android(アンドロイド)

【触ってきたよZenPad3 8.0】SIMフリーandroidタブレットとしては絶妙な出来だった!

更新日:

格安SIMでも取り扱いが始まった「ZenPad3 8.0」。これ、最高ですね。今回は、このZenPad3 8.0について、家電量販店でいじくってきました。

なぜ、このZenPad3 8.0が絶妙に良いのか? そのポイントについて、触ってきた感想と、過去のモデルとの比較から紹介していきたいと思います。今回は、8.0だけでなく、10インチモデルについても軽く触れていきます。それでは、いってみましょう。

 

スポンサーリンク

 ZenPad3 8.0の魅力的なポイント

はっきり言いましょう、魅力的なポイントは「処理速度」です。実はこれまで販売されてきたタブレットの中で、androidモデルのものは、Huawei、ASUSのどちらのものも性能がイマイチなものが多かったのです。

しかし、ZenPad3 8.0タブレットはこれまでのタブレットと比べて、強力なCPUが搭載されているため、快適な使用感になっています。

このCPUは、大人気のSIMフリースマートフォン「Zenfone3」と同じものを使用しています。価格.comでも評価4.37(記事執筆時)となっており、満足度の高い製品。

私自身もZenfone3は購入しましたが、本当に満足度の高いスマートフォンです。

マニアックなお話

この補足は詳しい人向けなので、あまり興味ない人は飛ばしてください。

ZenPad3 8.0は、本文でも書いたように、Zenfone3と同じように、Snapdragon 650(1.8GHzヘキサコア)を搭載しており、非常に快適なタブレットです。しかも、メモリはZenfone3よりも多い"4GB"なので、安定度も高い製品になっています。

 

 

2K解像度ディスプレイは本当に綺麗

ZenPadの魅力は、快適な速度だけでなく、それを使う、美しいディスプレイも魅力として挙げられ、なんと2K解像度のディスプレイを搭載しています。

ホーム画面では違いがわかりにくいですが、アプリを立ち上げたりするとその差は歴然。とても滑らかな画面になっています。

画面が大型化するとディスプレイが見にくくなることはよくあることですが、このZenPad3 8.0はそういったことはないため、インターネットサーフィン、huluやamazonプライムをはじめとする動画閲覧、そして、kindleなどで漫画を見るのがより楽しみになる端末です。

 

8インチはディスプレイと軽さのバランスが絶妙

このZenPadに限らないのですが、個人的にはタブレットの最適サイズは7〜8インチだと思っています。その理由は、このサイズは片手で持てるギリギリの重さだから。

このZenPad3 8.0は320gとなっており、これくらいの重さが絶妙で、これ以上はおそらく両手で持ちたくなります。

ちなみに、実際に持ってみた実感としては、想像しているよりも軽く感じると思いますよ。

 

背面のレザー調が渋い

小さなことなんですが、ZenPad3 8.0の背面はレザー調になっています。これがかなりカッコイイ。

個人的には、タブレットはできればむき身で使いたい派(カバーが重いので)なんですが、レザー調だと、カバーを付けてなくてもお洒落感が出せますね。

 

価格も4万円台で購入しやすい

ASUSの公式ショップで購入すると、税抜き39,744円(執筆時)となっています。税込にすると4万円を超えてくるので、決して安くはありませんが、性能とのコストバランスはとても良いタブレットだと思います。

 

ライバルはiPad miniだが価格帯で棲み分け

同じサイズのタブレットとしては、iPad miniがあります。ただし、iPadは、SIMフリー端末の価格が非常に高く6万円を超える価格になっています。

もちろん性能面での良し悪しや、iPhoneを使っている場合の連携能力などを考慮するとiPadに軍配が上がる部分もあるのですが、apple製品にこだわらないのであれば、ZenPad3 8.0のコストパフォーマンスの良さがより魅力的になってきます。

 

ZenPad 3S 10 LTEもおすすめなモデル

同じ性能で、画面のサイズアップしているモデルがZenPad3S 10 LTEモデル。こちらも同じように触ってきたのですが、やはりサクサクな使用感で非常に快適なマシンでした。

画面サイズが大きいことで重量が大きくなっていることはデメリットですが、キーボードなどを接続すれば、軽く文章を作ったりするくらいなら軽くこなせます。

ちなみにこのサイズはiPadと同じ。ZenPad3S 10 LTEが48,384円(税抜き)で、iPadのSIMフリーモデルが52,800円なので、こちらは、コストがあまり変わらないため、どちらにするか悩むモデルですね。

 

現時点でのデメリットは画面分割

8インチモデル、10インチモデルのどちらにしても、これだけスペックの良いタブレットなので、できれば2画面で使いたいところ・・・ですが、どちらも現時点ではandoird6.0なので2画面分割では使えません

今後、android7.0になれば、2画面分割でより楽しめるはずなので、アップデートを期待したいところです。

 

ZenPad3 8.0を触ってきたレビューのまとめ

SIMフリーandroidタブレットは性能が微妙なものが多かったので、あまり魅力的に感じていなかったのですが、このZenPad3 8.0は物欲を刺激してくれるタブレットですね。

 

端末を購入するなら

購入するなら、ASUSの公式ショップで購入するのがおすすめです。その理由は、正規品が届くから。

amazonでの取り扱いなどは海外品がくることがあるので要注意です(ASUSは世界各地に輸出しているので)。

公式サイトを見てみる→ ASUS Shop

 

格安SIMと一緒に購入するなら

ZenPad3 8.0はBIGLOBE SIMが取り扱いしています。分割払いでの購入も可能ですし、キャンペーンも実施していますよ。

公式サイトを見てみる→「BIGLOBE SIM」でスマホ通信費を節約!?

 

 

スポンサーリンク

 

スマホに興味ある人が見た他の記事

【高級路線】格安をウリにしないSIMフリースマホが魅力的!?オススメ5選

最近、流行りの格安SIM。一緒に格安スマホ(正確には、格安SIMフリースマホ)と ...

続きを見る

【2017年11月】これがオススメ!3万円以下で買える格安スマホランキング【iPhone,android】

最近は電車の中でも、どんどん格安スマホを使っている人を見かけるようになってきまし ...

続きを見る

【2017年10月】5万円以下で買えるおすすめSIMフリー格安スマホランキング【iPhone,android】

この記事は、格安SIMに乗り換えるときにスマートフォンに5万円くらいまでならかけ ...

続きを見る

【徹底レビュー】ASUSのZenfone3を使ってみた感想(良い点、悪い点まとめ)

2016年の冬にASUS(エイスース)から販売されたZenfone3(ゼンフォン ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-android(アンドロイド)
-,

Copyright© 格安SIMの初心者向け解説ブログ|シムディア , 2017 All Rights Reserved.