますが、コストパフォーマンスも良く性能も良いですよ。よければZenFoneのレビュー記事もご覧ください。

【徹底レビュー】ASUSのZenfone3を使ってみた感想(良い点、悪い点まとめ)

2016年の冬にASUS(エイスース)から販売されたZenfone3(ゼンフォン ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

スマホに興味ある人が見た他の記事

【高級路線】格安をウリにしないSIMフリースマホが魅力的!?オススメ5選

最近、流行りの格安SIM。一緒に格安スマホ(正確には、格安SIMフリースマホ)と ...

続きを見る

【2017年11月】これがオススメ!3万円以下で買える格安スマホランキング【iPhone,android】

最近は電車の中でも、どんどん格安スマホを使っている人を見かけるようになってきまし ...

続きを見る

【2017年10月】5万円以下で買えるおすすめSIMフリー格安スマホランキング【iPhone,android】

この記事は、格安SIMに乗り換えるときにスマートフォンに5万円くらいまでならかけ ...

続きを見る

【徹底レビュー】ASUSのZenfone3を使ってみた感想(良い点、悪い点まとめ)

2016年の冬にASUS(エイスース)から販売されたZenfone3(ゼンフォン ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-android(アンドロイド)
-, , ,

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.